【2014年5月】3日目:早朝のガンジス河【インドツアー④】

ガンジス河へ

この日のモーニングコールは朝の4:10。ホテル出発は4:40です。
時差ボケなのか、緊張しているのか、少し早めに目が覚めました。
日の出前にホテルを出て、ガンジス河の沐浴風景を見に行きます。(沐浴風景の撮影は遠慮しておきました。)


↑右側の写真の建物には、「久美子の家」と書かれています。
バックパッカーのインド旅行記などに登場する、有名な「クミコハウス」がここのようです。

この日のボートにはエンジン(手で機械を回してロープを引っ張るエンジン)がついていました。
ガンジス河に出ると、物売りがボートに乗って後ろからついてきます。誰も相手にしなかったら、そのうち離れていきました。仏像などを売ってましたが、さすがにガンジス河の上で仏像は買いません。

ガンジス河の対岸、「不浄の地」
↑右側の写真に見えるのは、ガンジス河の対岸、「不浄の地」と呼ばれる場所です。
あいにくの曇り空で、日の出が見られなくて残念でした。(気がついたら太陽が昇ってました。)

ヴィシュワナート寺院とドゥルガー寺院

ボートを降りてから、パスポートと財布以外をどこかのお店に預けて、ヴィシュワナート寺院(黄金の塔)に向かいます。隣にイスラム教のモスクがあるそうで、ここは本当に警備が厳しかったです。
怖い顔をした女性の兵隊さんに「財布を開けなさい」と言われ、財布の中まで確認されました。最初、何を言われているかわからず戸惑っていたら、明らかに相手がイライラしているのがわかって怖かったです。
当然、カメラは持ち込み禁止で、ボディチェックもされます。
信者以外は寺院に入場することはできず、塀の外から塔の天辺を眺めました。
ドゥルガー寺院(真っ赤なお寺)も外観のみの観光です。今思えば、遠くから外観だけでも写真を撮っておけばよかったです。

 
[スポンサードリンク]


リクシャー

ガイドさんの計らいで、バスまでの距離をリクシャー(自転車タクシー)に乗りました。
自分ひとりでは値段交渉等がわずらわしくて、絶対に乗れないだろうなぁ…
こういう土地を1人で旅行できる人はすごいなぁと思います。
2人で1台のリクシャーに乗り、私はガイドさんと一緒でした。
ツアー参加者も「自分だけじゃ乗れない」と、リクシャー体験を喜んでました。

ホテルに戻って朝食(バイキング)です。
早朝からいろいろと観光したので、流石にお腹が空きました。
朝からカレーです。
朝食はホテルのバイキング

インドでは3食カレーが当たり前なので、カレー好き方にはお勧めです。
インドのカレーは日本のお味噌汁みたいなものなのかもしれませんね。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください