【2012年9月】3日目の更に続き:アイト・ベン・ハッドゥで炙り出しの絵を購入【モロッコツアー⑥】

昼食後、さらにバスで移動し、アイト・ベン・ハッドゥに到着しました。

アイト・ベン・ハッドゥ

要塞化された村(クサル)で世界遺産に登録されています。
映画『ソドムとゴモラ』『アラビアのロレンス』『グラディエーター』のロケ地とのことですが、私はどの作品も見たことがありません。
アイト・ベン・ハッドゥ

ここには5家族くらいが住んでいるそうで、そのハッドゥさんの一族の方が現地ガイドでした。カメラマンをかって出てくれたりして、いい人でしたよ。

↓白猫がロバを見つめていました。
アイト・ベン・ハッドゥ

建物の間を縫って、ずんずん上っていきます。
砂漠の中の緑の木を見ると、「ああ、異国にきたんだなぁ…」と感じます。
今で旅行した国はどこもそれぞれに素敵でしたが、モロッコほど異国情緒を強く感じた国はないです。(もちろん、この先もっと強烈に異国を感じる国を訪れるかもしれませんし、そうであってほしいと思っています。)
アイト・ベン・ハッドゥ

炙り出しの絵を購入

帰り道、絵を売っている男性がいました。
サイズによって値段が違い、50DH、70DH、100DHでした。
「確かに綺麗なんだけど、購入するほどでもないかな」と思ってました。
ところが、男性が白い画用紙を取り出し、バーナーで炙り出したら、みるみる絵が浮かんできて… 炙り出しとわかったら、途端に欲しくなりました。
ツアー参加者と「絵が浮き出るところを写真に撮りたい」と話していたら、ガイドさんが交渉してくれたらしく、写真を撮らせてくれました。
炙り出しの絵

これが決め手になって、ツアー参加者の半数くらいが絵を買ってました。私も70DHの絵を購入。ちゃんとサインも炙り出しで入っています。

↓私が買った絵です。
炙り出しの絵

その後「今日の生活費は稼いだ」とばかりに店じまいしてしまうところが、モロッコ的でした。

↓ロバが近くにきてました。
アイト・ベン・ハッドゥ

白猫は同じ場所でまったりしています。(写真の角度が違いますが、白猫は先ほどと同じ場所にいます。)

帰り際、現地の女の子が「キャンディ!」「キャンディ!」と駆け寄ってきたのですが、あいにく、飴玉の持ち合わせはありませんでした。
同じツアーの参加者が別のところで子供に飴をあげている観光客を目撃したそうですが、どこからともなくたくさんの子供がすごい勢いで集まってきて、その観光客についているガイドが追い払っていたそうです。

 

[スポンサードリンク]

ワルザザートのホテルに到着

ホテルは、ファラ・アル・ジャヌーブです。
↓ホテルのお部屋です。
ワルザザートのホテル

鍵はシリンダー。古いけど、結構洒落たホテルだと思います。
ここでも「シャワーは早めに済ますように」と言われました。
モロッコでは、洗濯物が乾くのが早いので助かります。特に、手ぬぐいは乾くのが早いので、海外旅行向きだと思います。(アイロンがないから皺が取れませんが…)

夕食はホテルのバイキングです。
オレンジジュースは30DHでした。瓜みたいな果物をたくさん取ってます。
夕食はホテルのバイキング

小さなスーパー

近くに小さなスーパーがあったので行ってみましたが、微妙な品揃えだったので、結局何も買いませんでした。
ホテルの売店を覗いてみましたが、値札がついていません。
どうしてもほしいというものもなく、値段交渉する気力はないので、とりあえず、絵葉書(3DH)だけ買いました。一緒に切手も買おうと思ったのですが、エアメイルには切手が2枚必要で、お店には1枚しか残っていないとのこと。「明日入荷する」と言われたので、翌朝顔を出すことにしました。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA