【2018年10月】F1 Honda日本グランプリ観戦(決勝日)【三重鈴鹿日帰り旅②】

予選日よりも少し早めに家を出ました。
晴れ予報でしたが、念のためにポンチョは持っていきました。(一度も使いませんでしたが…)

鈴鹿サーキット

この日は快晴で、夏のような暑さでした。
ここ数年、毎年のように観客数が減っていましたが、久しぶりに決勝日に「人が多いなぁ…」と思いました。

↓遊園地はハロウィン仕様でした。
鈴鹿サーキット

↓グラスタ裏の花壇です。
鈴鹿サーキット

Legend F1 SUZUKA 30th Anniversary Lap

1台ずつ走るものだと思っていたら、一度に10台がコースインするという豪華なものでした。
フェリペ・マッサがすっごく飛ばしてました。

ポルシェカレラカップ 決勝

最終ラップまでバトルが続いていて、面白かったです。
観客が多くてドライバーも気合が入るのか、毎年エキサイティングなレース展開になっているように思います。

 

[スポンサードリンク]

ドライバーズパレード

クラシックカーに一人ずつドライバーが乗って、サーキットを回ります。
結構速いスピードで次々来るので、写真を撮るのは難しいです。(流し撮りが必要です。)

決勝

気温は28℃、路面温度は40℃というコンディションでした。
予選のうっ憤を晴らすかのように、セバスチャン・ベッテルがいいスタートを切りました。
鈴鹿に強いベッテルが追い上げるかと思ったら、セーフティ・カーが出てきます。レース再開後、ベッテルはマックス・フェルスタッペンと接触して最後尾へ。ファステスト・ラップもたたき出していたし、この接触がなかったら面白いレース展開になりそうだったのに、残念でした。

レースはルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスが1-2フィニッシュ。
前日のトークショーで、決勝の展開を聞かれたデイモン・ヒルが「過去のデータではフロントローの2台が優勝していると聞いた」と話していた通りになりました。

レース後

お土産を買ってから、バス乗り場へ向かいます。
記念グッズは早々に売り切れていたので、ほしい物があったら、土曜日の朝には買っておかないとだめですね。

↓チョコレートタルトとドーナツサブレを買いました。
チョコレートタルトとドーナツサブレ

↓ホンダブースに展示されていたマシン。
ホンダブース

バス乗り場は長蛇の列でしたが、バスが次々とやってくるので、乗れずに帰れなくなるということはありません。
サーキットへのアクセスは20年前とは比べ物にならないくらい改善されました。

↓今年は30周年なので、紙チケットではなく、プラスチック製の特別チケットでした。
特別チケット

40周年、50周年と続いてほしいです。

↓2017年F1日本グランプリの記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください