【2017年4月】お土産紹介~オススメはハチミツとナツメヤシ~【キプロス&マルタツアー⑩】

旅行中に買ったお土産です。
キプロスとマルタのお土産

キプロス土産

1- ナツメヤシ 4ユーロ分(20個くらい)
3日目にオリンポス山が見える(はずの)ポイントの売店で購入しました。
美味しかったです。

2- ローズウォーター(500mlのペットボトルで5ユーロ)
3日目にキッコー修道院近くの土産物屋で購入しました。

↓4日目にパフォス城近くの海岸にある土産物屋で購入したもの。
3- 布のエコバッグ(3枚で5.5ユーロ)
4- タオル(4枚で3.5ユーロ)

↓4日目にスーパーマーケットで購入したもの。
5- ハチミツ(3.8ユーロ)
6- ハチミツ(3.19ユーロ)
7- ベリー系のジャム(4.8ユーロ)
8- いなご豆のロクム(1箱 1.1ユーロ)
9- JOKER(チョコの挟まったクッキー)の大きいサイズ(12個入り2.99ユーロ)
10- JOKERの小さいサイズ(2.15ユーロ)
ハチミツは味が濃くて美味しかったです。
ロクムは職場の同僚のリクエストだったのですが、「コレじゃない…」と言われました。クセのある味です。

11- レースの小物入れ
5日目にレフカラ村で添乗員さんが参加者全員にプレゼントしてくれました。

12- ポロシャツ(9.3ユーロ)
5日目にラルナカ空港で購入しました。空港の売店はセール中でした。

 

[スポンサードリンク]


マルタ土産

13- マルタガラスの花瓶(25ユーロ)
5日目にイムディーナのマルタガラスのお店で購入しました。

↓6日目に「カフェ・コルディナ」で購入したもの。
14- チョコレート(20枚入り)(7.95ユーロ)
15- 袋入りの金貨チョコレートを手に持っているテディベア(8.5ユーロ)
「カフェ・コルディナ」では、3つ買うと1つおまけしてくれます。

↓6日目にホテル(チューリップ ビバルディ)の近くスーパーで購入したもの。
16- CISKのビール2種類(1.24ユーロと1.33ユーロ)←どちらがどの値段だったか忘れました。
17- カラヴァッジョラベルの赤ワイン(7.55ユーロ)

18- 銀細工の鳥のブローチ(37ユーロ)
7日目にゴゾ島の大城塞チタデルのお店で購入しました。

19- マルタクロスのキーホルダー(3ユーロ)
7日目にゴゾ島の土産物屋で購入しました。

20- ゴゾレース
添乗員さんから誕生日のプレゼントにいただきました。

21- マルタクロスがデザインされたペンダントトップ(10ユーロ)とリング(15ユーロ)
8日目にポパイ村の銀細工のお店で購入しました。

22- 箱入りの板チョコ(値段は失念しました。)
帰国前にマルタ空港で購入しました。

23- ポストカード

私は旅行する時、緩衝材(プチプチ)とビニール袋を多めに持っていって、ワインや瓶物を持ち帰るときに使っています。
そういえば、ハイブランドのお店は見かけなかったなぁ。(見かけたところで買えませんが…)

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2017年4月】5日目:レースで有名なレフカラ村とマルタの古都イムディーナ【キプロス&マルタツアー⑤】

朝食はホテルでバイキング。
だいたい同じようなものを食べてます。
朝食はホテルでバイキング

↓ホテルの庭にいた猫。毛並みがいいです。
キプロスの猫

ヒロキティア

新石器時代の遺跡で、世界遺産に登録されています。
↓円筒形住居は復元だそうです。
ヒロキティアの円筒形住居

少し丘を登ります。ここでも花が咲いてました。
ヒロキティア

レフカラ村

レースで有名な村です。レオナルド・ダ・ヴィンチが訪れたこともあるとか。
レースのクラッチバッグが素敵でしたが、小さ過ぎて実用的でないので購入はしませんでした。サイズ的にはフォーマルなのですが、素材的にフォーマルな服装には合わせにくい感じです。
財布は日本のお札が入らないサイズだったので、こちらも見送りました。
空港にもレース製品が置いてありましたが、ここで買う方が安かったと思います。
添乗員さんが参加者全員に、レースの小物入れをプレゼントしてくれました。
レフカラ村

↓キプロスでは本当にたくさん猫を見かけました。
キプロスの猫

キプロス観光はここで終了です。
ラルナカ空港に向かいます。

空港の売店がセール中で、服がお値打ちでした。弟のお土産にポロシャツ(9.3ユーロ)を買いました。
お昼は機内食の予定だったのですが、飛行機(エミレーツ航空)の出発が約1時間半遅れ、お腹が空いたので待合室でお菓子を食べました。

↓機内食です。
エミレーツ航空の機内食

 

[スポンサードリンク]

マルタに到着

マルタ島に着いたら、私のスーツケースがターンテーブルから出てこないというトラブルに見舞われました。
あきらめて紛失届を出しにカウンターに行こうかというときに、同じツアーの方が私のスーツケースが放置されているのを見つけてきてくれました。誰かが間違えて下して、捨て置いたのかしら?
何はともあれ一安心です。

行程が遅れたためか、マルタでは翌日と予定を入れ替えての観光になりました。
マルタの現地ガイドさんは日本人でした。

古都イムディーナ

マルタはあいにくの曇り空でしたが、これはこれで風情があっていいなぁと思います。
中世のような城塞都市で、歩いている横を馬車が通ります。『静寂の町』と呼ばれているだけあって、落ち着いた雰囲気の町でした。
マルタガラスのお店で、母へのお土産に小さな花瓶(25ユーロ)を購入しました。
古都イムディーナ

↓左側の写真はカテドラルです。外観のみの観光です。
イムディーナのカテドラル

ラバト

イムディーナの城壁の外側がラバトの町です。
↓聖パウロ教会です。こちらも外観のみの観光です。
ラバトの聖パウロ教会

マルタでのホテルはチューリップ ビバルディです。
ここでも3連泊します。

チューリップ ビバルディ
↑ホテルの外観とお部屋。
シャンプーとドライヤーがありました。
ウェルカム・ウォーターが2本ついてます。

夕食はホテルでバイキングでした。
またもやこんもり、デザートたっぷりです。
マルタのホテルでバイキング

夕食後、ホテルの近くを少し散歩しました。
出前一丁が積んである小さなスーパー(?)を見つけましたが、めぼしいものはありませんでした。

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2017年4月】4日目:クリオンとパフォス~花咲き乱れる古代遺跡【キプロス&マルタツアー④】

朝食はホテルでバイキング。
前日食べて美味しかった物をもう一度選ぶことが多いです。
朝食はホテルでバイキング

コロッシ城

これといった展示品などはありませんが、屋上に出ることができます。
コロッシ城

クリオンの古代遺跡

床のモザイクが素晴らしかったです。
クリオンの古代遺跡

クリオンの野外劇場

円形劇場の向こう側に青くて美しい海が見えます。
辺りには黄色い花が咲き乱れ、空の青との対比がとても綺麗でした。
クリオンの野外劇場

↓いなご豆が木になってました。
いなご豆

アポロ神殿

ここでも春らしく黄色の花や赤色の花がたくさん咲いていました。
このような遺跡は春に訪れるのがいいんだなぁと思いました。
アポロ神殿

ペトラトゥロミウの海岸

愛と美の女神・アフロディーテが生まれたという伝説の海岸です。
ガイドさん曰く「ここでたまご型の石を見つけるといい」とのことでしたが、見つけられませんでした。
ペトラトゥロミウの海岸

アフロディーテ神殿

広大な廃墟にしか見えませんが、世界遺産であるパフォスの古代遺跡群のひとつです。
アフロディーテ神殿

こじんまりとした博物館にモザイク画などが展示してありました。
アフロディーテ神殿の博物館

レストランで昼食

↓左上の写真がレストランの外観です。
キプロスのレストランで昼食

メインはシーフード。美味しかったです。
デザートの苺は硬くて酸っぱかったです。

 

[スポンサードリンク]

パフォス考古学公園

今回の旅で、最も印象に残ったのがここでした。
青い空と青い海。赤、黄、紫の花。いかにも地中海のイメージ通りの風景でした。
ツアー参加者も口々に「この時期に来てよかった~!」と言ってました。
ガイドさんの話では、1週間前は黄色の花しか咲いていなかったそうです。
パフォス考古学公園

テセウスの館

部屋数が100を超える大きなお屋敷だったらしいのですが、流石に全部は見て回れません。
有名なモザイク画を見ました。
テセウスの館

ディオニソスの館

床一面に素晴らしいモザイク画が敷き詰められていました。
↓わかりにくいですが、真ん中の写真は唯一のモノクロのモザイクです。
ディオニソスの館

パフォス城

屋上から海を眺めることができます。
パフォス城

少し自由時間があったので、海岸の土産物屋を見て回りました。職場の女性や友人へのばらまき土産として、布のエコバッグ(3枚で5.5ユーロ)、タオル(4枚で3.5ユーロ)を買いました。キプロスは物価が安いです。
ポストカードも買いました。海外旅行の際には、旅行先から自分宛てにハガキを送ることにしています。

↓猫がくつろいでました。
キプロスの猫

ホテルに戻る途中で、スーパーマーケットに寄ってもらいます。最近のツアーは行程のどこかでスーパーに連れていってくれることが多いようです。
ハチミツ2種類(3.8ユーロと3.19ユーロ)とベリー系のジャム(4.8ユーロ)を買いました。もっとほしかったのですが、買い過ぎると重くなるので控えめにしました。
職場などへ配るお土産として、イナゴ豆のロクム(1.1ユーロ←安い!)、JOKER(チョコの挟まったクッキー)の大きいサイズ(12個入り2.99ユーロ)と小さいサイズ(2.15ユーロ)を買いました。
Made in キプロスのお菓子って意外と売ってなかったです。

レストランで夕食

↓左上の写真がレストランの外観。メインはチキンでした。
キプロスのレストランで夕食

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]