【2013年10月】2日目:テムズ川クルーズとロンドン塔、ウォレス・コレクション【ロンドンフリースティ②】

↓ホテルの朝食はこんな感じです。
ホテルの朝食

「今日から観光♪」と浮足立ってホテルを出たものの、いきなりラッセルスクエア駅までの道に迷いました。
ホテルと駅の間を迷わずに行き来できるようになったのは、結局3日目くらいからでした。我ながら、ひどい方向音痴です。
この日の目的地はロンドン塔です。入場料がどんどん高くなっている(15年前のガイドブックに書かれている入場料の3倍以上になってました)ので、今回こそはロンドン塔に行こうと決めてました。
現地係員さんにもらったテムズ川クルーズのチケットを見ると、ウェストミンスター・ピアからタワー・ピアまでのクルーズでした。都合がよいので、船に乗っていくことにします。

乗船時間まで、乗船場の近くを歩いて写真を撮ったりしてました。
↓ウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)とビッグ・ベンです。
ウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)とビッグ・ベン

ビッグベンは現在改修工事中で、2012年まで鐘が鳴らなくなっています。

↓ウェストミンスター寺院の北側です。
ウェストミンスター寺院の北側

テムズ川クルーズ

↓この船に乗りました。
テムズ川クルーズ

ガイドさんが辺りの風景について説明してくれるのですが、当然英語なので何を言ってるかさっぱりわからず…
周りのご婦人が受けていたので、面白いことを言ってるというのはわかりました。
テムズ川クルーズ

いかにもロンドンっぽい曇り空で、風が少し冷たかったです。
テムズ川クルーズ

ロンドンブリッジ

ロンドン橋落ちた♪で有名なロンドンブリッジです。
そろそろクルーズの終着点です。
ロンドンブリッジ

ロンドン塔

念願のロンドン塔です。世界遺産に登録されています。
要塞として建設され、王宮として使われ、造幣所、天文台、王立動物園でもありました。
後に、監獄として使われるようになり、処刑場としての血なまぐさい歴史もついてまわります。
ロンドン塔

ロンドン塔のカラス

ロンドン塔ではワタリガラスが一定数飼育されています。
チャールズ2世の時代、占い師に「カラスがいなくなるとロンドン塔がなくなり、英国が滅びる」と予言されて以来、飼育されるようになったそうです。
羽を切られているので、塔から逃げることはないみたいです。

↓カラスがじーっとこっちを見てました。あやしいものじゃないよ。
ロンドン塔のカラス

ホワイト・タワー

甲冑などが展示されています。日本の鎧もありました。
ホワイト・タワー

クラウン・ジュエル

世界最大級のカット・ダイヤモンド「カリナン(偉大なるアフリカの星)」が展示されています。
内部は撮影禁止です。
ジュエリー大好きなので、ゆっくりじっくり見たいところですが、ベルトコンベア(動く歩道)に乗せられているので立ち止まることはできません。それほど混んでいなかったので、ベルトコンベアに2回乗りました。
クラウン・ジュエル

お腹が減ったので、ロンドン塔内のカフェでチーズとベーコンのサンドウィッチとフライドポテトを頼みました。
少し休憩していたら、鳩がパンくずを食べに来ました。
チーズとベーコンのサンドウィッチとフライドポテト

↓動物園だったころの名残でしょうか?
ロンドン塔

ロンドン塔の日本語ガイドブック(4.99ポンド)とクラウンジュエルの日本語版ガイドブック(5.99ポンド)を買って、ロンドン塔を後にします。
タワー・ヒル駅から地下鉄に乗って、ボンド・ストリート駅に向かいます。

 

[スポンサードリンク]

ウォレス・コレクション

私の大好きな美術館です。(世界一好きな美術館と言っても過言ではないかもしれません。)
ウォレス・コレクション

貴族の隠れ家のような小さな美術館ですが、絵画、陶器、甲冑、工芸品が展示されており、入場は無料です。
コレクションの持ち出し、貸し出しは禁じられているそうです。
ウォレス・コレクション

マークス&スペンサー

マークス&スペンサーに寄って買い物をしました。
シャブリのミニボトル(4.79ポンド)、シャルドネのミニボトル(2.79ポンド)、キャラメル(4ポンド)、チョコレート(8ポンド)、箱入りビスケット(2.5ポンド、1.49ポンド)です。

夕食は前日の残りです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA