冬にこたつで本を読む~今さらながらの『銀河英雄伝説』(漫画版)~【読書日記】

学生時代、『銀河英雄伝説』が好きでした。
魅力的な登場人物が多く、ヤン・ウェンリー、ワルター・フォン・シェーンコップ、オスカー・フォン・ロイエンタールが特に好きでした。(我ながら、好みに統一性がないと思います。)
約30年前、OVAシリーズをレンタルショップで借りて見ました。
当然、道原かつみさんが描いた漫画も読みました。(藤崎竜さんの作画で漫画化されているということを最近知りました。)

 

[スポンサードリンク]

 

BOOK OFFであれこれ見ながら歩いていたら、道原さんの『銀英伝』が文庫化されているのを見つけました。(うちに単行本と総集編があります。)
その横に『銀河英雄伝説 英雄たちの肖像』という新しいシリーズの文庫がありました。(文庫になっているということは、そんなに新しくもないのですが…)
3巻で完結しているようだったので、3冊まとめて買って帰りました。
内容は、アンネローゼの山荘護衛~フェザーンに赴任していたユリアンの帰還までです。

[↓Amazonへのリンクです↓]
  

読んでいて、とても懐かしい気分になりました。(最近読んだ本は内容を忘れたりするのですが、若い頃に読んだものはきちんと覚えているものですね。)
ただ、登場人物の名前が書いていないので、メインキャラクターはわかるのですが、サブキャラクターには「これ、誰だっけ?」と名前が思い出せない人がちらほらいました。(ローゼンリッターのメンバーとか、ロイエンタールの副官?とか。)

「腐った民主制と高潔な君主制のどちらがよいか」なんて真面目に考えたなぁ…(我ながら、若かったですねー。)
学生時代に読んだ時は、登場人物がやけに大人に見えましたが、今ではヤン提督の享年を超えてしまいました。

 

[スポンサードリンク]

 

3巻の巻末に載っている「【スペシャル対談】田中芳樹×道原かつみ」で、『タイタニア』が完結したと知って驚きました。いつのまにか『アルスラーン戦記』も完結していたんですねぇ…(アニメにもなっていたんですね。)
この2作と『創竜伝』も好きで読んでいたのですが、あまりにも続きが出ないので、途中で見失ってました。
話はずれますが、昔は『銀英伝』、『創竜伝』で一発変換はできませんでした。(変なところで時の流れを感じました。)
その対談で、道原さんが「もう体力的に限界で、これ以上は続けられないですね」と話していて、寂しい気分になりました。
道原さんの描くキャラクターはイメージにぴったりなので、続きが読めないのは残念です。
ここから先も名場面がたくさんあるのになぁ…

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください