【2012年9月】6日目:フェズ旧市街を歩いて、お店で買い物【モロッコツアー⑫】

朝食はホテルのバイキングです。
美味しいのですが、野菜も食べたい…
朝食はホテルのバイキング

フェズ旧市街観光

この日は観光が盛りだくさんです。
まず、世界遺産に登録されているフェズの旧市街全体を高い場所から眺めます。
フェズ旧市街

↓ここにも猫がいました。人懐っこかったです。
モロッコの猫

フェズの王宮の門

もちろん、中には入れないので、外観のみの観光です。タイルが綺麗でした。
非常に大きいので、全体を写すのには離れないと無理です。
フェズの王宮の門

ブージュルード門

旧市街の入口の一つです。表と裏で色が違います。
門をくぐり、迷路のように複雑なメディナの観光です。
ブージュルード門

この日の主な目的はショッピングです。(たぶん)
まずは、王宮の門にも関わったという銅細工の職人さんのお店へ行きました。

銅細工の職人さんのお店

最初、職人さんは気難しそうに見えましたけど、笑顔で2ショットを取ってくれました。
ラクダの置き物と小さなプレートを買いました。プレートの裏には名前を入れてもらえます。
値札は300DH+250DHでしたが、450DHにディスカウントしてもらえました。(55米ドルで支払いました。)
銅細工の職人さんのお店

サボテンの実

スルーガイドさんが全員に1つずつごちそうしてくれました。(たぶん、1つ1DHではないかと思います。)
初日の観光で見かけて「食べてみたい!」と思っていたのが、叶いました。
甘くて、みずみずしくて、美味しかったです!
種がゴツゴツしているのが気になりましたが、この種がお通じによいのだとか。
サボテンの実

いろんなお店や施設があって、本当に迷路みたいでした。

ラバやロバはせっせと荷物を運び、猫は幸せそうにゴロゴロしてました。
ラバ、ロバ、猫

カラウィン・モスク

異教徒は入場できないので、外から覗くだけです。
カラウィン・モスク

パン屋さんの前を通ると、ちょうどパンを焼いているところでした。
スルーガイドさんがチップを払ったら、写真を撮らせてくれました。
また、学校(といっても、小さな建物に教室が1つだけ)でも、スルーガイドさんが教師(女性)にチップを払ったら、中に入れてくれて、写真を撮らせてくれました。教師は「マダム、この子達にチップを…」みたいなことを言って、ツアー参加者にもチップを要求してきましたが、払う人はいませんでした。(払ったところで、子供のために使うようには思えませんしね。) なんというか、お国柄ですねぇ…

 

[スポンサードリンク]

革製品のお店

革なめし職人の作業場所を見学しました。
臭いがきついので、ミントの葉をもらって、その香りをかぎながら見て回りました。
このお店で出してくれたミントティーが美味しかったです。
革製品のお店

↓ヴィトン風?
革製品のお店

ここで、自分用と母親用にバブーシュ(スリッパ)を購入しました。
350DH+300DHのところ、600DH(72米ドル)にしてくれましたが、最初は1つ210DHって聞いた記憶があるのですが…
バブーシュのキーホルダーをおまけとしてもらいました。

↓猫の親子です。子猫が可愛い。
猫の親子

↓何の建物だったか失念しました。
フェズ旧市街

布のお店

カラフルで綺麗な布がたくさんありました。
帯にしたら面白そうな布もありましたが、疲れていたのとお腹が空いてたのとで、購買意欲がわかなかったです。(ディラハムも残り少なくなっていましたしね。)
布のお店

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA