【2019年7月】4日目の続き:浴衣を着てコム・オンボ神殿観光【エジプトツアー⑧】

観光に出発するまで、クルーズ船でのんびり過ごします。
「海外で着物を着たい!」という野望(?)を持ちつつ、なかなか果たせなかったのですが、時間に余裕のあるクルーズ船なので、浴衣を持参しました。(流石に、夏着物一式となると荷物になるのでやめました。)
軽くシャワーを浴びて、部屋で気着替えます。

この日の浴衣

祖母が縫ってくれた有松絞の浴衣と子供が締めるようなピンクの帯です。
そのほかは肌襦袢、衿芯、伊達締、腰紐、小さな帯板くらいなので、着物に比べたら軽いです。
帯が短いので、小さな文庫結びにしました。(未だに、半幅帯は文庫しか結べません。)

この日の浴衣

このまま、夜の観光にも出かけました。
なお、足元は靴下にスニーカーです。流石に、エジプトで草履や下駄は履けません。

 

[スポンサードリンク]

ティータイム

この日もデッキでお茶とお菓子をいただきました。
私はコーヒーを頼みましたが、紅茶もあります。

ティータイム

添乗員さん企画の素麺

ラウンジで、添乗員さんが用意してくれた素麺をいただきました。
美味しかったです。

素麺

デッキから日没を眺めます。
夕焼けが綺麗でした。

夕焼け

日も暮れて少し涼しくなったので、虫よけスプレーで蚊対策をして観光です。

コム・オンボ神殿

ホルス神とセベク神(ワニの神様)の二柱の神様にささげられた二重神殿です。
ライトアップされていて、なかなか雰囲気がありました。
ナイル川の水位を測って税金を決めるナイロメーターもありました。

コム・オンボ神殿

コム・オンボ神殿 博物館

ワニのミイラが展示されている博物館で、写真を撮るには、カメラ代が50エジプトポンドかかります。
てっきり、ワニのミイラが1体どーんと置いてあるくらいかと思ったら、レリーフも展示されているし、なかなか見どころのある博物館でした。
カメラ代を払って撮影すればよかったなぁ… 旅先でお金を惜しんではだめですね。

↓博物館の看板の前で。
コム・オンボ神殿 博物館

浴衣の袖が捲れてしまってます。

 

[スポンサードリンク]

船内のレストランで夕食

夕食は船内のレストランでバイキングです。
明日で下船ということもあってか、華やかに飾り付けられていました。ワニのパンが可愛いです。

レストランで夕食

↓夕食です。
レストランで夕食

ピンク色のスイーツは、色は強烈ですが、味はまあまあでしたよ。

この後、ガラベイヤパーティがあったのですが、参加せずに休みました。(日本の民族衣装着てるのに。)
緑の石のブレスレットをなくしてしまったことに気付いて、ちょっとショック。
おもちゃみたいなブレスですが、結構気に入っていたので残念です。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください