【2018年8月】熱田の「賀城園」のランチと三輪神社の8月の御朱印【着物でお出かけ 名古屋】

ウズベキスタン旅行記の途中ですが、こちらから書きます。

名古屋では数日前に40℃越えの最高気温を記録し、この日も39℃を超えるという猛暑の中、呉服屋さんのお出かけイベントに参加しました。
名鉄の神宮前駅にお店の送迎バスが来てくれるので、炎天下を歩く距離は少ないです。

「賀城園」のランチ

全体的に薄味で、上品な味付けでした。天ぷらがさくさくで美味しかったです。
お料理は美味しかったのですが、お品書きがなかったり、お料理の説明がなかったりなど、お値段の割にサービスが少し物足りなかったです。

「賀城園」のランチ

食事の後、お庭を歩くこともできます。(やぶ蚊がいるので要注意です。家に帰ったら、足を5ヶ所も食われてました。)
ロビーに青い胡蝶蘭が飾ってありました。

「賀城園」

三輪神社

せっかく名古屋まで出たので、帰りに三輪神社にお参りに行きました。
大須祭りだから激混みかと思いきや、時間が遅かったからか、猛暑で外出を自粛している人が多いのか、待ち時間は15分程度でした。
駅や街中もいつもより空いているように感じました。

三輪神社

↓左から、8月限定の星野君とひまわりの御朱印、8月限定「ひまわり(通常)」の御朱印、8月限定?「金魚」とスキューバするだいちゃんの御朱印を見開きでいただきました。
三輪神社の御朱印

↓左から、8/4からの限定御朱印「御神体の三輪山(山の日)」、8月限定「風鈴」の見開きの御朱印です。
三輪神社の御朱印

8/4と8/5の大須祭りの日は、「風鈴」の御朱印の赤提灯に「大須」の文字を入れていただけます。

宮司さんに暑さに負けないようにおまじないをかけていただいたので、この先仕事が忙しくなりますが、なんとか頑張れると思います。

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

染大島の夏着物、博多織の名古屋帯、爽竹の長襦袢にビーズの半衿、藍色の帯揚げ、藍色にしぼりの帯締めと琉球ガラスの帯留です。長襦袢の下にはあしべの汗取り襦袢を着ています。帯板、帯枕は夏用です。
足袋はレース足袋ですが、草履は通常のものです。
着物の上には薄手のショールを羽織りました。

この日の着物

↓草履はお店のものです。
この日の着物

家に帰って着替えたら、汗取り襦袢が汗をたっぷり吸いこんでました。
汗取り襦袢と爽竹の長襦袢はその日のうちに手洗いして、干しておきます。
夕方の1時間くらいでほぼ渇きました。

↓以前、着物でお出かけした時の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2018年7月】4日目の続き:ブハラ観光~民族舞踊ショーを見ながら夕食~【ウズベキスタンツアー⑧】

イタリアンレストランで昼食

メニューは、サラダ、パン、フランスパンの上にトマトやチーズをのせたもの、スープ、ラザニア、デザート(2色のアイスクリーム)です。ラザニアが美味しかったです。チョコレートアイスよりもバニラアイスの方が甘かったです。
フルーツアイスティー(アルコールの入っていないサングリアのような味)は15000スムでした。

イタリアンレストランで昼食

本当はピザが出てくるはずでしたが、停電のために窯の火力不足でパスタにメニューを変更してほしいと言われました。
皆さんお腹いっぱいでパスタまで食べられる状態ではなかったので、パスタを断わりました。(1人、すごく食べている男性がいたので、その人は残念かも… と思ったのですが、その人は翌日にお腹を壊してダウンしてました。原因はこの後の夕食だったようです。)
また、デザートはスワンの形をしたシュークリームだったのですが同じ理由からアイスクリームに変更になりました。

この時、他の日本人ツアー客もお店で食事をしていました。
その人たちはウルゲンチ空港から飛行機で移動するはずだったのに、暑さのせいかテクニカルな問題で空港が閉鎖になってしまったのだと、後から聞きました。
1日ずれていたら、私たちのツアーもどこかで立ち往生していたかもしれません…

マゴキ・アッタリ・モスク

土の中に埋もれていたのを、ロシアの考古学者シシュキンが発掘しました。
壁面が三層にわかれていて、彫刻されたレンガの層、アラベスク模様の層、最も新しい層になっています。

マゴキ・アッタリ・モスク

ラビハウズ

「ハウズ」とは池を意味します。
池のほとりでアヒルと鴨が休んでいました。

ラビハウズ

フッジャ・ナスレッディン像

フッジャ・ナスレッディンはユーモアあふれる神学者だそうです。
子供をロバの上に乗せて写真を撮っている家族がちらほらいました。
街で見かける民芸品のおじさんは、この人のお父さん(おじいさんだったかも)らしいです。

フッジャ・ナスレッディン像

↓木陰で猫が昼寝していました。
昼寝する猫

ナディール・ディヴァンベギ・メドレセ

時の大臣ナディール・ディヴァンベギはキャラバンサライにするつもりで建て始めたのに、ハンが「素晴らしいメドレセ」と言ったため、急遽メドレセにしたそうです。
イスラム教では偶像崇拝を禁止していますが、鳳凰のような鳥と太陽神らしき顔が描かれています。

ナディール・ディヴァンベギ・メドレセ

内部はお土産物屋さんになっていて、4~10月は民族舞踊ショーが催されています。
いったんホテルに戻って休憩した後、ここでショーを見ながら夕食です。

休憩時間が3時間近くあったので街歩きをしようと思ったのですが、なぜかメドレセのある場所にはたどり着けず、住宅街をぐるっと回っただけでホテルに戻ってしまいました。(地図に市役所の場所が載っていたら、もっと方向が分かったと思うのですが…)
この時、ホテルのフロントでポストカード(11500スム)と切手(3500スム)を買いました。

 

[スポンサードリンク]

民族舞踊ショーを見ながら夕食

ナディール・ディヴァンベギ・メドレセで、民族舞踊ショーを見ながら夕食です。
音楽に合わせて、綺麗な衣装を着た女性が踊ります。
踊りの合間はファッションショーのようで、スタイルのよい女性たちが歩いてきて、ポーズを取って去っていきます。

民族舞踊ショーを見ながら夕食

メニューは、前菜(サラダ、炒め物)、ナン、ジャガイモ(だったと思います)のパイ包み、つぼ焼きスープ、スイカです。赤ワインは25000スムでした。
スープを完食した人は、翌日お腹の調子を崩したようです。
スープの中にお肉が入っていたのですが、皮?がついているものがありました。(私は食べませんでしたけど。)
そのせいかなぁと思ったのですが、スープ自体が脂っこかったからみたいです。

民族舞踊ショーを見ながら夕食

翌日はシャフリサーブスを通って、サマルカンドに移動です。
ブハラでは子供たちがポストカードなどを売りに来ました。(私は買いませんが…)
それほど数は多くないのですが、観光が盛んになったら増えるかもしれません。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2018年7月】4日目:ブハラ観光~タキ・バザールでお買い物~【ウズベキスタンツアー⑦】

朝食はホテルのバイキングです。
メニューはそれほど変わりませんが、メロンやお菓子があって嬉しかったです。

朝食はホテルのバイキング

世界遺産に登録されているブハラの観光です。

イスマイール・サーマーニ廟

892年~943年にかけて建築された、中央アジア最古のイスラム建築です。ゾロアスター教の影響も受けている珍しい建物です。
土に埋もれていたのをソ連時代に発掘したそうです。

イスマイール・サーマーニ廟

建物の周りを左に3回周ると願いが叶うということで、皆で歩いて回りました。ただし、願いがいつ叶うかは不明だとか。
建物の穴が蜂の巣になっているみたいで、ガイドさん曰はく「その蜂は毒があるから気をつけて」。

↓ウズベキスタンでやたらと見かけた鳥。結構大きな声で鳴きます。
ウズベキスタンでやたらと見かけた鳥

チャシュマ・アイユブ

チャシュマ・アイユブは「(旧約聖書の予言者)ヨブの泉」という意味です。
ヨブが杖でここを叩いたら、泉が湧き出たという伝説があるそうです。
塔の上にはコウノトリのオブジェがあります。

チャシュマ・アイユブ

バラハウズ・モスク

ブハラ・ハン専用のモスクで、ハンはアルク城から赤絨毯の上を歩いてこのモスクに来て礼拝したそうです。
内部は白と青で美しかったです。

バラハウズ・モスク

アルク城

歴代のブハラ・ハンの居城です。

アルク城

チャイハネでティータイム

建物の3階にあるチャイハネでティータイムです。
日本で日程表を見たときに「ティータイムが多いなぁ…」と思いましたが、お手洗い休憩を兼ねていたのかもしれません。

チャイハネでティータイム

チャイハネから、カラーン・モスク、カラーン・ミナレット、ミル・アラブ・メドレセを一望できました。

カラーン・モスク、カラーン・ミナレット、ミル・アラブ・メドレセ

ミル・アラブ・メドレセ

ソ連時代にも開校を認められていた神学校です。

ミル・アラブ・メドレセ

カラーン・モスク、カラーン・ミナレット

シャイバニ朝時代に建てられたモスクです。「カラーン」とは「大きい」という意味です。
隣にはとても大きなミナレットがあります。
このミナレットはチンギス・ハーンにも破壊されなかったので、様々な伝説が残っているのだとか。
かつては死刑が執行された怖ろしい場所でもあります。

カラーン・モスク、カラーン・ミナレット

 

[スポンサードリンク]

タキ・バザールでお買い物

スザニのお店、刃物のお店、紅茶のお店で一通り説明を受けた後、自由時間となりました。
ここでも手描きの木箱が売られていました。値段はヒヴァとそれほど変わりませんでしたが、デザインはヒヴァの方が好みでした。

↓左側の画像が紅茶のお店、右側の画像が刃物のお店です。
タキ・バザール

スザニのお店で出された紅茶が美味しかったので、リーフのスパイスティー(6ドル)を買いました。
刃物屋さんではコウノトリ(オス)の鋏(20ドル←たぶん、ツアーによるボリューム・ディスカウントです)、ブハラ・シルクのスカーフ(1枚10ドルを2枚で18ドルにしてくれました)を買いました。

タキ・バザールでお買い物

ウルグベク・メドレセ

1418年にウルグベクが建てた、中央アジアに現存する最古の神学校です。
自由時間に各自で見に行きました。

ウルグベク・メドレセ

アブドゥールアジス・ハン・メドレセ

ウルグベク・メドレセの200年以上後に建てられた神学校です。
こちらも自由時間に各自で見に行きました。

アブドゥールアジス・ハン・メドレセ

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]