セルジュ・ゲンスブールを聴きながら【徒然日記】

私は一時期思い付きでフランス語を習っていたことがあり、今でも出社前にNHKのラジオ講座「まいにちフランス語」を聞いています。(余談ですが、ラジオの外国語講座を聞いていると、時計を見なくても番組の内容によって時間がわかるので便利です。)
フランス語の歌を聴くようになり、セルジュ・ゲンスブール(発音する時はゲンズブールの方が近いように思います)にたどり着きました。

セルジュはジェーン・バーキン、ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランス・ギャル、フランソワーズ・アルディ、ヴァネッサ・パラディという錚々たるスターに曲を提供しています。
決して美男子ではありませんし、スキャンダラスな存在ではありますが、なぜか心惹かれます。
「もう少し早く生まれていたら、ゲンスブールの活躍に間に合ったのに…」と残念に思いながら、DVDを見ています。

バーキン&ゲンスブール
1974年5月4日に放送された、ジェーン・バーキンとゲンスブールのバラエティ・ショーです。一歩間違えたら(間違えなくても?)コントになりそうな映像が満載ですが、セルジュにおんぶされるバーキンが幸せそうで、それだけでも見る価値があったかなぁと思います。
途中でパンの入った買い物かごを下げた男性が語り始め、それを聞いている人たちの笑い声が聞こえるのですが、私の仏語力では何を言っているのかさっぱりわかりません。


 

セルジュ・ゲンスブール・ショウ
1978年4月9日に放送された、ゲンスブールのデビュー20周年を記念して行われたショーです。フランスの有名人?が出演して歌っているのですが、バーキン以外はわかりません。
セルジュも何曲か歌っています。
セルジュがチェーン・スモーカーということは有名ですが、トークの間もずっとタバコを吸っていますし、歌っているときもタバコを離しません。
バーキンも番組中にタバコの煙をスパーッと吐いています。(時代を感じますねぇ…)


 

ゲンスブールと女たち
1991年に亡くなって、2010年に伝記映画が作られるあたり、セルジュのカリスマ性ってすごかったんですね。
公開されたときに映画館に見に行きました。
ブリジット・バルドーの登場シーンがかっこよかったですが、そこ以外は記憶の彼方に飛んでます。

 

[スポンサードリンク]

 

ディヴァインB.B.
ブリジット・バルドーのミュージッククリップ、メイキングなどの映像が収録されています。セルジュも出演しています。
セルジュとバルドーの「ボニー&クライド」が素敵です。(セルジュの曲の中で、これが一番好きです。)

 

バルドーは自伝「イニシャルはBB」で言いたい放題なのですが、セルジュのことは悪く言っていないのが印象的でした。

ノーコメントbyゲンスブール
若い頃から晩年まで、セルジュの映像を集めたドキュメンタリー映画です。
公開されたときに映画館に見に行きました。
バルドーやバーキンのような美女の映像を背景に、セルジュが独特の声でぼそぼそと語っています。「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」がバルドーからバーキンに変わるところが上手いなぁと思いました。
「ラ・マルセイエーズ」をアカペラで歌う場面はしびれました。


 

[スポンサードリンク]

御朱印をいただく際にしていること【徒然日記】

御朱印受付で並んでいる間、周りの方の御朱印帳をちらちら見てしまうことはないですか?
私はあります。
素敵な御朱印帳をお持ちの方がいると、「どこの御朱印帳ですか?」と聞きたくなるのですが、流石に見知らぬ方に声をかけるのは憚られるので黙っています。
他にも、「皆さん、御朱印をいただく際はどうしているのかな?」と思うことがいくつかありますが、やっぱり聞けません。

今回は、御朱印をいただく際の、私なりのこだわり(と言っても、たいしたことではありませんが…)を書いてみます。

神社とお寺で御朱印帳を別にする

以前、ネットで「御朱印帳を分けていないと、御朱印を断られることがある」と読んでから分けることにしました。
今は、大きなサイズの御朱印帳にお寺の御朱印、小さなサイズの御朱印帳に神社の御朱印をいただいた方がしっくりくると思って分けています。
お寺は御朱印帳に書くことが多く(「奉拝」、札所番号、仏様、お寺、日付など)、神社は割とシンプル(「奉拝」、神社、日付など)だからか、神社の御朱印帳はお寺の御朱印帳より一回り小さいことが多いように思います。(必ずしも神社の御朱印帳が小さいわけではありません。伊勢神宮にも大きなサイズの御朱印帳がありました。)

私は神社やお寺のオリジナルの御朱印帳を購入するようにしていますが、可愛い御朱印帳がネットで買えるのですね。

[↓Amazonへのリンクです↓]
  

御朱印帳の裏側は使わない(今のところは…)

最初の御朱印帳が裏移りするタイプだったので、表だけを使うようになりました。(墨をたくさん使うためか、お寺の御朱印の方が裏移りすることが多い気がします。)
「裏移りしない紙質の御朱印帳なら、裏にも書いていただこうかなぁ。御朱印帳も増えてきたし…」と思うのですが、御朱印の説明や御由緒書を挟んでくださるところもあるので、裏返して書いていただいたら、それらがひらりと落ちてしまいそうで、迷っています。
そういえば、とある神社で御朱印帳を購入したら、通常の御朱印帳と表裏が逆でした。もともとそういう作りなのか、裏表を間違って書かれたのか、不思議に思っています。

書置きの御朱印は御朱印帳に貼らない

テープや糊が劣化すると嫌なので、書置きの御朱印はB6サイズのクリアファイルに入れています。
最近、B6サイズのクリアファイルを見かけなくなりました。今使っているファイルがいっぱいになったら、2Lサイズのフォトアルバムに入れようかと思っています。
クリアファイル

全種類いただいたり、いただかなかったり…

御朱印の種類が多い場合はいくつかを選んでいただいて、次に訪れたときに別のものをいただくようにしています。(このブログを始めてから、再訪しないまま過ぎていることが多いとわかったので、4種類くらいなら全ていただくようになりました。)
同じ御朱印を何度かいただくこともあります。(熱田さんには参拝するたびに御朱印をいただいています。)

 

[スポンサードリンク]

お賽銭、小銭の準備

銀行で5円玉に両替して、お賽銭用のがま口に入れています。
また、100円玉を普段から貯めておいて、100円玉専用の小銭入れに入れています。
大きな神社仏閣ではお釣りをいただくこともありますが、チャイムを押して対応していただくようなところではお釣りがいらないようにします。

まず、お参りが先!

当たり前ですが、御朱印をいただく前にお参りをします。
入口で御朱印帳を預けて帰りに受け取るようになっているところでは、その作法に従います。

ご縁がなければ日を改める

参拝したけど誰もいなかったり、御朱印受付が閉まっていたり…ということは割とよくあります。
思い切ってチャイムを押してみることもあれば、そのまま帰ることもあります。(その場の空気次第です。)
こればっかりはご縁ですから、日を改めるようにしています。

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

冬にこたつで本を読む~今さらながらの『銀河英雄伝説』(漫画版)~【読書日記】

学生時代、『銀河英雄伝説』が好きでした。
魅力的な登場人物が多く、ヤン・ウェンリー、ワルター・フォン・シェーンコップ、オスカー・フォン・ロイエンタールが特に好きでした。(我ながら、好みに統一性がないと思います。)
約30年前、OVAシリーズをレンタルショップで借りて見ました。
当然、道原かつみさんが描いた漫画も読みました。(藤崎竜さんの作画で漫画化されているということを最近知りました。)

BOOK OFFであれこれ見ながら歩いていたら、道原さんの『銀英伝』が文庫化されているのを見つけました。(うちに単行本と総集編があります。)
その横に『銀河英雄伝説 英雄たちの肖像』という新しいシリーズの文庫がありました。(文庫になっているということは、そんなに新しくもないのですが…)
3巻で完結しているようだったので、3冊まとめて買って帰りました。
内容は、アンネローゼの山荘護衛~フェザーンに赴任していたユリアンの帰還までです。

[↓Amazonへのリンクです↓]
  

読んでいて、とても懐かしい気分になりました。(最近読んだ本は内容を忘れたりするのですが、若い頃に読んだものはきちんと覚えているものですね。)
ただ、登場人物の名前が書いていないので、メインキャラクターはわかるのですが、サブキャラクターには「これ、誰だっけ?」と名前が思い出せない人がちらほらいました。(ローゼンリッターのメンバーとか、ロイエンタールの副官?とか。)

「腐った民主制と高潔な君主制のどちらがよいか」なんて真面目に考えたなぁ…(我ながら、若かったですねー。)
学生時代に読んだ時は、登場人物がやけに大人に見えましたが、今ではヤン提督の享年を超えてしまいました。

 

[スポンサードリンク]

 

3巻の巻末に載っている「【スペシャル対談】田中芳樹×道原かつみ」で、『タイタニア』が完結したと知って驚きました。いつのまにか『アルスラーン戦記』も完結していたんですねぇ…(アニメにもなっていたんですね。)
この2作と『創竜伝』も好きで読んでいたのですが、あまりにも続きが出ないので、途中で見失ってました。
話はずれますが、昔は『銀英伝』、『創竜伝』で一発変換はできませんでした。(変なところで時の流れを感じました。)
その対談で、道原さんが「もう体力的に限界で、これ以上は続けられないですね」と話していて、寂しい気分になりました。
道原さんの描くキャラクターはイメージにぴったりなので、続きが読めないのは残念です。
ここから先も名場面がたくさんあるのになぁ…

[スポンサードリンク]