【2018年6月】1日目の続き:龍山寺で御朱印をいただきました【台湾おんな3人旅②】

台北駅に到着

MRT桃園空港線の改札から、淡水線までかなり距離があります。
台北駅

↓駅にたたずむシュールな鳥?
シュールな鳥?

まずはホテルに荷物を置きに行きます。
ホテルの位置が台北駅と中山駅の中間くらいだったので、台北駅から歩きました。
ホテルの隣は、「愛天使 キュービッドクラブ BAR」という看板が出ている少しあやしげなお店でした。(別に、夜に騒がしいということはなかったです。)

リズホテル(俐仕商旅)

内装がピンクで可愛かったです。
「エレベーターが故障して部屋が準備できていない」「通常チェックアウトは12:00だけど、14:00でよい(残念ながら、その時間には飛行機に乗っています)」「荷物をロビーに置いておけば、部屋まで運んでおく」とのことで、荷物を預けて街へ繰り出します。

↓ホテルの外観です。
リズホテル(俐仕商旅)

台北では至るところにコンビニがあります。セブンイレブンやファミリーマートが多かったです。ファミマに入った時の音は日本と同じでした。
ホテルの側のコンビニでお水(20元)を買いました。

ホテルを出て台北駅に戻り、板南線で龍山寺駅で下車します。
以前旅行した時、龍山寺に行く途中に女性が1人で歩くにははばかられるような商店街があったのですが、見当たりませんでした。別の道を通ったのかな。

 

[スポンサードリンク]

龍山寺

1738年に創建された有名なお寺で、御本尊は観世音菩薩です。
神仏混合で、月下老人(縁結びの神様)など多くの神様仏様が祀られています。
多くの参拝者がお線香を掲げて熱心にお参りしていました。
龍山寺

事前に御朱印をいただけるとわかっていたので、御朱印帳を持参しました。通常の御朱印帳は厚くて重いので、雑誌の付録の御朱印帳にしました。
寺務所で御朱印をお願いしたら、セルフで押す形式でした。

↓御朱印です。
龍山寺の御朱印

台湾は湿度が高く、じめっとしていました。
噴水が涼しげでした。
噴水

地下鉄に乗って、忠孝新生駅で中和線に乗り換え、東門駅で下車します。
小籠包で有名な鼎泰豐に行きました。人気店だけあって、お店の前はすごい人混み…
とても混んでいますが、予約表に待ち時間を書いてもらえるので、近くで買い物して時間をつぶすことができます。
ちなみに45分待ちでした。
鼎泰豐

お店の近くの通りをふらふらと見て回ります。
ドラッグストアで「我的美麗日記」シリーズのシートマスクを見つけました。
日本で売っているものは5袋入りですが、こちらは8袋入りでした。
1箱219元、2箱で419元です。私たちが入ったお店では、どこも(空港も)この値段でした。
納豆発酵保湿、南極氷河糖蛋白、皇室珍珠晶亮(ロイヤルパール)、ヒアルロン酸の4種類を買いました。
赤ワインやローズなどもありました。もっと買ってこればよかったかなぁ…

台湾には日本製のものがとても多かったですが、「矢場とん」を見つけたときは驚きました。
矢場とん

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2018年6月】1日目:LCC(格安航空会社)とBooking.comで台湾2泊3日【台湾おんな3人旅①】

出発まで~ホテル予約とLCC航空券と海外旅行保険~

Twitterで「台湾に行きたい!」と盛り上がり、Mさんと一緒に台湾旅行することが決まりました。そこにNさんも加わって、奇しくも15年前に一緒に台湾旅行したメンバーでの旅行となりました。

MさんにBooking.com(ブッキングドットコム)でホテルを予約してもらいました。中山駅近くのリズホテルです。
ツイン+エキストラベッドを入れて、3人で2泊3日で2万円弱とリーズナブル!

フライトはジェットスター航空で、各自でネット予約しました。
荷物預かりのある/なしをどうするか迷ったり、カード決済でエラーが出たりして、四苦八苦しました。
私は中部国際空港の方が近いのですが、同行のお2人が関西在住なのと、スマホを持っておらず現地集合に不安があったため、関西空港から出発することにしました。ネットで検索した感じでは、セントレア発よりも関空発の方が、安い航空券が多い印象を受けました。

旅行の1週間くらい前に、ネットで海外旅行保険に申し込みました。
私はauの携帯電話(ガラケー)を使っているので、au損保の海外旅行保険にしました。
念のため、契約確認書と保険金請求書を印刷して持っていきます。

Nさんがるるぶのガイドブックを買ったので、私はまっぷるにしました。

 

これで事前準備はOKです。
普段、パッケージツアーばかりなので、フライトもホテルも自分たちで手配する個人旅行というのは新鮮でした。

 

[スポンサードリンク]

出発日 名古屋駅から関空まで

名古屋駅のみどりの券売機で、検索機能から切符を購入しました。(これ、便利ですね。)
新幹線で新大阪に向かい、特急はるかに乗り換えて関西空港で下車します。はるかは指定席にしましたが、空いていたので自由席でもよかったかも…

関西空港駅でNさんと落ち合って、10:00過ぎにMさんと合流しました。
まず、ジェットスター航空のカウンターでチェックインをすませます。3人隣に配置してもらえました。手荷物検査と出国審査に向かいます。
出発前に「PRONTO(プロント)」で、モーニングにしました。

↓チーズオムレツのセットです。
チーズオムレツのセット

ジェットスター航空で台湾へ

LCCは初めでしたが、思ったより快適でした。
操縦席が客席に近く、座席は左右3つずつとコンパクトです。椅子は革張りで、座り心地も悪くないです。
テレビ画面がないからか、それほど狭く感じませんでした。

3時間ほどで台湾桃園国際空港に到着しました。
到着便が重なったのか、入国審査では結構並びました。顔写真を撮って、指紋をとられます。
その後、ターンテーブルで荷物を受け取り、台湾元(ニュータイワンドル)に両替します。
2万円だけ両替して、足りなかったらクレジットカードを使うことにしました。レートは1円=0.2639元(1元≒3.789円)です。地下鉄の改札を目指していたはずが、フードコートに迷い込んでしまいました。

交通チケットをフリーパスにするかチャージ式カードにするか迷いましたが、結局チャージ式の悠遊カード(EASYCARD)を利用することにしました。
MRTの乗車料金が2割引きになり、カード自体には有効期限がありませんが、チャージした金額は、最後にチャージしてから2年間が有効期限です。

地下鉄の係員の女性が券売機の横に立っていて、画面にタッチしてくれました。
最初にカード料金100元+400元が必要です。券売機は500元札しか使えないので、両替機で両替しました。(両替時に500元札を混ぜておいてくれたらいいのに…)

MRT桃園空港線に乗って、台北に向かいます。
MRTは飲食禁止で、違反したら罰金です。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

NISA口座(非課税口座)と個人型確定拠出年金(iDeCo)の資料請求【徒然日記】

数年ぶりに買った株は、上がったり下がったりしながら、含み益が少しだけ出ています。
配当金の季節になると、「税金が高い!」と感じます。
「そういえば、NISAなるものがあったっけ…」と思い出し、今更ながら申し込むことにしました。
また、「最近、雑誌でiDeCoっていうのをよく見かけるなぁ…」と思ったので、こちらも資料を取り寄せました。

NISA口座(非課税口座)

NISAの非課税期間が最長5年間、投資可能期間が2014年~2023年ということなので、さすがに遅すぎる感がありますね。
非課税投資枠は1年間に120万円ですが、流石にそんなには投資に回せません。
それでも「やらないよりはやった方がいいのかな」と思って、証券会社(岩井コスモ証券)から資料を取り寄せました。ネットから申し込めるかと思ったら、平日にフリーダイヤルに電話しての資料請求でした。

資料請求後、2日ほどで書類が届きました。
すでに口座開設済みで、マイナンバー登録もしているせいか、思ったより簡単に手続きできました。
書類に数カ所記入して、本人確認書類(免許証のコピー)を同封して返送するだけです。
NISA口座開設までは時間がかかりそうなので、どんな株を買おうかとYahoo!ファイナンスを眺めています。

 

[スポンサードリンク]

個人型確定拠出年金(iDeCo)

「節税をするならiDeCoがよい」という雑誌記事をよく目にするのですが、取り扱っている商品が主に投資信託ということで、様子見していました。(私の場合、投資のプロとはいえ他人に資産をお任せする投資信託より、自己責任で運用する株式の方が性に合っています。)

ふと「おそらく私はこの先ずっと“おひとりさま”だろうから、主婦と違って税金の控除もほとんどないし、思い切って始めてみようかな」と思い、NISAの資料を取り寄せるのと一緒に、iDeCoの資料も取り寄せました。
ずいぶん昔(10年くらい前?)に開設して放置したままになっているSBI証券の口座があることを思い出し、ネットから資料請求しました。(たまたまですが、iDeCoの関連記事を読むと、SBI証券がオススメされていることが多かったのも申し込んだ理由の1つです。)

こちらは1週間ほどで申し込み用の書類が送られてきました。
届いた書類をぱらぱらとめくっただけで、「面倒臭い!」と気分が覚めます。
しかも、勤めている会社に書類の記入をお願いしなくてはいけないので、気後れします。
事前にこんなにハードルが高いとわかっていたら、申込書を取り寄せる人は減るんじゃないでしょうか。
こういうときにマイナンバーを活用して手続きを簡略化するのだとばかり思っていたのですが…

結局、「節税効果はあるけど、毎月手数料がかかるのに利益が出せるかなぁ…?」と思って保留してます。
SBI証券の手数料は安いので、「こちらで(iDeCoではなく)NISA口座を開設すればよかったかも…」と思いましたが、株式の口座は1つにしておきたかったのです。
もうしばらく考えてみようと思います。

↓株式についての体験記はこちらです。↓

[スポンサードリンク]