【2018年3月】時代やで享保雛(おすべらかし+天冠)と千姫の扮装を体験【京都嵐山・洛中日帰り旅①】

すっかり恒例となった、京都嵐山の時代やさんでの時代扮装です。
「享保雛」のキャンペーンが発表になった時、「突発のキャンペーンっぽいから、もう少し待ったら別のキャンペーンも始まらないかな?」と様子見してました。予想通り(?)、後から「千姫」のキャンペーンも告知されたので、「よし! 一度に2種類の扮装をしてしまおう!」と予約を入れました。

享保雛は結い上げ、垂髪、おすべらかしの中から好きな鬘を選べます。私は「おすべらかし+天冠がいい!」と思ったので、享保雛の天冠をおすべらかしにつけれるということを予約時に確認しました。(通常のお雛様の冠+おすべらかしもいつか体験してみたいです。)
また、表着は黄色がいいということと小道具に桜の花を使いたい旨をリクエストしておきました。
千姫の打掛はサンプル写真の2種類とも素敵で迷ったので、お店に行ってから他の打掛の写真も見て決めることにしました。

当日はとても良い天気で、京都は桜の開花宣言が出たばかり。
春休みで旅行に出る人が多いのか、新幹線のホームにはスーツケースを持っている人が多かったです。
年末ほどではなかったですが、新幹線が混んでいてひかりの自由席に座れませんでした。

享保雛は4カットの撮影付き、千姫は1カットなのでオプションで2カット追加しました。いつも通り、データはすべて購入します。
背景はお雛様にもお姫様にも似合う綺麗な几帳と畳にしてもらいました。

 

[スポンサードリンク]

千姫に変身!

お姫様っぽく可愛いメイクをしてもらってから、衣装を着せてもらいます。(可愛いのはあくまでメイクです。)
普段は出していないという限定の打掛から、朱色の打掛を選びました。
武家のお姫様なので、懐刀を挿しています。(この刀はちゃんと抜けるんですよ。)
ポニーテールみたいな髪型は今回が初めてです。髪飾りが可愛いです。
千姫に変身!

↓持参したカメラで写してもらった写真です。
千姫に変身!

享保雛に変身!

享保雛っぽく、目元を切れ長風にメイク直ししてもらいます。
衣装は白→薄緑→ピンク系(数枚重ねてある)→山吹色→黄色の表着→オレンジ色の唐衣と掛帯を順番に着せてもらいます。掛帯は肩のあたりで縫い付けてもらいます。
表着の下の衣装は物具装束の時と同じなのですが、上に着る衣装で印象が全く違います。
十二単は重くて、身体の向きを変えるのにも一苦労ですが、着ていてワクワクします。
享保雛に変身!

あらかじめお願いしていた小道具の桜を手に持ったり、バストアップで顔の周りにぼかしてもらったりしました。
定番のお雛様ポーズでは、後ろにぼんぼりを置いてもらいました。
おすべらかしに天冠を載せたら落ちるのではないかと思いましたが、しっかりと固定されているので動いても大丈夫です。

↓持参したカメラで写してもらった写真です。
享保雛に変身!

11:30より少し前にお店を出ました。
写真とデータCDは後日郵送してもらいました。
届いた写真を眺めながら、「次は細長がいいかな」「マロ眉もやってみたいな」「そういえば白拍子の扮装をまだしていない」などと考えています。

[↓Amazonへのリンクです↓]
 

↓前回の時代扮装体験記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2018年2月】「時代や」で神田祭の芸者に変身!【京都嵐山フォトスタジオ】

毎度おなじみとなった「時代や」さんでの時代扮装です。
今回は神田祭の芸者と鳶頭のキャンペーンで、芸者さんの扮装を体験しました。
鳶頭の衣装を見て歌舞伎の「お祭り」を思い出し、ちょっと着てみたくなったのですが、私の顔と体形では粋な鳶頭にはならないと思ったので、芸者の扮装だけにしました。
芸者と鳶頭を1人2役をした場合、オプションで写真を合成してもらえます。面白い企画だと思ったのですが、月代の鬘を被る勇気がなかったです。
鳶頭は白塗りでもできるそうですよ。(歌舞伎の「お祭り」の鳶頭は白塗りですね。)

ちょうど神戸に宿泊する予定があったので、その日の朝一に予約を入れました。
到着したらお隣が工事中で、道を間違えたかと思いました。

芸者の衣装は白と黒の2種類ありましたが、白い衣装を選びました。(お店の方の話では、黒の衣装を選ぶ人の方が多いそうです。)
黒も素敵だったのですが、白地に藍色の衣装が歌舞伎っぽいので、こちらにしました。(こんな粋な着物、普段は着られません。)
キャンペーンなので1カットの撮影がついています。私は1カット+片肌を脱いだ2カットを追加して、合計で4カット撮影しました。

 

[スポンサードリンク]

神田祭の芸者に変身!

まず、赤い襦袢を着せてもらいます。牡丹の柄が綺麗です。
次に白の着物を着せてもらいます。藍色で模様が入っていて、裾は薄いオレンジです。
赤くて柔らかい布(兵児帯?)を巻いて、その上に赤と黒の博多帯を締めてもらいます。帯揚げも赤色です。芸者さんの衣装だけあって、粋ですね。
平安装束の扮装が続いていたので、衣装が軽く思えました。
肩脱ぎをすると、赤い襦袢が見えてぱっと華やかになります。小道具の笠や扇子を持つと舞踊っぽくなります。(私は踊りの経験がないので、ポーズをとるのにもたもたしてしまいましたが…)

背景は白い着物が映える色にしてもらいました。
舞妓さんの時よりもお姉さんっぽいメイクで、同じ顔なのに違って見えるのが面白いです。
きれいに修正してもらえるので、それなりに見られる姿になってますが、持参したカメラで撮ってもらった写真はしっかり年増芸者でした。

帯を結ぶときに帯締めは使っていません。(「柳結び」という結び方でしょうかね。)
↓横向きと後ろ姿です。持参したカメラで写してもらいました。

今回も楽しかったです。

写真とデータCDを受け取って、11:00前にお店を後にしました。
JR嵯峨野線でで京都駅に戻り、JRの新快速に乗って、神戸の三ノ宮駅に移動します。
この区間はICカードが使えるので便利ですね。

↓前回の時代扮装体験記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2017年12月】嵐山、南禅寺付近で仏閣巡り(御朱印紹介)【京都嵐山・洛東日帰り旅②】

11:00前に「時代や」さんを後にして、天龍寺に向かいます。
途中で「りらっくま茶房」を見つけました。
メニューのサンプルを見たら、キャラクターの形をしていて可愛かったです。
今回は通り過ぎただけでしたが、いつか入りたいなぁ。

天龍寺

臨済宗天龍寺派大本山で、世界遺産に登録されています。
開基は足利尊氏、開山は夢窓疎石で、後醍醐天皇の菩提を弔うために創建されました。
『太平記』にはその辺りのことが描かれています。

[↓Amazonへのリンクです↓]

庭園と本堂の両方に入場しました。
冬なので葉まで散っていますが、春は桜が綺麗だろうと思います。
観光するなら春の桜の時期や秋の紅葉の時期がよいのでしょうが、私は冬の枯れた雰囲気も好きです。(何より、人が少ないのがいいです。)
寒いせいか、池の鯉の動きがゆっくりでした。
天龍寺

↓御朱印です。
天龍寺の御朱印

広いお寺なので、一通り見て回るのに1時間くらいかかりました。

「さくら餅 稲」で昼食

甘味処みたいで、お昼時は空いてました。
パフェが美味しそうでしたが、ゆばうどん(食事のメニューはこれだけ)を頼みました。
店内の暖炉に火がくべられていました。
ゆばうどん

嵯峨嵐山駅から移動して、地下鉄東西線の蹴上駅を目指します。
私は「地下鉄に乗るなら京都駅に戻らなくては…」と思い込んでいたので、京都駅まで移動して、烏丸線に乗り、さらに東西線に乗り換えるという時間の無駄をやらかしました。(帰りに駅の表示を見て、二条駅で地下鉄東西線に乗り換えることができると気付きました。)

金地院

南禅寺の塔頭の1つで、小堀遠州作の「鶴亀の庭園」が国の特別名勝に指定されています。
また、本堂(方丈)と東照宮は重要文化財です。
「黒衣の宰相」と呼ばれた以心崇伝(金地院崇伝)が住していたそうです。
金地院

静かで落ち着いた雰囲気がよかったです。
茶室「八窓席」(重文)の特別拝観もありましたが、時間が決まっているとのことで、今回は庭園のみ入場しました。
御朱印は受け付けていないそうです。

南禅寺 三門

事前にネットで調べて、年末は拝観停止になっているとわかっていたので、今回は三門の前を通り過ぎただけです。
歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と言う有名な場面の舞台となったところですね。
南禅寺 三門

小雨がぱらついてきたので、早歩きで次の目的地に向かいます。

永観堂(禅林寺)

浄土宗西山禅林寺派の総本山です。
御本尊は阿弥陀如来立像(重文)で、「みかえり阿弥陀」と呼ばれています。
「もみじの永観堂」と呼ばれていますが、紅葉は散っています。それでも、風情があって素敵なお庭でした。
永観堂(禅林寺)

池の中にある石の上で水鳥が丸くなっていました。可愛い。
こちらも広いお寺なので、1時間くらいかけて回りました。
永観堂(禅林寺)

↓御朱印です。
永観堂(禅林寺)の御朱印

続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]