JALマイルをファミマのクーポン券に交換しました【徒然日記】

JALのマイレージバングから、ミニマイル特典のお知らせメールが届きました。
2000マイルから交換ができるのだそうです。
「そういえば、JALのマイルを長い間放置していたっけ」と思い出し、残高と有効期限を確認したところ、今年の10月で約5000マイルが有効期限切れになります。(ついでにANAのマイルも調べたら、約6000マイルの有効期限が来年の7月でした。)

せっかくなので、何か特典と交換してみようと思い、「ファミリーマート Famiポートクーポン特典」に申し込みました。
2000マイルで2000円分のクーポン券と引き換えできます。
化粧品のトライアルセットも気になったのですが、JALに申し込むわけではなく、直接化粧品メーカーに申し込まないといけないので、後々勧誘の電話などがかかってきたら面倒だと思ってやめました。(←偏見でしょうか?)

 

[スポンサードリンク]

 

サイトから申し込み、申し込み受付のメールが届きます。
翌々日からFamiポートで交換可能です。
クーポンで交換できる商品は限られているので、食べ物や飲み物(お酒は除く)を購入することになりますね。

休日のお散歩コースの途中にファミリーマートがあるので、そこのFamiポートでクーポン券を発券しました。
私のカードは古すぎるのか、クレジット機能がついていないからなのか、磁気テープがついていないので、番号を手入力しました。5枚ずつの発券なので、10枚発券するには、2回にわけて操作しないといけません。
200円券が10枚なので、結構かさばります。

早速、F1に持っていくためのおつまみをいくつか購入しました。(有効期限が半年くらいあるので、全部使い切る必要はありません。)
まだマイルが残っているので、もう一度クーポン券に申し込みました。
近鉄白子駅の構内にもファミリーマートがあるので、F1の際に利用しようかなぁと思っています。

[スポンサードリンク]

個人型確定拠出年金(iDeCo)に申し込みました。【徒然日記】

ウズベキスタン旅行記の途中ですが、先にこちらを書きます。

「果たして利益が出せるのか?」と思って保留していた個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが、いろいろ考えた末、申し込むことにしました。
貯金額(もしくは投資額)を増やそうと思いつつ、なかなか実現できないので、「やはり、強制的に引き落とす形がいいかな」と思って決めました。

iDeCoの運用シミュレーションではなく、節税シミュレーションをしてみたところ、拠出限度額で運用すれば結構な節税になります。元本確保型商品なら、手数料分を差し引いてもプラスになりそうです。
ただ、受け取り時に税金を払わないといけないのが納得いかないというか、「結局税金払うなら、節税にならないのでは?」という気分になります。(国も損をしないように考えているでしょうけれど…)
一時金で受け取って退職金扱いにすれば、まだメリットがありそうです。(運用でドカーンと利益を増やせるとは思っていないです。) もっとも、特別法人税が復活したら、かなり厳しくなりますが。

…などと考えていたら、大きな思い違いをしていました…!!

 

[スポンサードリンク]

 

会社が企業年金に加入してました…

職場に申込書を提出して必要事項を書きこんでもらいました。
てっきり、毎月の拠出限度額は23,000円だと思っていたのですが、返却された書類を見たら12,000円でした。(そういえば、数年前に事業統合で会社を替わったときに、説明会で企業年金に入っていると聞いたような…?)
会社に書類を書いてもらうのは面倒臭いと思いましたが、私みたいにいい加減な人間がいるから必要なんですね。
掛け金が想定の半額だったのは(いろんな意味で)イタイです。

「事業主払込(給与天引き)」にすると、金額を変更する際に会社を通さないといけないらしいので、「個人払込」を選びました。年末調整が面倒臭そうですが、「家計が苦しいから、やっぱり金額を減らしたい」と思ったときに、会社を通すのはちょっとイヤだと思ったので。
ただ、初回の払い込みが10月になるため、今年は年末調整ではなく確定申告が必要となってしまうのが不安です。(さっさと申し込んでおけばよかったです。)

証券会社(私はSBI証券にしました)の手続きに時間がかかるので、手続きが終わるまでの間、どんなポートフォリオにしようかじっくり考えます。(取り扱い商品が多過ぎて、減らすみたいですしね。)

↓この本は図などがたくさんあってわかりやすかったです。

ただ、申し込む前に読んでおけば、なおよかったなぁと思っています。
私はいろいろ調べて考えたりはするのですが、結局思い付きや勢いで行動してしまうので、あとから「ああすればよかったんだ…!」と気付くことが多々あります。(残念ながら、この性分は治らないと思います…)

↓以前の個人型確定拠出年金(iDeCo)についての記事はこちらです。↓

[スポンサードリンク]

チェコのビンテージのラインストーンボタンにスワロフスキーをつけてみました【徒然日記】

ウズベキスタン旅行記の途中ですが、先にこちらを書きます。

春に名古屋骨董祭でビンテージのチェコのラインストーンボタンを購入しました。
実は、ラインストーンが1つ取れていたのですが、大きなしずく型のガラスがついたデザインが好みだったので、「ラインストーンを別で買って、空いている場所にはめればいいか」と思って購入しました。

ビンテージのチェコのラインストーンボタン

留め具の部分を後ろから計ったら4mmだったので、100円ショップで直径4mmのラインストーンを買いました。
いざつけてみると、サイズが少し小さくてうまくはまりません。
「それなら、次は5mmのラインストーンをはめてみよう!」と思ったのですが、100円ショップでは取り扱っていないようです。

Amazonで探してみたら、ちょうどボタンに合いそうな緑色のスワロフスキーのラインストーンを見つけました。

注文してから数日で届いたので、早速つけてみました。
今度はちょうどよいサイズでした。

ビンテージのチェコのラインストーンボタン

よく見ると他のラインストーンと違うとわかりますが、遠目で見たら気にならないのではないかと思います。
後ろのボタン穴にピンか紐を通して帯留代わりに使おうか、それとも、ビーズの羽織紐につけようか、まだ考えているところです。

 

[スポンサードリンク]

さて、ボタンはいい感じに修理できたのですが、ラインストーンがかなり余っています。(1袋買って、1つしか使ってませんからねぇ…)
「せっかく買ったので、何か使い道を考えなくては…!」と思っています。

↓以前の名古屋骨董祭の記事はこちらです。↓

[スポンサードリンク]