【2019年8月】ミカ・ハッキネン復帰! SUZUKA 10 HOURS決勝日【鈴鹿10時間耐久レース③】

決勝日のゲートオープンは6:45です。
7:15からGPスクエアでミカ・ハッキネントークショーがあるというので、7:00前にホテルをチェックアウトして、荷物を預け、サーキットに向かいます。元チャンピオン、働き者だわ。

↓水着姿のコチラちゃん。
コチラちゃん

そういえば、ハロウィンの時期(=F1)以外のサーキットには、ほとんど来たことがないですね。

 

[スポンサードリンク]

ミカ・ハッキネントークショー

7:15開始にも関わらず、結構な人が集まってました。
ミカは朝から元気で、「賞金をもらったら、皆でご飯に行こう!」なんて言ってました。(そんな冗談が言える順位というのがちょっと残念…)

ミカ・ハッキネントークショー

トークショーの後、パドックに移動します。

ピットウォーク

残り時間わずかでしたが、雰囲気だけでも楽しもうと参加しました。
脇阪寿一選手が最後の最後までサインしてました。ずいぶん大物になってるはずですが、きちんとファンサービスしてくれるのが嬉しいですね。

脇阪寿一選手

↓20年ほど前のF1でのトークショーの写真です。
脇阪兄弟

なぜかハクション大魔王がきてました。隣の子はアクビちゃんの弟のぷぅーたくんだそうです。

ハクション大魔王とぷぅーたくん

暑いからか、ゆるキャラはあまり見かけなかったです。

 

[スポンサードリンク]

スタート前進行

せっかくファンテラス席を買ったのだからと、スタート前進行をテラスで見ました。

スタート前進行

↓テラス席はこんな感じです。
テラス席

オフィシャルカーはパガーニ・ゾンダ。なんと、飯田章さんがドライバーだそうです。
このマシンはエキゾーストノートが素晴らしかったです。レーシングカーたるもの、このくらいの音を出してほしいものです。

パガーニ・ゾンダ

スタート前にV2指定席(ファンテラス席を買うと、V2指定席がついてきます)に移動します。
席の前がちょうどスマカメチームでした。普段から活動しているチームではなく、10Hのために結成されたチームなので、順位はあまり期待できませんが、とにかく最後まで走りきってほしいと思いました。

プラネックス・スマカメ・レーシング

↓謎のネコがいました。
スタート前

ファンテラスチケットでスタート前のコース歩けたようですが、久しぶりの観戦過ぎてそれに気付かず、少し勿体なかったです。

 

[スポンサードリンク]

レーススタート

ルマン式スタートです。
プラネックス・スマカメ・レーシングのスタートドライバーは石浦選手。遅咲きのスーパーフォーミュラチャンピオンです。

プラネックス・スマカメ・レーシング

2番手のミカに交代して、ミカから3番手の久保田選手に交代するところまでグラスタから観戦しました。
ミカは出番が待ちきれないのか、ピット前で準備運動などをしてました。

ミカ・ハッキネン

久しぶりに走っているミカを見ることができて嬉しかったです。
流石のF1チャンピオンもブランクがあって現役ドライバーには敵わないのか、富田竜一郎選手がミカをオーバーテイク。
プログラムで富田選手をチェックしたら… 前日ピット裏でリュックにパンダのマスコットをつけていた方でした。
こっそり「パンダさん」と呼んでいたMさんと私は、「パンダさんや!」「パンダさん、すごいレーサーだったんだ!」と盛り上がりました。(←失礼千万ですね。)

続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください