【2018年5月】時代やで太夫さんの扮装を体験(三輪髷、打掛2種類)【京都 嵐電周辺日帰り旅①】

またも「時代や」さんの扮装体験に行ってきました。
真田幸村の扮装にも興味があったのですが、キャンペーン期間が短くて都合があいませんでした。(もっとも、私の顔と体形では、ちんちくりんな真田幸村になるのがオチでしょうが…)

今回のキャンペーンは太夫さんです。
かつらと衣装のお着替えプランがあったので、打ち掛けのみ着替えるプランにしました。
かつらは「元禄島田」、「三輪髷」、「げんこつ髷」の中から三輪髷を選びました。
事前にメールで、三味線と脇息と藤の花を小道具にお願いしておきました。(どんなポーズで写してもらおうかと、アレコレ考えるのが楽しいんです。)
藤色の中着とピンクの打ち掛けはすぐに決まったのですが、もう一枚の打ち掛けは当日まで迷い、最終的に黒地に紅葉の打ち掛けを選びました。帯は朱色にしました。

お着替えプランで2カットついているので、それぞれの打ち掛けに2カットと中着のみの1カットをオプションで追加しました。どちらの打ち掛けでどのポーズにするか、結構迷いました。データはすべて購入します。
背景は豪華な金色の屏風にしてもらいました。
台湾旅行を予定しているので、お化粧の最中に台湾情報を教えてもらったりしました。

 

[スポンサードリンク]

太夫さんに変身!

まずは中着のみの撮影です。
今回は帯を結ぶのが大変そうでした。(着付けって力仕事ですよね。)
裾の模様が可愛かったので、全身が写るようにして、藤の花と一緒に撮ってもらいました。
それから、ピンクの打ち掛け→黒の打ち掛けの順で撮影です。
太夫さんに変身!

脇息に持たれかかったり、三味線を持ってみたり(帯があるので、弾き真似は難しいのです)、三枚歯の高下駄を履かせてもらったり… たまに苦しいポーズもありますが、今回も楽しかったです。
かつらも衣装も花魁ほど重くはなかったです。(花魁の衣装の方が帯が重いような気がします。)
毎回書いているような気がしますが、できあがった写真を見ると“女優ライト”の威力を実感します。持参したカメラで写してもらった写真で比べてみると、ライトが当たっている時と当たっていない時の差が歴然です。
太夫さんに変身!

↓持参したカメラで写してもらった後ろ姿です。
太夫さんに変身!

今回は首にも白粉を塗っているので、化粧を落とすのに少し時間がかかりました。
その場で写真とデータCDを受け取って、11:30くらいにお店を出ました。
次のキャンペーンも楽しみです。

↓京都島原の「花姿」さんでの嶋原太夫の扮装体験記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください