【2012年9月】5日目:大砂丘メルズーガへ~月の砂漠をラクダに揺られて~【モロッコツアー⑨】

いざ、サハラ砂漠へ!

この日のモーニングコールは朝の4:30。砂漠に向けて出発するのが5:00。
「とても30分では準備できない」と思ったので、4:00にモーニングコールをお願いしました。
これが大正解!
今までは時差ボケもあって4:00前には目が覚めていたのに、この日に限ってモーニングコールで飛び起きました。(部屋が広くて電話が遠かったです…) だいぶモロッコに慣れてきたということでしょうか。

出発を待っている間、ホテルマンが、女性陣のスカーフをアラブ風に巻いてくれました。ツアー参加者が「スカーフを巻くところを写真に撮りたい」行ったのですが、ホテルマンの答えは「Non」でした。写真に撮られるのを嫌う人もいるので気をつけないといけませんね。
ランドローバー4台に分かれて乗り込み、いざ、サハラ砂漠へ!

ランドローバーは4台で連なっていくのかと思ったら、だだっぴろいところをバラバラに走っていきます。
夜なので、外がどうなっているのかよくわかりません。
カーナビもついていないし、迷わず目的地にたどり着けるのが不思議でした。
ホテルを出た時は暑かったのに、ラクダが待っている地点に着いたら、肌寒かったです。
ラクダ

見上げると満天の星空で、オリオン座がはっきりと見えました。ネオンがありませんし、空気もきれいなんでしょうね。
高校時代に天文部(1年で辞めましたが)の合宿に参加して、山奥で星を見た時も「すごい!」と思いましたが、その時の比ではなかったです。日本の山奥よりもはるかにたくさんの星が見えました。夜空にはこんなにたくさんの星があるんですね。
流れ星もいくつか見ることができました。

 

[スポンサードリンク]

月の砂漠をラクダに揺られて

ラクダに乗るのはオプションのため、料金がかかります。料金は、40ドルか、300DHか、3千円で支払います。
ラクダは独特の座り方をしていて、立つ時は後足から伸ばします。そのため、乗っている人間は前のめりの体勢になって少し怖いです。
座っている時は気付きませんが、ラクダは立ち上がると相当な大きさです。
でも、おとなしくてすごく可愛いです。(私が乗ったラクダが一番可愛かった!…と、全ての参加者が思ったことでしょう。)
ラクダに揺られて

ラクダの綱を引く男性が「月の砂漠をはるばると♪」と日本語で歌っていました。
まさに月の砂漠の世界で、ラクダに揺られて夜の砂漠を進んでいきます。
↓ラクダの鞍には持ち手がついてます。モロッコのラクダはヒトコブラクダです。
ラクダの鞍

目的地につくまでに、少しずつ辺りが明るくなっていきます。
落ちないように乗っているのが大変で、普段使わない筋肉を使うせいか、筋肉痛になりました。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA