【2018年10月】F1 Honda日本グランプリ観戦(予選日)【三重鈴鹿日帰り旅①】

今年も鈴鹿サーキットへF1 Honda日本グランプリを見に行きました。(今年はホンダの冠付きです。)
土曜日の予選と日曜日の決勝を日帰りで観戦しました。

地元は晴れていたのですが、三重県は雨予報だったので、折りたたみ傘(客席では使いません。移動中に差すためです)とポンチョを持っていきました。
近鉄白子駅から、サーキット直通バスに乗ります。
サーキット到着時には小雨が降っていました。

鈴鹿サーキット

遊園地に入場してすぐ、ハロウィン仕様のチララちゃんがお出迎えしてくれました。可愛い~。
園内にはいたるところにかぼちゃのオブジェが置いてありました。

ハロウィン仕様のチララちゃん

そして、至る所に「SUZUKA 30th Anniversary」を感じさせるパネルや看板があり、とても懐かしい気持ちになりました。
20年前のことはよく覚えているのに、2年前のことは思い出せないのが不思議ですね。(年とともに記憶力もなくなるということでしょうか?)

サーキットゲートをくぐったところに、ボブルヘッドのセバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソがいました。

ボブルヘッドのセバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソ

アロンソはすぐにわかりましたが、ベッテルは「え? これ、誰?」って思いました。
他にも何人かのボブルヘッド・ドライバーがいたようですが、私はこの2人しか見かけませんでした。

ポルシェ公式予選&F1フリー走行

雨が降ったりやんだりするので、チームも大変でしょうが、見てる側もポンチョを着たり、脱いだりとなかなかせわしなかったです。(湿度が高いので、ポンチョを着たままだとサウナスーツ状態で疲れます。)

ミカ・ハッキネン トークショー

登場してから客席にぺこりとお辞儀をしてました。
客席でアピールするファンに向かって頷いたり、サムズアップしたりしてくれました。髪をかき上げる仕草は現役時代のままでした。

↓割とよく撮れていた2枚です。

ミカ・ハッキネン

ミカ・ハッキネン

トークショーを見終わってから、客席に戻ります。
↓謎のライオン(中身は外国人のオジサン)が客席を練り歩いていました。この湿度の中、頑張るなぁ。
謎のライオン

F1公式予選

Q3中に雨脚が強まり、打ち切りのような形になってしまいました。鈴鹿に強いベッテルが9番手に沈み、トロロッソ・ホンダ勢が6番グリッド、7番グリッドと大健闘。ベッテルは悔しそうでしたね。

 

[スポンサードリンク]

Legend F1 SUZUKA 30th Anniversary Lap

毎年楽しみにしているレジェンドF1(特に、今回はドイツから空輸されたマクラーレン MP4/13が走るのです)ですが、なかなか雨がやまず、ヤキモキしながら待ってました。
貴重なマシンなので、ウェットコンディションでは走行中止もやむなしとあきらめかけていましたが、ウェットタイヤが用意できる4台(フェラーリ F10、フェラーリ 248F1、マクラーレン MP4/13、フェラーリ F187)のみ走行すると場内放送が入り、とても嬉しかったです。

↓レジェンドF1のコースイン直前に虹が出ました。
虹

水煙をあげて走るMP4/13を見ることができて感無量でした。(ミカにはウェットコンディションが苦手なイメージあるので、少し心配しましたが…)

デイモン・ヒル、ミカ・ハッキネン トークショー

ダンディで真面目なヒルと冗談を言いたがるミカのほのぼのしたトークショーでした。
仲が良さそうで微笑ましかったです。

デイモン・ヒル、ミカ・ハッキネン トークショー

トークショーの後、お店を見て回りながら、バス乗り場へと向かいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください