【2019年11月】西村屋ホテル招月庭と温泉寺(御朱印紹介)~着物でお出かけ 城崎温泉~【兵庫県豊岡市①】

毎年、Iさんと城崎温泉、永楽館歌舞伎に行っています。
今年は電車で行くことになったので、約1カ月前にそれぞれ切符を購入しました。

京都駅のホームでIさんと落ち合って、特急きのさき5号に乗り込みます。連休最終日だからか、指定席は空いてました。
お弁当を食べながら2時間ほど電車に揺られて、城崎温泉に到着です。

城崎温泉

城崎温泉駅の向かいにある旅館案内所に荷物を預けて、旅館まで観光しながら歩きます。荷物は1つ200円で旅館まで運んでもらえます。(組合?に入っている旅館のみです。)

城崎温泉

温泉寺 薬師堂

今年はロープウェイで上には行きませんでしたが、薬師堂にはお参りしました。
風情のあるお寺です。

温泉寺 薬師堂

↓お堂の彫刻が素敵なんですよ。
温泉寺 薬師堂

↓御朱印です。
温泉寺の御朱印

瑠璃殿(薬師堂)の御朱印には、記念印も押していただきました。

 

[スポンサードリンク]

西村屋ホテル招月庭

今年は洋室です。洋室は初めてですが、広くて快適でした。
お部屋でゆっくりしてから浴衣に着替えて夕食です。

西村屋ホテル招月庭

旅館は浴衣で歩けるし、お部屋が広いので着付けもしやすく、着物で旅行するには絶好のコンディションだと思いました。

西村屋ホテル招月庭の夕食

カニの解禁前でしたが、茹で蟹とお刺身が出ました。
和牛のお肉が美味しいです。土瓶蒸しもお出汁がきいてました。
いちいち書いたらきりがないくらい、全部美味しかったです。

西村屋ホテル招月庭の夕食

日本酒飲み比べセットも頼んで、ほろ酔いでいい気分でした。
どれも飲みやすくて、お料理にも合ってました。

↓左奥のお酒が、色も味もウィスキーっぽくて不思議でした。
日本酒飲み比べセット

お部屋で酔いをさましてから、お風呂に入ります。

温泉

露天風呂、ジャグジー、サウナもあります。
ちょうど空いている時間に入れて良かったです。
お風呂上がりのオレンジジュースが美味しいです。(これが楽しみだったりします。)

朝風呂

翌朝は6:00前に起きて、朝風呂に入りました。
いつもより化粧のノリがいいような気がしました。

西村屋ホテル招月庭の朝食

朝食はバイキングです。
食べ過ぎました!

西村屋ホテル招月庭の朝食

チェックアウトして、永楽館に向かいます。

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

花柄の大島紬、白地に蔦と花模様の半幅帯(ポリエステル)、鶯色に千鳥模様の長襦袢に源氏香の柄のついた半衿です。根付はロシアのイースター・エッグです。
中にはあしべの汗取り襦袢を着ており、足元は足袋ックスと裏がゴムの草履です。

この日の着物

11月になりましたが、日中暑いので、長襦袢は爽竹にしようと思って準備していましたが、朝起きたらひんやりしていて、流石に爽竹は季節がら合わないと思って替えました。
着物は母が嫁入り道具として持ってきたものです。

この日の着物

そろそろ羽織の季節ですが、暑くなった時に脱ぎやすいショールにしました。
しかし、やはり歩くと暑いので、ほとんどショールは羽織らず、帯付きのままでした。
なので、チェックアウト時にキャリーケースにショールを入れて宅急便で送ってしまいました。

↓去年の城崎温泉の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【お肌のお手入れ】シートマスクとアロマオイル【使ってみた】

夜のお手入れにはシートマスクを続けています。
今回は、メガドンキで安売りされていた2種類を買ってみました。

シートマスク

ボタニカル(BOTANICAL) オールインワン フェイスマスク 30枚入

パッケージに「HONEY」と書かれているとおり、ほんのりハチミツの香りがします。
目の部分の穴が大きいです。
美容液たっぷりのシートマスクになれているせいか、ちょっと汁気が足りないように思いましたが、液が滴り落ちないのはいいかな。

美粧AKARI ホワイトフェイスマスク 30枚入

てっきり「HADAOMOI」という商品名だと思ったのですが、違ったみたいです。
袋を開けたら、美容液でたぷたぷしてました。少し香りが気になりましたが、実際につけてみるとさほど気になりませんでした。
こちらも目の部分の穴が大きめです。
美容液はさっぱりした感じで、なかなかよかったです。

 

[スポンサードリンク]

「KYPHI PERFUMES」のアロマオイルと香水

使っていた香水がなくなったので、ようやくエジプトで買った香水をつけてみました。
最初、香りが弱いかと思いましたが、しばらくしてから匂いが強くなってきました。体温で変化するのでしょうか。
染みに効くというアロマオイル「ベルガモット」も一緒に買ったので、試してみることにしました。

ネットで調べたら、「ベルガモットの精油を肌につけて紫外線に当たると染みになる」などと書いてあるサイトもありましたが、夜にしかつけないから、まあいいかな。
ふたを開けると、柑橘系の爽やかな香りがしました。
少量を手のひらで伸ばして顔に塗って、その後すぐにシートマスクを貼ってます。
海外で買ったアルガンオイルで肌が赤くなったことがあるので、様子を見て少しずつ使ってみることにします。

↓以前のシートマスクについての記事はこちらです。↓

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2019年10月】歌舞伎座で「芸術祭十月大歌舞伎」を観劇しました【東京で観劇】

神社仏閣にお参りした後、都営地下鉄浅草線で東銀座に向かい、ホテルにチェックインしました。
歩いて歌舞伎座に向かいます。

歌舞伎座 芸術祭十月大歌舞伎 夜の部

いわゆる“とちり席”だったので、舞台全体が良く見えました。
歌舞伎座

通し狂言 三人吉三巴白浪

松緑さんの和尚吉三、愛之助さんのお坊吉三、梅枝さんのお嬢吉三です。お嬢吉三はダブルキャストで、奇数日が梅枝さん、偶数日が松也さんでした。
最初のいかにも歌舞伎座的な義兄弟の契りもいいですが、途中からの退廃的な雰囲気が素敵です。
お坊とお嬢の2人きりの場面はあやしくもあり、空気が濃厚でした。
人間関係が複雑に絡み合っているのですが、物語としては分かりやすく、面白かったです。

二人静

玉三郎さんの静御前の霊、児太郎さんの若菜摘、彦三郎さんの神職です。
お能を元にした舞踊です。綺麗でした。

歌舞伎座

終演後、東京に住んでいる友達と待ち合わせです。
夕食のお店を決めていなかったので、どこでご飯を食べるか話しながら、夜の銀座を少し歩きました。

 

[スポンサードリンク]

マロニエゲートの「ヴェトナムアリス」で夕食

まずはスパークリングワインで乾杯です。
前菜からデザートまで、全部美味しかったです。
2人で「ベトナム旅行にも行きたいね」などと話しましたが、一緒に行けるかどうか…

マロニエゲートの「ヴェトナムアリス」

歌舞伎座 芸術祭十月大歌舞伎 昼の部

ホテルに泊まり、翌日昼の部を観劇しました。

歌舞伎座

廓三番叟

扇雀さんの傾城、梅枝さんの新造、巳之助さんの太鼓持の華やかな舞踊です。
舞台には傾城の豪華な打ち掛けがかけられていました。
しばらく時代扮装してないので、あんな打ち掛けを羽織ってみたいなぁと思って見てました。

御摂勧進帳

松緑さんの武蔵坊弁慶、愛之助さんの富樫左衛門です。
歌舞伎十八番の緊迫感溢れる安宅の関とは違って、おおらかでユーモラスでした。
“芋洗い”の場面は、「エェ~!?」と思いました。

歌舞伎座

蜘蛛絲梓弦

愛之助さんの五役早替わりの舞踊です。
いろいろな役がいろいろなところから登場したり、退場したりします。(座頭の舞台写真だけなかったのは、やっぱり座頭姿じゃ売れないと思ったのかしら?)
薄雲太夫が着ていた蜘蛛の巣と落ち葉の打掛を見て、「こんな柄の着物がほしい」と思いましたが、普段のお出かけで着るにはそぐわないかもしれません。
楽しい一幕でした。

 

[スポンサードリンク]

江戸育お祭佐七

寺嶋眞秀君(しのぶさんの息子さん)と亀三郎君の道行の踊りが可愛かったです。
菊五郎さんの佐七が亀三郎君を見て「よく覚えたなぁ…」と呟いてましたが、結構長い振り付けで、小さいのに立派でした。
恋敵をやっつけて、スカッして終わるお芝居かと思っていたら、最後は悲劇で驚きました。敵役の侍と悪い継母に騙されて、結局殺されてしまうなんて、小糸が可愛そうでした。

雨予報だったので洋服にしましたが、結局降られなかったので、着物で行けばよかったなぁ。

↓前回の歌舞伎観劇の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]