持株会ってそんなにお得?~メリット・デメリットを考える~【徒然日記】

私の勤めている会社では、親会社の持ち株制度があります。
一定額を積み立てて株を購入し(年利10%)、退職時に換金するというシステムです。
毎年秋になると、新規会員を募集します。
最近入社した男性社員が募集要項を見て、「年利10%なんて銀行じゃありえない。うちの会社が潰れても、親会社の株だから大丈夫だし、得しかないから入会する」と言っていました。

それを聞いて、私の頭の中で???が乱舞を始めます。
「年利10%っていっても、所詮は株。(元本割れのリスクがあることが募集要項にも説明されています。) 得しかないなんてありえなくない?」…と、思ったのですが、私にはわからないメリットがあるのかもしれないし、「この会社に骨を埋めるつもり」とまで言っているので、「盛り上がっている気分に水を差すのも悪いかな」と思って、その場は黙ってました。

しかし、考えれば考えるほど、デメリット(というか、リスク?)ばかりが思い浮かびます。
毎年2万円を積み立てるとして、年利が10%で2万2千円。
1株千円と仮定すると、22株購入できることになります。株価が2千円に上がったら、11株しか購入できなくなりますが、1株千円で購入した22株が4万4千円になるので、それはそれでお得です。

 
[スポンサードリンク]



 

…いや、待てよ。(歌舞伎風)
株価が2千円から千円に下がったら、年利10%なんて吹っ飛ぶんじゃない?(我ながら例えが極端ですが…)
年利は高いに越したことはないですが、利益が出るか出ないかは、退職時の株価次第です。
原則、退職するまで株の売却はできないので、株価が下がってもじりじり焦るだけで何もできないんですよね。(正当な理由があれば退会できるらしいのですが、再入会はできないです。)

安い時に買って高い時に売れないのなら、私は自分で株の売買をした方がいいなぁ。
もっとも、私の場合は利益を出そうと思って買った株は値下がりして塩漬け状態、株主優待目当てで買った株は値上がったけど売る気にならないという、どうしようもない状態になっているので、投資には手を出さない方が無難かもしれません。
以上のようなことを、家に帰ってからずっと考えていたのですが、持株会の話題はそれっきりでした。
結局、その人が持株会に入ったのかどうか、聞きそびれたままです。

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください