【2015年10月】3日目:ペテルゴフ宮殿とエカテリーナ宮殿【ロシアツアー④】

3連泊なので、毎朝スーツケースを出さなくていいのが楽です。
朝食はホテルのバイキングです。
いろいろ食べてみたいと思いつつ、前日食べて美味しかったものを取ってきてしまいますね。
朝食はホテルのバイキング

朝食後、ホテルの売店でプーさんマトリョーシカ(850ルーブル)、チェブラーシカマトリョーシカ(900ルーブル)、ポストカード2枚(各20ルーブル)を購入しました。そして、前日に書いておいたポストカードを出してもらうことにしました。
この時はわからなかったのですが、ここのマトリョーシカの値段は後から行ったお店に比べて安かったです。
この日、小さなスーパーでアリョンカの袋入りのチョコレートを買ったはずなのですが、いつスーパーに行ったか記憶にありません。朝食後だったかなぁ…?

ペテルゴフ宮殿(ピョートル大帝の夏の宮殿)

庭には貴族の衣装を着た人がいて、一緒に写真を撮ってくれます。もちろん有料ですが、自分のカメラで撮れば150ルーブルと良心的な値段でした。(自分のカメラを使う場合でも、プロのカメラマンが撮ってくれます。)
噴水の時期は終わっていましたが、紅葉が始まっていていい季節でした。(すぐに寒くなってしまうそうです。)
残念ながら内部は撮影禁止です。
ペテルゴフ宮殿(ピョートル大帝の夏の宮殿)

昼食

レストランで昼食です。
メニューはピロシキ(1人1つ)、ボルシチ(深紅色をした煮込みスープ)、魚料理、バニラアイス、紅茶。スパークリングワインは250ルーブルでした。
ピロシキ、ボルシチ

ピロシキは日本のとは違って、総菜パンみたいでした。
魚料理とそれについてるご飯は微妙でしたが、それ以外は美味しかったです。

↓レストランの外観です。
ロシアのレストラン

 

[スポンサードリンク]

エカテリーナ宮殿

エルミタージュ美術館と並んで、ロシアで最も行ってみたかった場所の一つです。
ピョートル宮殿の観光中に、現地ガイドさんが「エカテリーナ宮殿はもっとすごいです」と言うので、まさかと思いましたが、本当にすごかったです。
ペテルゴフ宮殿、エカテリーナ宮殿とその周辺は世界遺産に登録されています。
エカテリーナ宮殿

とにかく広大かつ豪華絢爛。ツアー参加者から、「ヴェルサイユよりすごい!」と声が上がってました。
ロマノフ王朝、おそろしあ…
エカテリーナ宮殿

琥珀の間

きらびやかでまばゆかったです。この部屋は撮影禁止です。
ガイドさんの説明によると、「ナチス・ドイツのファシストたちが琥珀を略奪していったが、復元した」とのこと。これを復元できるロシアの財力って怖ろしいと思いました。
私はアクセサリーなどの琥珀にはあまり興味がなかったのですが、この部屋に入って初めて「琥珀って美しいなぁ…」と思いました。
トイレ休憩の後に少しだけ自由時間があったので、売店で琥珀の間のガイドブック(200ルーブル)だけ急いで購入しました。
日本語版どころか英語版すら見当たらなかったです。フランス語版があったのでそれを買いました。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA