【2019年8月】名古屋港水族館と浜鮨のランチ【きものでお出かけ 名古屋】

エジプト旅行記の途中ですが、こちらから書きます。

呉服屋さんのお出かけイベントで、名古屋港水族館に行きました。
出かけに雨が降ってどうなるかと思いましたが、それ以降はよい天気でした。

地下鉄名港線に乗って、名古屋港駅で下車します。

浜鮨のランチ

まずは「浜鮨」でランチです。
昼間から久保田の紅寿を頼みました。(初めて飲みましたが、私は千寿の方が好みでした。飲みなれてるせい?)
ゼリーの中に生のスイカが入っているデザートがおしゃれでした。
お腹いっぱいになりました。

浜鮨のランチ

 

[スポンサードリンク]

名古屋港水族館

ここに来るのは20年振りくらいです。
駅から少し歩きます。
お盆休みだけあって、家族連れが多くて混んでました。

名古屋港水族館

ベルーガ公開トレーニング

室内に響き渡る「ギャー!」「キャー!」という悲鳴のような声…
事件かと思いきや、ベルーガの鳴き声でした。
鳴き声は激しいですが、愛嬌があって可愛い顔をしています。

ベルーガ公開トレーニング

イルカパフォーマンス

イルカはサービス精神旺盛で(?)、「鯉つかみ」の鯉並みに客席に水をまき散らしてました。
飼育員の女性を乗せて泳いだり、ジャンプしたり、すごかったです。

イルカパフォーマンス

シャチの公開トレーニングも見たかったのですが、時間の都合で見ずに帰りました。
シャチはぽてっとしたフォルムと白黒の模様が可愛いですね。

北館から南館に移動

途中にある水槽を覗きながら、北館から南館に移動します。
クエやウツボなどコワモテの魚、きれいな熱帯魚、不思議な深海魚など、見どころたくさんです。
中でも、ウミガメの水槽とペンギンの水槽はやはり人気ですね。

ウミガメとペンギン

久しぶりの水族館は楽しかったです。
もうちょっとゆっくり眺めていたかったなぁ…

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

小千谷ちぢみの緑色の縞の夏物、皇帝ペンギンが描かれた夏帯、爽竹の洗える長襦袢にブルーのビーズ半衿、群青色に白クマの親子が刺繍された帯揚げ、琉球ガラスの帯留のついた青い帯締めです。
着物の上に薄いショールを羽織りました。あしべの汗取り襦袢を中に着ています。
着物、帯、帯揚げはこの日初めておろしました。

この日の着物

夏物は透けるので長襦袢に衣紋抜きをつけておらず、衿がきれいに出なくて四苦八苦。
さらに、私は帯を前結びで右回りに巻くのですが、この帯は逆に巻かないと前腹の柄が出なくて悪戦苦闘。
冷房の効いた部屋なのに汗だくでした。それでも、小千谷ちぢみは他の夏着物より涼しく感じました。

帯揚げのクマが全部見えないのが残念です。

この日の着物

小千谷ちぢみは麻なので、お手入れには出さず手洗いします。(ポリエステル以外の着物を自分で洗うなんて初めてです。)
呉服屋さんの話では、漂白剤の入っている洗剤や柔軟剤はよくなくて、中性洗剤がいいそうです。「食器用の洗剤がいい」と聞きましたが、さすがに試す勇気がなくて、中性洗剤で洗いました。
洗濯機で回すのはよくないとのことでしたが、タオルオフだけでは部屋干しする時に滴が垂れるので、ネットに入れて30秒ほど脱水してから干しました。
爽竹の長襦袢もその日のうちに手洗いしました。こちらはネットに入れてしっかり脱水しました。
今年はもう1回くらい夏物を着たいけど、難しいなぁ…

↓前回の着物でお出かけの記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2019年7月】6日目:アブ・シンベル神殿観光、飛行機でカイロへ移動【エジプトツアー⑪】

朝日を見るため、4:00にモーニングコール、4:45に出発です。
この旅行中は昼間にのんびりする時間があるので、朝が早くても割と平気でした。

アブ・シンベル神殿

ラムセス2世によって建造された岩窟神殿です。
アスワンハイダムの建設により水没するところを、ユネスコによって移築されました。
世界遺産に登録されています。

↓日の出です。
日の出

アブ・シンベル大神殿

大神殿では太陽神ラーを祀っています。
それにしても、ラムセス2世は自分大好きですね。
アブ・シンベル大神殿

アブ・シンベル小神殿

小神殿は王妃ネフェルタリのために建造され、ハトホル女神を祀っています。
アブ・シンベル小神殿

観光後、ホテルに戻ります。

ホテルのレストランで朝食

朝食はバイキングです。

↓朝食です。
レストランで朝食

またも砂漠道路をバスで3時間移動して、アスワンに戻ります。

 

[スポンサードリンク]

香水ショップでお買い物

途中、香水と香水瓶のお店に立ち寄ります。
香水瓶の作り方を見せてもらい、その後香水とアロマオイルの説明を聞きます。
店員さんは日本語がとても流暢でした。
「1~2本くらい買ってみようかな」と思っていたのですが、気が付いたら、50mlの6本セット+香水瓶を買ってました。

エジプトにしかないという蓮の香りが一番人気だそうですが、DiorだったかCHANELだったか、どこかで嗅いだことのある香りだと思いました。
いろいろな香りがあって迷ったのですが、香水の「パピルス」「ハトシェプスト女王」「砂漠の秘密(←25種類を調合しているそうです)」、アロマオイルの「アフリカ白檀」「ベルガモット(←シミに効くらしいです)」2本を選びました。

香水と香水瓶

おまけの香水瓶はラクダの形のものを選びました。

レストラで昼食

レストランで昼食です。
前菜とパン、モロヘイヤ、メイン(シシカバブ?)、バナナです。
マンゴー、グァバ、苺のミックスジュース(3米ドル)を頼みました。

レストラで昼食

アスワンから飛行機でカイロへ

エジプトでは飛行機が定刻通りに動くことはあまりないそうですが、ほぼ定刻でカイロへ到着。
なお、私たちの後の便は天候不良?で飛行機が飛ばず、別のツアーの参加者は翌朝6:00にカイロに着いたそうです。

↓機内で出た飲み物とクッキーです。
飲み物とクッキー

カイロに到着したら、バスでホテルに向かいます。

 

[スポンサードリンク]

ピラミッドの見えるホテル

この日のホテルは「シュタイゲンベルガー ピラミッズ カイロ」の新館です。
ホテルに入る際に手荷物検査(機械)があって、ビックリしました。
ガードマンではなく、腰に拳銃をぶら下げたポリスが警備しています。
広くて、方向音痴の私は最初迷いましたが、素敵なホテルでした。

シュタイゲンベルガー ピラミッズ カイロ

私のお部屋は2115号室です。
ベランダがあり、プールの向こうにピラミッドが見えます。
やはり、ピラミッドが見えるとテンションが上がりますね。
お風呂は浴槽とシャワーが分かれているタイプでした。

シュタイゲンベルガー ピラミッズ カイロ

ホテルのレストランで夕食

夕食はホテルのレストランでバイキングです。
スイーツの色が鮮やかです。

レストランで夕食

白ワインが12米ドルもしたので、オレンジジュース(4米ドル)を頼みました。

↓夕食です。やっぱり主食はスイーツ。
レストランで夕食

生のデーツ(ナツメヤシ)が美味しかったです。

 

[スポンサードリンク]

 

添乗員さんと同席して、色々なお話を伺いました。
添乗員さんはアフリカ方面を回ることが多いそうで、「インフラが整っていないから、トイレは穴を掘って埋める」などのお話は今後の旅行先を決める参考になりました。

食後、ホテルの売店を見ましたが、空港の方が安かったです。
ホテルからの外出は完全禁止。
間違って外に出ようとした人が連れ戻されてました。(以前、ホテルから抜け出した観光客がすぐにテロに遭ったことがあるそうです。)

翌日はいよいよエジプト最終日です。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2019年7月】5日目の続き:アスワンハイダム、アブ・シンベル神殿の音と光のショー【エジプトツアー⑩】

アスワンハイダム

ナイル川の氾濫防止と灌漑用水の確保のために作られたダムです。
現代エジプトで最も重要な場所だそうで、戦車が守っています。(もちろん、戦車は撮影禁止です。)

スワンハイダム

↓大きな木がありました。

砂漠の蜃気楼

砂漠道路を3時間ノンストップでバスが走ります。
この区間は警察の許可のもとで移動するので、止まって休憩ができないのです。
道路の入り口辺りでフェネックらしき動物を見たのですが、近くにポリスがいたので、写真を撮れずに残念でした。(目が悪いから、犬を見間違えたかもしれませんが…)

 

[スポンサードリンク]

 

途中、蜃気楼が見えました。
バスの中からでもはっきり見えますし、写真にも写ります。

↓湖のようですが、蜃気楼です。砂漠の神秘ですね。
砂漠の蜃気楼

昔、砂漠をラクダで旅する人は水に焦がれて彷徨ったりしたのでしょうか?

バスで移動中、ガイドさんオススメのばらまき土産の紹介と試食がありました。
40℃でも溶けないピラミッド型チョコレートが12個入り10米ドル、ナッツを挟んだナツメヤシが15個入り8米ドルでした。

ピラミッド型チョコレート

職場などに配るために、いくつか申し込みました。
ボリュームディスカウントありで、小分けの袋もつけてもらえます。

↓後日、届けてもらいました。
ピラミッド型チョコレートとナツメヤシ

ホテルに到着後、まずは昼食です。
この日のホテルは「セティ アブ・シンベル」です。

 

[スポンサードリンク]

ホテルのレストランで昼食

14:00頃の少し遅めの昼食でした。
ハイビスカスのフレッシュジュース(3米ドル)、スープ、タジン料理、フルーツです。
ちょっとスパイシーでしたが、美味しかったです。

レストランで昼食

ホテルのお部屋

私のお部屋は302号室。
コテージになっていて、窓からはナセル湖が見えて素敵でした。
「田舎だから設備がよくない」と聞いていたのですが、冷房も効いていたし、なかなかよかったです。
シャワーはぬるま湯だという話だったのですが、気温によって水温も上昇するのか、全然ぬるくなかったです。
アブ・シンベルはとにかく熱くて、持ってきた冷えピタがぬるピタになってました。(貼ったら冷たくなりましたけど。)

セティ アブ・シンベル

↓窓からの眺めです。
セティ アブ・シンベル

↓プールがあります。
セティ アブ・シンベル

↓湖にはワニがいるらしい…
ナセル湖

ナセル湖クルーズ

船に乗って、ナセル湖からアブ・シンベル神殿を眺めます。
思いっきり逆光でした。
ナセル湖クルーズ

アブ・シンベル神殿「音と光のショー」

少し休憩してから、「音と光のショー」を見に行きます。
早めに行って、一番前の席に座りました。

アブ・シンベル神殿

日が暮れるのを座って待ちます。この日は日本人観光客が多かったのか、ナレーションは日本語でした。

 

[スポンサードリンク]

 

添乗員さんの「昭和クオリティ」の言葉通り、なんというか、懐かしい感じのするショーでした。
ショーよりも、夜空に輝く北斗七星や、寝っ転がる野良犬が気になってしまいました。

アブ・シンベル神殿

ホテルのレストランで夕食

夕食はホテルのレストランでバイキングです。
白ワイン(6米ドル)を頼みました。

↓夕食です。主食はスイーツ。
レストランで夕食

ツアー参加者の中に、旅行中にお誕生日を迎えた方がいたらしく、陽気なホテルマンがケーキを持って出てきました。
私もおこぼれにあずかりました。見た目よりもあっさりした味でしたよ。

ケーキ

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]