【2018年7月】6日目の続き:サマルカンド観光~グル・アミール廟、シャーヒズィンダ廟群~【ウズベキスタンツアー⑫】

ショブ・バザール

ビビハニム・モスクのすぐ近くにあるバザールです。
ドライフルーツや香辛料、お菓子などが売られています。
私は白い干しぶどう(500グラムで25000スム)とドライメロン(1枚5000スム)を買いました。
細かいお札を使っておきたかったので、3700スム(多分)をお店の人に渡して「これだけ分のヌガーがほしい」と言ったら、適当に切って分けてくれました。
お手洗いチップに1000スムかかる場合があるので、1000スム札は数枚とっておきました。

ショブ・バザール

また、洋服を売っているお店で、Tシャツ(5ドル)を買いました。

ショブ・バザール

 

[スポンサードリンク]

レストランで昼食

きれいなレストランでした。
突然暗くなったので、「サマルカンドでも停電っ!?」と思いきや、隣のテーブルでハッピーバースデーのサプライズイベントをしていました。

レストランで昼食

メニューは、サマルカンドナン、炒め物、揚げ物、サラダ、スープ、肉料理、デザート(スイカとメロン)です。白ワインは15000スムでした。
美味しかったです。

レストランで昼食

グル・アミール廟(アミール・ティムール廟)

ティムールと息子、先生のお墓です。
ティムールは「先生の足元で眠りたい」と遺言した通り、先生の足もとの黒い棺で眠っています。
本物のお墓は地下にあるので、私たちが見たのはレプリカです。
後世の人はティムールの祟りを恐れて墓荒らしをしなかったそうです。

グル・アミール廟(アミール・ティムール廟)

 

[スポンサードリンク]

シャーヒ・ズィンダ廟群

アフラシャブの丘にあるサマルカンド有数の聖地で、ティムールの縁の人々の霊廟が並んでいます。
「天国への階段」と呼ばれている階段があり、上る時と降りる時に階段の数を数えて、同じ数なら天国へ行けるそうです。
もし、数が違っていたら地獄行きなので、日頃の行いを反省して謹んで、再度数えてみるのだとか。

シャーヒ・ズィンダ廟群

階段を上がると、そこはまさに「青の都」でした。
ずらりと並ぶ霊廟が壮観です。
恥ずかしながら、実際に訪れるまで、こんな素晴らしい場所があるとは知りませんでした。

シャーヒ・ズィンダ廟群

近くに郵便局があったので、自由時間にポストカード(5000スム)を2枚買いました。
ホテルに戻って、休憩時間の間にポストカードを書いて、ホテルのフロントに渡しました。

レストランで夕食

メニューは、サラダ、サマルカンドナン、揚げ物、炒め物、スープ(クルトンを入れます)、メイン(鶏料理、トマトとカリフラワー、ご飯)、デザート(アップルパイとアイスクリーム)です。
アップルパイが素朴な味で美味しかったです。
スムが少なくなってきたのと、翌朝出発が早いので、お酒は止めておきました。

レストランで夕食

翌朝は4:00起きでタシケントに向かいます。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください