【2019年7月】5日目の続き:アスワンハイダム、アブ・シンベル神殿の音と光のショー【エジプトツアー⑩】

アスワンハイダム

ナイル川の氾濫防止と灌漑用水の確保のために作られたダムです。
現代エジプトで最も重要な場所だそうで、戦車が守っています。(もちろん、戦車は撮影禁止です。)

スワンハイダム

↓大きな木がありました。

砂漠の蜃気楼

砂漠道路を3時間ノンストップでバスが走ります。
この区間は警察の許可のもとで移動するので、止まって休憩ができないのです。
道路の入り口辺りでフェネックらしき動物を見たのですが、近くにポリスがいたので、写真を撮れずに残念でした。(目が悪いから、犬を見間違えたかもしれませんが…)

 

[スポンサードリンク]

 

途中、蜃気楼が見えました。
バスの中からでもはっきり見えますし、写真にも写ります。

↓湖のようですが、蜃気楼です。砂漠の神秘ですね。
砂漠の蜃気楼

昔、砂漠をラクダで旅する人は水に焦がれて彷徨ったりしたのでしょうか?

バスで移動中、ガイドさんオススメのばらまき土産の紹介と試食がありました。
40℃でも溶けないピラミッド型チョコレートが12個入り10米ドル、ナッツを挟んだナツメヤシが15個入り8米ドルでした。

ピラミッド型チョコレート

職場などに配るために、いくつか申し込みました。
ボリュームディスカウントありで、小分けの袋もつけてもらえます。

↓後日、届けてもらいました。
ピラミッド型チョコレートとナツメヤシ

ホテルに到着後、まずは昼食です。
この日のホテルは「セティ アブ・シンベル」です。

 

[スポンサードリンク]

ホテルのレストランで昼食

14:00頃の少し遅めの昼食でした。
ハイビスカスのフレッシュジュース(3米ドル)、スープ、タジン料理、フルーツです。
ちょっとスパイシーでしたが、美味しかったです。

レストランで昼食

ホテルのお部屋

私のお部屋は302号室。
コテージになっていて、窓からはナセル湖が見えて素敵でした。
「田舎だから設備がよくない」と聞いていたのですが、冷房も効いていたし、なかなかよかったです。
シャワーはぬるま湯だという話だったのですが、気温によって水温も上昇するのか、全然ぬるくなかったです。
アブ・シンベルはとにかく熱くて、持ってきた冷えピタがぬるピタになってました。(貼ったら冷たくなりましたけど。)

セティ アブ・シンベル

↓窓からの眺めです。
セティ アブ・シンベル

↓プールがあります。
セティ アブ・シンベル

↓湖にはワニがいるらしい…
ナセル湖

ナセル湖クルーズ

船に乗って、ナセル湖からアブ・シンベル神殿を眺めます。
思いっきり逆光でした。
ナセル湖クルーズ

アブ・シンベル神殿「音と光のショー」

少し休憩してから、「音と光のショー」を見に行きます。
早めに行って、一番前の席に座りました。

アブ・シンベル神殿

日が暮れるのを座って待ちます。この日は日本人観光客が多かったのか、ナレーションは日本語でした。

 

[スポンサードリンク]

 

添乗員さんの「昭和クオリティ」の言葉通り、なんというか、懐かしい感じのするショーでした。
ショーよりも、夜空に輝く北斗七星や、寝っ転がる野良犬が気になってしまいました。

アブ・シンベル神殿

ホテルのレストランで夕食

夕食はホテルのレストランでバイキングです。
白ワイン(6米ドル)を頼みました。

↓夕食です。主食はスイーツ。
レストランで夕食

ツアー参加者の中に、旅行中にお誕生日を迎えた方がいたらしく、陽気なホテルマンがケーキを持って出てきました。
私もおこぼれにあずかりました。見た目よりもあっさりした味でしたよ。

ケーキ

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください