【2013年10月】3日目:ケンジントン宮殿とヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)【ロンドンフリースティ③】

↓ホテルの朝食です。

地下鉄に乗って、ノッティン・ヒル・ゲートに向かいます。

ケンジントン宮殿

かつてのダイアナ妃のお住まいで、現在はウィリアム王子のご家族がお住まいです。
ダイアナ妃の衣装などが展示されていました。
ケンジントン宮殿

ケンジントン・ガーデンズ

お花の季節に訪れたら、もっときれいだっただろうと思います。
ケンジントン・ガーデンズ

公園は緑豊かで、ジョギングしている人やのんびり過ごしている人がいました。
池には白鳥や鳥がたくさんいました。
ケンジントン・ガーデンズ

地下鉄でサウス・ケンジントンに移動します。

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)

ヴィクトリア女王と夫のアルバート公が基礎を築いた国立博物館で、入館は無料です。
世界中のありとあらゆるジャンルの膨大なコレクションが展示されています。
ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)

カフェで昼食

まずは、博物館内のカフェで腹ごしらえです。
↓左側の写真はカフェの内装です。
ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)内のカフェ

料理を指さしてプレートに載せてもらったような記憶があります。11.5ポンドでした。

とにかく広くて見どころいっぱいなので、自分の好きなジャンル、見たいジャンルを決めて、そこを重点的に見て回るのが良いかと思います。
私は展示品を速足で見て歩いて、「いいな」と思ったものの前で立ち止まってゆっくり見るようにしています。
ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)

日本の刀や印籠、根付、浮世絵、着物なども展示されています。
根付をスマホで熱心に写している人もいました。
ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)

 

[スポンサードリンク]

自然史博物館

お隣の自然史博物館にも入場しました。
元々大英博物館の一部門として始まった博物館で、4つのゾーンに分かれています。(レッド・ゾーンは岩石や鉱物、グリーン・ゾーンは鳥のはく製や昆虫、ブルー・ゾーンは恐竜の化石、オレンジ・ゾーンは研究施設や野生生物公園です。)
こちらも入館無料です。

広くてとても全部は回れないので、今回はレッド・ゾーンに行きました。
入口をくぐると、インパクトのあるオブジェとエスカレーターがあります。テーマパークみたいです。
自然史博物館

↓綺麗な石が展示されていました。
自然史博物館

ハロッズ

ハロッズに寄って、紅茶とチョコレート(アーモンド入り)を買いました。英国王室御用達チョコレート専門店 「Charbonnel et Walker」のシャンパントリュフもここで購入しました。(お値段はメモしてないですが、紅茶は日本で買うより安いです。)
ロンドンに来ると、なぜかこういう定番のお土産がほしくなります。(これが王室御用達の威力…?)

夕食

この日の夕食もスーパーで買いました。
カフェにでも行けば、もう少しまともな食事をとれるのでしょうが、博物館を見て回るとかなり歩き疲れるので、ホテルでゆっくりしたいのです。
夕食

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA