株主優待目当てで株を買いました【投資体験記】

先日、数年ぶりに株を買いました。
私が初めて株を買った頃、日経平均株価は8千円くらいだったと記憶しています。(当時、もっと株を買っていたら、今頃資産が増えていたでしょうねぇ…)
以前勤めていた職場に株に詳しい同僚がいて、彼女からいろいろを話を聞いたのが、株に興味を持ったきっかけです。

証券会社に口座を開設して、練習のつもりで10万円だけ入金して売買をはじめました。
ビギナーズラックだったのか、初めて買った株はその日の午後にストップ高になっていて、すぐに売ってしまいました。
その後、株主優待のお菓子を目当てに某社の株を買って、残りの金額で売買をしました。
1日の安値と高値の幅が大きい株を選んで、安く買って高く売って…というようなことをしていました。
最初はこまめに売買して利益が出るのが面白く、業務中に携帯でこっそりと株価をチェックすることもありました。

しかし、400円で買った株がドンと値下がりして半額になった時に考えを改めました。(未だにその株を損切できていません…)
入金額を増やして、多少高くても安定している株の中から、株主優待が気に入ったものを選んで長期保有するようになりました。
面白いことに、利益を出そうと思って買った株の値は下がり、株主優待目当てで買った株の値は数倍に上がっています。(売る気がないので、利益は出ませんが…)

 

[スポンサードリンク]

 

ここ数年はめっきり株を買わなくなりましたが、先日ふと思い立って、株主優待のお菓子を目当てに株を買いました。(前述の会社とは別の会社です。)
すぐに売るつもりはなくても、買ってからしばらくは値動きが気になってしまいますね。
「何年か後に株価が上がるといいな」というのんびりした気持ちでいようと思います。

私が株を選ぶ時の基準は以下の通りです。(あくまでも私の基準なので、吉と出るか凶と出るかはわかりません。)
・配当があること
・株主優待がほしいものであること(できれば自社製品を優待にしている企業がよいです。)
・値動きが少ないこと(ドカンと上がらない代わりにドカンと下がることもない?)
・出来高が少ないこと(一度買った人がなかなか手放さない?)

株は原価割れのリスクがありますが、銀行に預けたときの利子よりも配当の方が多いので、今後も少しずつ株を増やしていきたいなぁと思っています。(もちろん、資産が株に偏らないようにしないといけませんが。)

ちなみに、私が利用している証券会社は岩井コスモ証券です。
アクティブコースの手数料が安くて、私向きだったというのがここを選んだ理由です。

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください