【2018年6月】2日目:猴硐の猫村とマンゴーかき氷【台湾おんな3人旅④】

6:30過ぎに起床して、7:30から朝食です。

リズホテル(俐仕商旅)の朝食

朝食はホテルのバイキングです。
奥のキッチンで料理した出来立てのおかずが出てきます。
点心、お粥、サラダ、玉子料理、フルーツ、飲み物等があり、宿泊費を考えると大満足の朝食でした。
リズホテル(俐仕商旅)の朝食

これだけ食べているのに、ビーフンをおかわりして、お粥を食べて、食後にコーヒーも飲みました。

台北駅にて

台北駅で1日周遊券(フリー切符)を買おうか、どうやって買えばよいのかと迷っていたら、日本語の堪能な親切な男性に声をかけられました。
周遊券は台北からではなくて平渓線のみにしか使えないこと、平渓線で3駅以上下車するなら周遊券がお得だけど2駅しか下車しないなら「勿体無い(←こんな日本語をよくご存じで…)」こと、どの電車に乗ればよいかなどを教えてもらいました。駅員さんでも観光ガイドさんでもない一般の方だったようです。とても助かりました。感謝です。

台湾鉄道や九份へのバスも悠遊カードで乗ることができます。
帰りの桃園空港までの切符代が足りなくなるので、チャージしようと思ったのですが、近くにチャージ機が見当たりません。
電車の出発まで時間があったので、MRTの改札近くまで行ってチャージしました。
台湾鉄道

台湾鉄道は日本の地方のJRのような雰囲気でした。
9:25発の電車に乗り、まずは猫村で有名な猴硐駅で下車します。

 

[スポンサードリンク]

猴硐猫村

かつては炭鉱の町だったそうで、廃墟のような建物もあります。
猫村の名にふさわしく、たくさんの猫がいました。
足にすり寄ってくる猫や触らせてくれる猫もいます。
近寄って写真を撮っても逃げません。幸せな猫たちだと思います。

↓至る所に猫のオブジェがあります。
猴硐猫村

↓至る所で猫が眠っています。
猴硐猫村

↓ここにもあそこにも猫がいます。
猴硐猫村

↓犬は肩身が狭そうです。
猴硐猫村

猫村の反対側には、かつての石炭の採掘工場もありました。

フレッシュマンゴーかき氷

駅前には食堂のようなお店があり、フレッシュマンゴーかき氷(150元)があったので、3人で分けて食べました。
前回訪れたときは冬だったので、マンゴーかき氷を食べられずに残念な思いをしましたが、今回ようやく食べることができました。
日本のかき氷とは違って、スムージーみたいな感じでした。美味しかったです。
フレッシュマンゴーかき氷

瑞芳駅でバスに乗る

台湾鉄道で一駅戻って、瑞芳駅で下車します。
バス停は駅から少し離れています。途中、ポストを見つけたので、前日に書いたハガキを投函しました。(約1週間で日本に我が家に届きました。)

少し回り道をしましたが、無事バス停に到着。
バスに乗って九份に向かいます。
乗車時と降車時に悠遊カードをタッチして料金を支払います。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください