【2012年9月】3日目:メナラ庭園とバヒア宮殿【モロッコツアー④】

朝食はホテルのバイキングです。(写真を撮り忘れました。)
夕食は美味しくなかったですが、朝食のパンは美味しかったです。
トマト、キュウリ、オリーブ、チーズ、ハム、ゆで卵、シリアルなどがありました。

↓前日とは別の猫がいました。
モロッコの猫

部屋でテレビをつけたら、仏語のニュースが流れていました。
出発前、フロントの場所がわからず、「食堂どこ?」「エントランスどこ?」と回りのスタッフさんにに聞きながら、何とか集合場所にたどり着きました。

メナラ庭園

オリーブの木がたくさんありました。
現地のカメラマンが勝手にツアーについて回って、写真をバシャバシャ撮ってきます。 別に押し売りされるわけではありません。レストランやホテルに着いたときにカメラマンがやってきて、現像した写真を並べて販売するのです。1枚20DHでした。
私はそういう写真はほとんど買わないので、なるべくカメラを避けるようにして歩きました。もちろん、写真を気に入って買っている人もいましたよ。
メナラ庭園

↓庭園内の貯水池のほとりに猫と犬がいました。
メナラ庭園の犬と猫

カメラを向けたら、猫に吠えられました。
モロッコでは、尻尾までふさふさの猫が多いようです。
時折、池で大きな魚が跳ねて、その音に驚きました。

↓ブーゲンビリアです。
ブーゲンビリア

「恋人よ」というドラマの最終回にこの花が出てきたという記憶があります。
真ん中の白い部分が花だそうです。花の色は全て白で、赤、白、オレンジ、紫…と色鮮やかなのはがくなのだそうです。

↓こうして比べてみると、ラクダって大きいですねぇ。
ラクダ、ロバ、人の比較図

 

[スポンサードリンク]

クトゥビアの塔

12世紀に建てられたムーア様式の建築です。
下車して外観を撮影しただけです。
クトゥビアの塔

↓このオレンジは葉っぱが2つに分かれています。
オレンジの葉っぱ

これは食べられないタイプのオレンジで、マーマレード用なのだそうです。食べられるオレンジは、下のハート型の小さな葉がついていないのだそうです。

スークを歩いて、バヒア宮殿に向かいます。
↓コウノトリがいました。
コウノトリ

バヒア宮殿(バイア宮殿)

摂政の宮殿で、4人の正妻と24人のお妾さんが住んでいたそうです。まるで、モロッコの六条院ですね。
今は少し厳しくなって、新しい正妻を迎える時は、すでにいる正妻全員の許可がいるのだそうです。
スルーガイドさんは、複数の正妻を持つことに対して「一人でも面倒臭いのに…」と言っておりました(笑)。

↓入り口です。
バヒア宮殿 入口

庭にはたくさんの猫がいました。
バヒア宮殿の猫

壁や天井の装飾が素晴らしかったです。
バヒア宮殿

↓右側の写真は、一番お気に入りの正妻(第三夫人)の部屋です。
バヒア宮殿

イスラム教では4人の正妻を持つことができますが、全員平等に扱わないといけないのだそうです。
でも、この宮殿の主はそうはしておらず、この奥さんの部屋が一番綺麗な装飾でした。
主の寝室は春夏用と秋冬用の2箇所ありました。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA