【2012年9月】2日目:厳しい入国審査を経て、カサブランカ観光【モロッコツアー②】

ドバイで乗り継ぎ

帰りは乗り継ぎ時間がタイトなので、ドバイで欲しい物があったら行きに買うのが確実とのことでしたが、モロッコで何がほしくなるかもわからないので、何も買いませんでした。
アラジンのランプみたいな置き物が気になりましたが、荷物になりそうなので見るだけにしました。化粧品はやはりお買い得感がなかったです。
ドバイの通貨もディラハムですが、モロッコのディラハムとは別物です。ややこしいですね。

↓ラクダの置き物がありました。これも売り物でしょうか?
ラクダの置き物

↓機内食です。
エミレーツ航空の機内食

2回目の機内食のカレーがとても辛くて(私は辛い物が苦手です)、「モロッコでこんな激辛料理ばかり出たらどうしよう…」と思いましたが、モロッコの料理はほぼ薄味でした。

フライト中に、やたらと荷物を出し入れしているアラブ系のおじさんがいました。 着陸前に大きな鞄を自分の手元にもって行こうとして、乗務員さんに叱られていました。何か変なものを運んでるのではないかと思いましたが、周りの人とお土産を見せあってはしゃいでいただけのようです。

カサブランカに到着

モロッコは入国審査が厳しくて、時間が掛かりました。アラブ系の男性が質問攻めにあっていましたが、日本人は比較的簡単に通してもらえます。(問題がなければ、ですが。)
審査官はお喋りしながら、パスポートに印を押してくれました。入国審査後に、再度パスポートの捺印をチェックされます。
ここでいきなりツアー参加者2名が行方不明になって、添乗員さんが探し回っていました。心配しましたが、無事合流できました。
入国カードを書き間違えて質問攻めにあい、時間がかかってしまったそうです。

気温は23℃と涼しかったです。ミネラルウォーターのペットボトルは4DHでした。日本よりも物価は安いです。
バスに乗り込み、市内観光です。

 

[スポンサードリンク]

カサブランカ市内観光

スルーガイドさん(日本語がとても上手。NHKの取材にも同行した名物ガイドさんなのだそう)、ドライバーさん、ドライバーのアシスタントさんの3人が旅の最初から最後まで一緒です。各地の現地ガイドさんが付くこともあります。
海外旅行では「何でこんなにガイドがたくさん…?」と思うこともありますが、今回の旅で、「現地ガイドさんが一緒だと安全なんだろうなぁ」と思いました。

ハッサン二世モスク

モロッコ最大級のモスクだそうです。青いモザイクがとても綺麗でした。
ハッサン二世モスク

大西洋に面しているので、少し歩くと海岸に出ます。
大西洋

ムハンマド5世広場

ここは下車して写真を撮っただけです。
ムハンマド5世広場

バスで赤い街・マラケシュに移動します。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください