【2019年7月】7日目:ピラミッドとスフィンクスとエジプト考古学博物館【エジプトツアー⑫】

年に何度か、もやがかかってピラミッドが全く見えなくなることもあるそうですが、この日は快晴!
ホテルの窓からピラミッドを眺めて、無事見えることを確認してホッとしました。
早朝なのに、中庭をポリスが見回っていました。こうして、観光客の安全が守られているのですね。

ホテルのレストランで朝食

朝食はバイキングです。
日本ではめったに食べられないので、生のデーツ(ナツメヤシ)を食べました。

↓朝食です。欲張りすぎ…
レストランで朝食

クフ王のピラミッドに入場

朝一の空いている時間帯に入場しました。
内部の通路はかがまないと進めず、中腰で坂道を上りました。
あっという間に筋肉痛になり、2日ほど太ももが痛かったです。
ピラミッド入場証明書(アラビア文字で名前も入ってます)をもらえました。

クフ王のピラミッド

ギザの三大ピラミッド

パノラマポイントから、ギザの三大ピラミッドを眺めます。
今回のツアーではラクダには乗りませんでしたが、砂漠にはやはりラクダが似合います。

ギザの三大ピラミッド

スフィンクスの足元エリアに特別入場

ピラミッドとスフィンクスが見える位置で、ツアー参加者全員で記念写真を撮りました。(現地のカメラマンさんが写してくれます。)
観光中、ツーリストポリス(プロレスラーみたいな体格のこわもてのお兄さん)が同行してくれています。40℃を超える暑さなのに、スーツにネクタイです。

 

[スポンサードリンク]

 

記念写真はツーリストポリスも一緒でした。
紙のファイルに挟んでくれて、2Lより一回り大きなサイズで千円です。(ポストカードセットもついてます。)
旅の思い出に購入しました。

スフィンクスとピラミッド

スフィンクスの周りをぐるりと一周しました。

スフィンクスの足元エリア

パピルスのお店へ

パピルスショップにより、店員さんからパピルスの作り方を聞きます。
ここの店員さんも日本語が上手でした。
電気消すと絵が変わる(蛍光色で光る)パピルスが素敵でしたが、流石にお高くて買えませんでした。
正直、手頃なお値段のものはあまり上手ではありませんでした。

パピルスのお店

レストランで昼食

レストランで昼食です。
メニューはシーフードでした。最後の揚げ物はデザートです。
ここでも、マンゴー、グァバ、苺のミックスジュース(3米ドル)を頼みました。

レストラで昼食

エジプト考古学博物館

ツタンカーメン(トゥトアンクアムン)王の黄金のマスク等、王墓から発掘された出土品をはじめ、古代エジプトの至宝が展示されています。
写真を撮りたい場合はカメラ料金が50エジプトポンドかかります。(ただし、ツタンカーメンの部屋とミイラ室は撮影禁止です。)
いくつかの展示物は、来年オープンする大エジプト博物館に移されるようで、梱包された状態でした。(大エジプト博物館には、日本が6割、エジプトが4割の資金を出しているそうです。)

エジプト考古学博物館

有名な展示品をガイドさんと一緒に見て回ります。
ガイドさん曰はく、「古代のことが記録されているパピルスが一番大事」とのことでした。

エジプト考古学博物館

ツタンカーメン王の秘宝を見た後で解散・自由行動です。
自由行動時間に、オプショナルツアーの「ツタンカーメンの黄金のマスクと記念撮影」がありました。

 

[スポンサードリンク]

 

出来上がった写真は、黄金のマスクの写真と一緒に木でできたファイルに挟んでくれます。
後ろに他のお客さんが写り込んでいて、写真のデキは微妙です。
それでも、いい思い出になりました。

エジプト考古学博物館

ミイラ室に入りたい人は、各自で180エジプトポンドを支払って入場します。(同じチケットで2か所に入れます。)
私はせっかくなので入場してきました。

博物館は冷房が効いておらず暑いのですが、ミイラ室は冷房が効いていました。(とはいえ、日本の美術館の寒いくらいの冷房に比べたら、暑く感じます。)
数千年前のファラオのミイラ(すなわち御遺体)が目の前に横たわっているのは、なんとも不思議な感じでした。

エジプト考古学博物館

頑張ってたくさん歩きましたが、じっくり見るには2時間では足りなかったです。
それでも大満足でした。

退館時にも手荷物検査があります。
これは、昔展示物を盗んだ不届き者がいたからだそうです。(空港の手荷物検査で発覚したそうです。)
ミュージアムショップもありますが、あまりほしいものはなかったです。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください