【2018年7月】7日目:高速鉄道でタシケントへ~日本人墓地や歴史博物館を訪れました~【ウズベキスタンツアー⑬】

早朝5:15にホテルを出発して、バスに乗ってサマルカンド駅に向かいます。
ホテルで朝食をとれないので、お弁当が配られました。
お弁当の中身は、スティックパン、チーズとハムが挟まったパン、ゆで卵、バナナ、ヨーグルト、ミネラルウオーターでした。

お弁当

出発まで時間があったので、駅のベンチでお弁当を食べます。
ベンチの下から、子猫がじーっと私を見上げてきました。
パンの欠片を落としてみましたが、匂いを嗅いだだけで見向きもしません。
時折、ベンチに身を乗り出して、私の方に前足を伸ばしてきます。
とても可愛かったのですが、病気を持っている可能性があるので、触れません。
ちなみに、同じツアーの男性がハムをやったら食べたそうです。贅沢な子猫です。

子猫

空には雲が出ていました。ヒヴァやブハラは雲一つない青空だったので、サマルカンドはそれに比べたら空中に水分があるのかもしれません。
駅の両替所では、ドル、ユーロ、円、元と両替ができるみたいでした。
両替しようか迷いましたが、スムを使いきれなくなりそうなのでやめました。

 

[スポンサードリンク]

高速鉄道アフラシャブ号でタシケントへ

6:35発の高速鉄道アフラシャブ号(2等車)でタシケントに移動します。
この列車は人気で、地元の旅行会社ではチケットの争奪戦なのだそうです。
私たちのツアーは2つの車両に別れて乗車しました。
サマルカンドは始発ではないので、3分でスーツケースを積み込んで、乗り込まないといけません。(スーツケースの積み込みはポーターさんがやってくれました。)
私たちが座るはずの席に先客がいたので、「席を間違えてませんか? ここは私たちの席です」と言ったら、そそくさと去っていきました。自由席の人が座っていたのかもしれません。

高速鉄道アフラシャブ号

乗車時間は約2時間です。サービスでデニッシュが配られます。
車内販売でコーヒーを頼めますが、お値段は少し高めです。

デニッシュ

タシケントに到着

スーツケースはツアーの男性陣が協力して、荷台から下してくれました。皆さん、紳士です。

タシケント駅

日本人墓地

ムスリム墓地の一角に、日本人墓地があります。
第二次世界大戦後にソ連に強制連行されて、ウズベキスタンで亡くなった方が眠っています。
政治家で元ウズベキスタン大使の中山恭子さんが贈ったという桜が植えられていました。
添乗員さんがお線香を持ってきていて、参加者で1本ずつお線香を上げました。

日本人墓地

イスラム教は1人ずつ土葬されるそうで、墓石には亡くなった方の顔と月と星が彫られていました。

 

[スポンサードリンク]

タシケントのスーパーマーケットへ

途中、スーパーマーケットに立ち寄りました。
結構大きくて、いろいろな物を売っていました。
私はスムが残り少なかったので、食後にいつも出てくるお茶の葉(3290スム)だけ買いました。
もう10ドル両替しておいてもよかったかなぁ…

タシケントのスーパーマーケット

ウズベキスタン歴史博物館

3階には石器時代からウズベク3ハン国までの展示で、ガイドさんの説明を聞きながら見学しました。
4階は近代の展示で、自由に見て回りました。幅広い時代の展示物があって、興味深かったです。
ここのお手洗いは壁が緑のシースルーで斬新でした。

ウズベキスタン歴史博物館

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください