【2016年7月】3日目:アルハンブラ宮殿とフラメンコショー【スペイン周遊ツアー③】

朝食はホテルのバイキングです。
だいたいどこも、パン、卵、ハム、チーズ、フルーツといった感じですね。

グラナダへの移動

またもバスに乗って、約6時間の大移動です。
いよいよ憧れのアンダルシアです。
途中、2回のトイレ休憩がありました。

昼食はハイウェイの途中にあるレストランです。
飲み物は事前に購入して席に運んでおくスタイルでした。私はカヴァ(3.9ユーロ)を購入しました。
スープは冷製で、メインはチキンでした。私はかなりの甘党ですが、このケーキは甘過ぎました。
スペインのレストランで昼食

併設されている売店でアレコレ見て回ります。こういうのが楽しいです。
↓アルガンオイルのハンドクリーム(7.9ユーロ)を購入しました。
アルガンオイルのハンドクリーム

これと同じブランドのアルガンオイル(6.9ユーロ)も買ったのですが、脚に塗ったら赤い湿疹(痒くはないんですが…)が出たので、使用を止めました。いい香りでよさそうだったのになぁ… ハンドクリームの方は何ともなかったです。

↓生ハムも売ってました。
生ハム

2回目の休憩で寄った売店で、ドライイチジクをチョコでくるんだお菓子を5箱購入しました(1箱5ユーロで、4箱買うと1箱おまけ)。職場などで配る用です。夏場にチョコレートは溶けるかとも思いましたが、試食して美味しかったので。

アルハンブラ宮殿

ここもスペインでぜひ行ってみたかった場所のひとつです。
イスラム建築の豪華な宮殿です。天井の装飾が特に美しかったです。
イスラム教を信仰しているわけではありませんが、イスラム建築の美しさには惹かれます。イランやウズベキスタンにもいつか行ってみたいです。
アルハンブラ宮殿

↓良い眺めです。
アルハンブラ宮殿

ヘネラリフェ(夏の離宮)

少し歩いて、ヘネラリフェ(夏の離宮)にも行きました。
木々の緑が鮮やかでした。
ヘネラリフェ(夏の離宮)

↓寄木細工のお店に寄りました。
寄木細工のお店

グラナダのホテル

ホテルはグラナダ パレスです。

グラナダ パレス
↑ホテルの外観とお部屋です。
ベランダもあって、とにかく広かったです。

[スポンサードリンク]


夕食

レストランで夕食です。この日はタパスメニュー(小皿料理)でした。
↓左上の写真はレストランの内装です。
タパスメニュー(小皿料理)

ジャガイモの入った卵焼き、卵料理、イカリング、牛肉、フルーツが出ました。
カヴァは2.5ユーロでした。

食後、少し街を歩いてから、フラメンコ鑑賞に向かいます。
ゆっくりと日が暮れていきますが、夏のスペインは日照時間が長いです。

↓右側の写真は、遠くから眺めるアルハンブラ宮殿です。
遠くから眺めるアルハンブラ宮殿

フラメンコショー

↓お店の中はこんな感じです。
フラメンコショー

ドリンク1杯はサービスでついてます。私はサングリアを頼みました。
生で見るフラメンコは迫力がありました。
女性は怖い顔して踊ってましたが、男性は楽しそうでした。この差は何なんでしょう?
フラメンコショー

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]