セルジュ・ゲンスブールを聴きながら【徒然日記】

私は一時期思い付きでフランス語を習っていたことがあり、今でも出社前にNHKのラジオ講座「まいにちフランス語」を聞いています。(余談ですが、ラジオの外国語講座を聞いていると、時計を見なくても番組の内容によって時間がわかるので便利です。)
フランス語の歌を聴くようになり、セルジュ・ゲンスブール(発音する時はゲンズブールの方が近いように思います)にたどり着きました。

セルジュはジェーン・バーキン、ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランス・ギャル、フランソワーズ・アルディ、ヴァネッサ・パラディという錚々たるスターに曲を提供しています。
決して美男子ではありませんし、スキャンダラスな存在ではありますが、なぜか心惹かれます。
「もう少し早く生まれていたら、ゲンスブールの活躍に間に合ったのに…」と残念に思いながら、DVDを見ています。

バーキン&ゲンスブール
1974年5月4日に放送された、ジェーン・バーキンとゲンスブールのバラエティ・ショーです。一歩間違えたら(間違えなくても?)コントになりそうな映像が満載ですが、セルジュにおんぶされるバーキンが幸せそうで、それだけでも見る価値があったかなぁと思います。
途中でパンの入った買い物かごを下げた男性が語り始め、それを聞いている人たちの笑い声が聞こえるのですが、私の仏語力では何を言っているのかさっぱりわかりません。


 

セルジュ・ゲンスブール・ショウ
1978年4月9日に放送された、ゲンスブールのデビュー20周年を記念して行われたショーです。フランスの有名人?が出演して歌っているのですが、バーキン以外はわかりません。
セルジュも何曲か歌っています。
セルジュがチェーン・スモーカーということは有名ですが、トークの間もずっとタバコを吸っていますし、歌っているときもタバコを離しません。
バーキンも番組中にタバコの煙をスパーッと吐いています。(時代を感じますねぇ…)


 

ゲンスブールと女たち
1991年に亡くなって、2010年に伝記映画が作られるあたり、セルジュのカリスマ性ってすごかったんですね。
公開されたときに映画館に見に行きました。
ブリジット・バルドーの登場シーンがかっこよかったですが、そこ以外は記憶の彼方に飛んでます。

 

[スポンサードリンク]

 

ディヴァインB.B.
ブリジット・バルドーのミュージッククリップ、メイキングなどの映像が収録されています。セルジュも出演しています。
セルジュとバルドーの「ボニー&クライド」が素敵です。(セルジュの曲の中で、これが一番好きです。)

 

バルドーは自伝「イニシャルはBB」で言いたい放題なのですが、セルジュのことは悪く言っていないのが印象的でした。

ノーコメントbyゲンスブール
若い頃から晩年まで、セルジュの映像を集めたドキュメンタリー映画です。
公開されたときに映画館に見に行きました。
バルドーやバーキンのような美女の映像を背景に、セルジュが独特の声でぼそぼそと語っています。「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」がバルドーからバーキンに変わるところが上手いなぁと思いました。
「ラ・マルセイエーズ」をアカペラで歌う場面はしびれました。


 

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.