【2017年12月】「寄付金受領証明書」とワンストップ特例の手続き【ふるさと納税体験記③】

寄付金受領証明書

11月下旬に、三重県鈴鹿市と秋田県横手市から「寄付金受領証明書」が届きました。ワンストップ特例の申請書も同封されています。
三重県鈴鹿市にはすでに申請済み、秋田県横手市から送られてきた申請書は白紙だったので、さとふるからダウンロードした申請書(住所や名前が記入済)で申し込むことにしました。
私はせっかちな性格で、目の前に仕事があるとささっと片づけたくなる性分です。なので、この時も証明書が届いた翌日には申請書を投函しました。

ワンストップ特例の申請書受理の連絡

11/末に福岡県大刀洗町から、12月上旬には三重県鈴鹿市から、12月中旬には岐阜県八百津町と秋田県横手市から、それぞれワンストップ特例の申請書を受理したとの書面が届きました。
こうして書類で連絡してもらえると、「ちゃんと手続きできてるかしら?」と不安にならずに済みますね。

11/末には「地球屋の伝説のシュトレン」も届きました。(私に取っては、今年度最後のお礼品になります。)

 

[スポンサードリンク]

地球屋の伝説のシュトレン[群馬県榛東村]

クール便で届きました。
↓シンプルなデザインの箱と一緒にチラシが同封されていました。
地球屋の伝説のシュトレン

パン屋さんだとばかり思っていたら、つるし飾りなどいろいろなものを取り扱っているんですねぇ。
今まで知らなかった地方について、いろいろと知ることができるのがいいですね。
着物や雑貨、パワーストーンなどは店舗で実物を見てみたいです。
申請書などは同封されていなかったので、サイトでワンストップ特例の申請方法を調べて、申請書を投函しました。
数日後にハガキで「寄付金受領証明書」が届きました。

↓砂糖たっぷりでカロリー高そう~。でも、これが美味しいんですよね。(私は超!甘党です。)
地球屋の伝説のシュトレン

気分的に、クリスマスが近づいてから食べたいと思い、しばらく寝かせておきました。
薄く切って、少しずついただきました。
ドライフルーツが詰まっていて、しっとりした生地に味が染みていて美味しかったです。
「ちょっと物足りないな。もう少し食べたいな」というところでやめておくのがちょうどいいです。

今年から始めたふるさと納税ですが、思ったほど手続きなどは面倒ではなかったです。
どんどん税金が上がり、それも徴収しやすいサラリーマンを狙い撃ちしてくるので、今後もふるさと納税のようなお得な制度を利用しようと思ってます。
今年は秋に駆け込みでまとめて申請したので、来年は季節に1つずつ、じっくり選んで申請したいなぁと思ってます。

 
[↓さとふるへのリンクです↓]


↓以前のふるさと納税についての記事はこちらです。↓

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください