チェコのビンテージのラインストーンボタンにスワロフスキーをつけてみました【徒然日記】

ウズベキスタン旅行記の途中ですが、先にこちらを書きます。

春に名古屋骨董祭でビンテージのチェコのラインストーンボタンを購入しました。
実は、ラインストーンが1つ取れていたのですが、大きなしずく型のガラスがついたデザインが好みだったので、「ラインストーンを別で買って、空いている場所にはめればいいか」と思って購入しました。

ビンテージのチェコのラインストーンボタン

留め具の部分を後ろから計ったら4mmだったので、100円ショップで直径4mmのラインストーンを買いました。
いざつけてみると、サイズが少し小さくてうまくはまりません。
「それなら、次は5mmのラインストーンをはめてみよう!」と思ったのですが、100円ショップでは取り扱っていないようです。

Amazonで探してみたら、ちょうどボタンに合いそうな緑色のスワロフスキーのラインストーンを見つけました。

注文してから数日で届いたので、早速つけてみました。
今度はちょうどよいサイズでした。

ビンテージのチェコのラインストーンボタン

よく見ると他のラインストーンと違うとわかりますが、遠目で見たら気にならないのではないかと思います。
後ろのボタン穴にピンか紐を通して帯留代わりに使おうか、それとも、ビーズの羽織紐につけようか、まだ考えているところです。

 

[スポンサードリンク]

さて、ボタンはいい感じに修理できたのですが、ラインストーンがかなり余っています。(1袋買って、1つしか使ってませんからねぇ…)
「せっかく買ったので、何か使い道を考えなくては…!」と思っています。

↓以前の名古屋骨董祭の記事はこちらです。↓

[スポンサードリンク]

危険! 電源タップから危うく火事に…?【徒然日記】

何年か使っていたドライヤーが壊れたので、海外旅行用に買った小さなドライヤーを普段使いにしていました。
ところが、この小さなドライヤーもやたらと止まるようになったので、2カ月ほど前に新しいドライヤーを購入しました。
風量が大きくて髪が早く乾くので、「やはり、大きなドライヤーは便利だなぁ」と思っていました。

ところが、今度は新しく買ったドライヤーまでもが止まるようになりました。
「いくらなんでも、2カ月で故障ということはないだろう」と思って調べてみると、電源タップのランプが消えています。
よく見ると、差し込みプラグが茶色に変色しています。
壁についているコンセントの差込口を触ったら、熱を帯びていました。
「これは危ない!」と思って、急いでコンセントを抜きました。

電源タップ

テーブルタップ本体をひっくり返してみたら、「全部で1000Wまでご使用になれます。」と書いてあります。
ドライヤーのワット数を調べたら、1200Wでした。
これ、下手したらコードから出火して火事になっていますよね…?
いくら機械や数字に弱いとはいえ、自分のアホさ加減にはガッカリです。
ちなみに、海外旅行用に小さなドライヤーは850W/1000Wとなっていました。(ドライヤーではなく、電源タップを買い換えるべきだったかも…)

 

[スポンサードリンク]

 

本来、電源タップは5年程度で買い換えるものらしいですね。
今回壊れた電源タップは、学生時代に技術家庭の授業で作成したものです。(おそろしく昔の話です…)
ずいぶん長い間、現役で頑張ってくれてました。
さすがにもう処分しますが、「今までお疲れさま」という気持ちです。
今後は、電化製品を使う前に、きちんとワット数を確認しようと思います。

[スポンサードリンク]

【追記】NISA口座(非課税口座)と個人型確定拠出年金(iDeCo)の資料請求【徒然日記】

数年ぶりに買った株は、上がったり下がったりしながら、含み益が少しだけ出ています。
配当金の季節になると、「税金が高い!」と感じます。
「そういえば、NISAなるものがあったっけ…」と思い出し、今更ながら申し込むことにしました。
また、「最近、雑誌でiDeCoっていうのをよく見かけるなぁ…」と思ったので、こちらも資料を取り寄せました。

NISA口座(非課税口座)

NISAの非課税期間が最長5年間、投資可能期間が2014年~2023年ということなので、さすがに遅すぎる感がありますね。
非課税投資枠は1年間に120万円ですが、流石にそんなには投資に回せません。
それでも「やらないよりはやった方がいいのかな」と思って、証券会社(岩井コスモ証券)から資料を取り寄せました。ネットから申し込めるかと思ったら、平日にフリーダイヤルに電話しての資料請求でした。

資料請求後、2日ほどで書類が届きました。
すでに口座開設済みで、マイナンバー登録もしているせいか、思ったより簡単に手続きできました。
書類に数カ所記入して、本人確認書類(免許証のコピー)を同封して返送するだけです。
NISA口座開設までは時間がかかりそうなので、どんな株を買おうかとYahoo!ファイナンスを眺めています。

 

[スポンサードリンク]

個人型確定拠出年金(iDeCo)

「節税をするならiDeCoがよい」という雑誌記事をよく目にするのですが、取り扱っている商品が主に投資信託ということで、様子見していました。(私の場合、投資のプロとはいえ他人に資産をお任せする投資信託より、自己責任で運用する株式の方が性に合っています。)

ふと「おそらく私はこの先ずっと“おひとりさま”だろうから、主婦と違って税金の控除もほとんどないし、思い切って始めてみようかな」と思い、NISAの資料を取り寄せるのと一緒に、iDeCoの資料も取り寄せました。
ずいぶん昔(10年くらい前?)に開設して放置したままになっているSBI証券の口座があることを思い出し、ネットから資料請求しました。(たまたまですが、iDeCoの関連記事を読むと、SBI証券がオススメされていることが多かったのも申し込んだ理由の1つです。)

こちらは1週間ほどで申し込み用の書類が送られてきました。
届いた書類をぱらぱらとめくっただけで、「面倒臭い!」と気分が覚めます。
しかも、勤めている会社に書類の記入をお願いしなくてはいけないので、気後れします。
事前にこんなにハードルが高いとわかっていたら、申込書を取り寄せる人は減るんじゃないでしょうか。
こういうときにマイナンバーを活用して手続きを簡略化するのだとばかり思っていたのですが…

結局、「節税効果はあるけど、毎月手数料がかかるのに利益が出せるかなぁ…?」と思って保留してます。
SBI証券の手数料は安いので、「こちらで(iDeCoではなく)NISA口座を開設すればよかったかも…」と思いましたが、株式の口座は1つにしておきたかったのです。
もうしばらく考えてみようと思います。

【追記】
いろいろ考えた末、申し込むことにして、会社に申請書を書いてもらいました。
それについては、別で記事にします。

↓株式についての体験記はこちらです。↓

[スポンサードリンク]