【2017年6月】妻籠宿から馬籠宿へバスで移動【信州女ふたり旅④】

まさかの地震

夜、雨音がしていましたが、朝には雨は上がっていました。天気が崩れるとの予報だったので心配していましたが、一安心です。
がたがたと揺れるので、大きな体の宿泊客がどたどた歩いているのかと思ったら地震でした。
しかも、震源地は長野。
心配した母から留守電が入っていたので、とりあえず無事だと連絡をしました。

藤乙の朝食

朝もご飯をおかわりしてしまいました。美味しくてついつい食べ過ぎてしまいます…
Nさんは旅行後、2.5kg太ったそうですが、奇遇にも私も2.5kg太りました。体重を戻すのに1週間もかかりました。

藤乙の朝食

宿に荷物を預けて、チェックアウトします。
地図を見ると近くに神社があるらしいので、宿のスタッフさんに場所を聞いて、行ってみることにしました。
旧妻籠小学校のあたりで道がわからずにうろうろしていたら、車に乗った男性がわざわざ止まって道を教えてくれました。

和智埜神社

少しさびれた感じがしますが、ひっそりとした神社にお参りするのもよいものです。
和智埜神社

夜が早い反面、お店が開くのも早いです。バスツアーの客が続々やってきます。
Nさんが料理用の木べらを買っていたので、私もつられて買ってしまいました。ろくに料理しないのに。
前日に共通入場券を買っているので、妻籠宿本陣に向かいます。

[スポンサードリンク]


妻籠宿本陣

ここは当時の建物を復元したのだそう。
囲炉裏で鍋が火にかけられていて、煙があたりに漂ってました。
広い室内をゆっくりと見て回ります。水彩画なども飾ってありました。
島崎藤村の母親の実家だそうですが、私は近代文学に疎いのでいまいちピンときませんでした。
妻籠宿本陣

猫がお水を飲んでいました。
水を飲む猫

馬籠宿へバスで移動

宿で荷物を受け取り、バスに乗って馬籠へ向かいます。
3人組の外国人も同じバスでした。
妻籠と馬籠で宿泊すると、妻籠~馬籠間の宅配サービスを使えるのですが、私たちは馬籠には泊まらず帰るので、荷物を持って移動します。

馬籠宿

馬籠は妻籠よりも観光地化されている印象を受けました。
ここでも燕が多かったです。
バス停から少し歩いた場所にある売店のコインロッカーに荷物を預け、馬籠宿を歩きます。
お店を見て回りながら、雰囲気を楽しみます。

ここにも猫がいましたが、妙に警戒されてしまいました。
警戒する猫

お昼は、「大黒屋茶房」で栗おこわのランチを食べました。
大黒屋茶房の栗おこわ

天気が崩れそうだし、翌日は仕事なので、早めに帰路に着くことにしました。
帰る前に、売店でリンゴ味のキットカットを購入。
バスに乗って中津川へ。中津川からは各駅停車の電車に揺られ、名古屋に戻ります。
そして、ここでNさんとお別れ。ご一緒できてとっても楽しかったです。

地元駅に着くと、雨が降っていました。
観光中に降られずに済んだのはラッキーでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2017年6月】妻籠宿で旅館「藤乙」にお泊り【信州女ふたり旅③】

次の目的地は南木曽。
「JRだし、マナカで行けるかな」と思ったけど、念のために駅員さんに聞いてみたら、「(交通系ICカードは)使えないので切符を買ってください」とのこと。電車に乗る前に聞いておいてよかったです。
南木曽で電車を降りて、バスに乗り換えて妻籠に向かいます。
この時、バスで一緒だった外国人3人組と馬籠まで一緒になるとは思わなかったです。

旅館 藤乙

妻籠でのお宿は「藤乙」。
時代劇に出てきそうな建物に、お庭の池に鯉が泳いでいて風情があります。
私たちがチェックインをしていると、バスで一緒だった3人組と、もう1組の外国人がチェックイン。
後から聞いた話によると、ここは外国人に人気の宿で、なかなか予約が取れないのだとか。
言われてみれば、受付に外国からのハガキがいっぱい飾ってありましたし、「トリップアドバイザー」の盾も飾ってありました。

旅館 藤乙
↑旅館の外観とお部屋。
お部屋は鍵が内側からしかかからず、トイレと洗面所は共同、お風呂は交代制だけど、こういうお宿なら気になりません。

妻籠宿

旅館に荷物を置いて、宿場町をふらつきます。
江戸時代のような、風情のある町並みです。
バスツアーらしき観光客でにぎわっています。

光徳寺

車付き駕籠が展示されていました。
住職さんがちょうど犬の散歩に出かけてしまわれたとのことで、書置の御朱印をいただきました。
光徳寺

↓御朱印です。
光徳寺の御朱印

16:00頃、本陣に入場しようとしたら、受付の方に脇本陣をから先に見ることを勧められました。共通入場券を買った方お得なのですが、翌朝は10時台のバスで妻籠を出発するので、両方見られるかが心配…
しかし、本陣は朝の9:00前には開いてると聞いて、共通入場券を購入しました。そして、受付の方のオススメに従い、まずは脇本陣へ向かいます。なお、妻籠宿に宿をとっていると、2割引きになります。

[スポンサードリンク]


脇本陣奥谷

説明役の女性がとても舌の回る方で、いろいろなお話を聞かせてくれました。
檜造りのため、毎朝囲炉裏に火を起こすのだそう。
囲炉裏の横の敷物をよけると、畳が隠れていました。「姑が畳に座り、嫁は床に座ることで自然と教育される」だなんて、今の時代に生まれてよかったわ。(いい年して嫁にいってないですけどね、私。)
バス停から一緒のオランダ人のロン毛のお兄さんも一緒に見学していたのですが、日本語が上手で驚きました。

脇本陣奥谷

併設されている歴史資料館を見ている間に、閉館時間になりました。
外に出るとツアー客は帰ったのか人はまばらです。お店も割と早く閉まってしまいます。

燕を見上げる猫

猫がじーっと燕の雛を見上げてました。
壁よじ登って雛を襲うんじゃないかしらと心配しましたが、杞憂に終わりました。

↓看板猫? ポーズがサマになっています。
看板猫?

藤乙の夕食

宿に戻って夕食です。
私は普段ご飯はあまり食べないのですが、この日はおかわりしてしまいました。
美味しくてご飯が進むということもありますが、「出されたものは残さず食べる」としつけられてきたので、お櫃に入ったご飯を残すのが勿体ないと思ってしまいます。
宿のご主人は英語に堪能で、外国からのお客さんに英語でお料理の説明をしていました。
藤乙の夕食

お腹も膨れたし、お風呂に入って、就寝です。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]