【2018年8月】新橋演舞場で新作歌舞伎「NARUTO-ナルト-」を着物で観劇【東京日帰り旅】

久しぶりの歌舞伎なので着物を着ていきたくて、5:00に起きて着付けをして家を出ました。
JR有楽町駅から日比谷駅まで歩いて、地下鉄日比谷線に乗ろうと思ったら、日比谷口が閉鎖中…
仕方がないので銀座口から出たら、銀座駅の入り口がありました。
地下街を歩いていると、日比谷線を見つけたので、一駅ですが、地下鉄に乗りました。
東銀座駅で下車して、新橋演舞場まで歩きます。

新作歌舞伎「NARUTO-ナルト-」

ジャンプの漫画の歌舞伎化だけあって、客席には若い人が多かったです。
主人公のうずまきサスケ役は坂東巳之助さん、ライバルのうちはサスケ役は中村隼人さん、ヒロインの春野サクラ役は中村梅丸さんという超花形です。現代風の衣装なのに、梅丸君演じるサクラがちゃんと女の子に見えました。女形恐るべしですね。

原作漫画は読んだことがありませんが、スピーディな展開で、面白かったです。
メインキャラは超花形ですが、市川猿弥さん、市川笑三郎さん、市川笑也さんが「伝説の三忍」で登場するので、安心して見ていられます。

新作歌舞伎「NARUTO-ナルト-」

はたけカカシ役の嘉島典俊さん、うちはイタチ役の市瀬秀和さんなど、歌舞伎役者ではない俳優さんも出演されてます。雰囲気があって素敵な役者さんでした。立ち回りが歌舞伎と違って速くて鋭いです。
ラスボスのうちはマダラは市川猿之助さんと片岡愛之助さんのダブルキャストで、私は愛之助さんが出演する昼の部を観劇しました。さすがの存在感で、倒された後の仏倒れは圧巻でした。

大詰めナルトとサスケの対決では、舞台に滝ができていて、本水がザーザー降ってました。
私は2列目だったので、席にビニールシートが置いてありました。
多少水が飛んできましたが、着物を濡らさずに済みました。

最初は「ジャンプ漫画の歌舞伎化ってどうなのかな?」と思っていましたが、漫画を知らなくてもストーリーがわかるようにできていて、楽しかったです。

サスケ弁当を食べました

劇場についてから、まずお弁当を買いました。
見た目はナルト弁当の方が可愛かったのですが、ヘルシーそうなサスケ弁当にしました。
美味しかったです。

サスケ弁当

帰りも銀座駅にまで地下鉄で出て、JR有楽町駅まで歩き、東京から新幹線に乗って帰りました。
本当は幼馴染とお茶する予定でしたが、土曜出勤でトラブっていたようで、今回は会えませんでした。

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

ブルーグレーと薄い黄色の夏着物、紫地に宝の地図が描かれた名古屋帯、爽竹の長襦袢にビーズの半衿、レモン色の帯揚げ、ミント色の帯締め、ひまわりの帯留です。根付には五枚銀杏の模様が入っています。
長襦袢の下はあしべの汗取り襦袢です。帯板、帯枕は夏用で、足袋はレース足袋です。草履は夏用ではありません。
着物の上に薄手のショールを羽織りました。

この日の着物

いつものごとく、汗取り襦袢と爽竹の長襦袢はその日のうちに手洗いして、室内に干しておきました。
夏物の季節もそろそろ終わりなので、着物と帯はお手入れに出します。

↓以前、着物でお出かけした時の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください