【2015年10月】2日目の続き:サンクトペテルブルク市内観光【ロシアツアー③】

エルミタージュ美術館 別館

別館は近代的な建物で、主に印象派の作品を展示しています。
ホールを抜けてエレベーターで3階に上がり、そこから40分ほどの自由時間がありました。
ルノワール、ピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、マチス、セザンヌ、モネなどなど、それぞれの画家に小さな部屋1~3つくらいが割り当てられていて、スゴイ量です。正直、おなかいっぱい。

エルミタージュ美術館 別館

歩き疲れて、早く座りたくて仕方なかったです。最後の方は速足で歩いて作品の前を通り過ぎるような状態で、勿体なかったなぁ… 印象派が好きな方は体力を温存しておいた方がいいと思います。
当然かもしれませんが、日本のエルミタージュ展で見た絵も飾ってありました。

エルミタージュ美術館はとにかく素晴らしかったです。
3日くらいかけてじっくりと見て回りたいです。

バスに乗って、市内を観光です。

血の上の教会(血の上の救世主教会、スパース・ナ・クラヴィー教会)

物騒な名前の割には、見た目の可愛らしい教会です。
ロシア皇帝アレクサンドル2世の暗殺現場に建てられたそうです。
外見はかわいいですが、内部は荘厳です。
血の上の教会(血の上の救世主教会、スパース・ナ・クラヴィー教会)

↓遠くに見えるのがペトロパブロフスク要塞です。
ペトロパブロフスク要塞

↓ネヴァ川の向こうにエルミタージュ美術館が見えます。
ネヴァ川の向こうにエルミタージュ美術館

イサアク大聖堂

残念ながら、外観のみの観光です。
イサアク大聖堂

夕食

レストランで夕食です。
メニューはサラダ、ビーフストロガノフ、フルーツです。スパークリングワインは250ルーブルでした。
美味しかったです。
ビーフストロガノフ

↓レストランの外観です。
ロシアのレストラン

 
[スポンサードリンク]


スーパーマーケット

ホテルに戻った後、添乗員さん+5人で歩いて15分ほどかかるスーパーへ行きました。
添乗員さんに美味しいチョコレートを教えてもらったので(フィンランドのメーカーですが)、それを家族へのお土産に買いました。
職場へのお土産にするならやっぱりロシアのメーカーがいいと思い、アリョンカの板チョコ(女性には少し大きなサイズ)を買いました。父親のお土産には缶ビール2本(1本50.49ルーブル)、お寿司味?のスナック菓子(職場にに持っていこうと思っていたのに、袋が破れてしまったので旅行中に食べました)、リプトンのティーバッグ、リーフティ、スペイン産のコーヒー豆(これも職場用。安かった)などを購入しました。
金額を細かくメモしてなかったですが、物価はそれほど高く無かったと思います。

エルミタージュで写真を撮りすぎたせいか、カメラの充電の棒が1つ減ってました。
どこの売店でだったか忘れましたが、ポストカードを2枚(各10ルーブル)買いました。1枚を自分宛てに送ります。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください