【追記】御朱印をいただく際にしていること【徒然日記】

御朱印受付で並んでいる間、周りの方の御朱印帳をちらちら見てしまうことはないですか?
私はあります。
素敵な御朱印帳をお持ちの方がいると、「どこの御朱印帳ですか?」と聞きたくなるのですが、流石に見知らぬ方に声をかけるのは憚られるので黙っています。
他にも、「皆さん、御朱印をいただく際はどうしているのかな?」と思うことがいくつかありますが、やっぱり聞けません。

今回は、御朱印をいただく際の、私なりのこだわり(と言っても、たいしたことではありませんが…)を書いてみます。

神社とお寺で御朱印帳を別にする

以前、ネットで「御朱印帳を分けていないと、御朱印を断られることがある」と読んでから分けることにしました。
今は、大きなサイズの御朱印帳にお寺の御朱印、小さなサイズの御朱印帳に神社の御朱印をいただいた方がしっくりくると思って分けています。
お寺は御朱印帳に書くことが多く(「奉拝」、札所番号、仏様、お寺、日付など)、神社は割とシンプル(「奉拝」、神社、日付など)だからか、神社の御朱印帳はお寺の御朱印帳より一回り小さいことが多いように思います。(必ずしも神社の御朱印帳が小さいわけではありません。伊勢神宮にも大きなサイズの御朱印帳がありました。)

私は神社やお寺のオリジナルの御朱印帳を購入するようにしていますが、可愛い御朱印帳がネットで買えるのですね。

[↓Amazonへのリンクです↓]
  

御朱印帳の裏側 は使わない(今のところは…) も使う

最初の御朱印帳が裏移りするタイプだったので、表だけを使うようになりました。(墨をたくさん使うためか、お寺の御朱印の方が裏移りすることが多い気がします。)
「裏移りしない紙質の御朱印帳なら、裏にも書いていただこうかなぁ。御朱印帳も増えてきたし…」と思うのですが、御朱印の説明や御由緒書を挟んでくださるところもあるので、裏返して書いていただいたら、それらがひらりと落ちてしまいそうで、迷っています。
そういえば、とある神社で御朱印帳を購入したら、通常の御朱印帳と表裏が逆でした。もともとそういう作りなのか、裏表を間違って書かれたのか、不思議に思っています。

【追記】
先日、表面だけを使用している御朱印帳が14冊終了し、使いかけの御朱印帳が6冊になりました。
さすがに数が多くなってきたので、あまり裏移りをしないタイプの御朱印帳には、裏面にも書いていただくことにしました。
裏面も使っている友達に見せてもらったところ、裏移りはそれほど気にならないようでした。(霊場専用の御朱印帳も見せてもらったら、裏面にも書いていただくのが前提の作りになっています。)
実際に裏面に書いていただきましたが、多少裏移りしていても「こういうものだ」と思うことにしました。

書置きの御朱印は御朱印帳に貼らない

テープや糊が劣化すると嫌なので、書置きの御朱印はB6サイズのクリアファイルに入れています。
最近、B6サイズのクリアファイルを見かけなくなりました。今使っているファイルがいっぱいになったら、2Lサイズのフォトアルバムに入れようかと思っています。
クリアファイル

全種類いただいたり、いただかなかったり…

御朱印の種類が多い場合はいくつかを選んでいただいて、次に訪れたときに別のものをいただくようにしています。(このブログを始めてから、再訪しないまま過ぎていることが多いとわかったので、4種類くらいなら全ていただくようになりました。)
同じ御朱印を何度かいただくこともあります。(熱田さんには参拝するたびに御朱印をいただいています。)

 

[スポンサードリンク]

お賽銭、小銭の準備

銀行で5円玉に両替して、お賽銭用のがま口に入れています。
また、100円玉を普段から貯めておいて、100円玉専用の小銭入れに入れています。
大きな神社仏閣ではお釣りをいただくこともありますが、チャイムを押して対応していただくようなところではお釣りがいらないようにします。

まず、お参りが先!

当たり前ですが、御朱印をいただく前にお参りをします。
入口で御朱印帳を預けて帰りに受け取るようになっているところでは、その作法に従います。

ご縁がなければ日を改める

参拝したけど誰もいなかったり、御朱印受付が閉まっていたり…ということは割とよくあります。
思い切ってチャイムを押してみることもあれば、そのまま帰ることもあります。(その場の空気次第です。)
こればっかりはご縁ですから、日を改めるようにしています。

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください