【2019年11月】西村屋ホテル招月庭と温泉寺(御朱印紹介)~着物でお出かけ 城崎温泉~【兵庫県豊岡市①】

毎年、Iさんと城崎温泉、永楽館歌舞伎に行っています。
今年は電車で行くことになったので、約1カ月前にそれぞれ切符を購入しました。

京都駅のホームでIさんと落ち合って、特急きのさき5号に乗り込みます。連休最終日だからか、指定席は空いてました。
お弁当を食べながら2時間ほど電車に揺られて、城崎温泉に到着です。

城崎温泉

城崎温泉駅の向かいにある旅館案内所に荷物を預けて、旅館まで観光しながら歩きます。荷物は1つ200円で旅館まで運んでもらえます。(組合?に入っている旅館のみです。)

城崎温泉

温泉寺 薬師堂

今年はロープウェイで上には行きませんでしたが、薬師堂にはお参りしました。
風情のあるお寺です。

温泉寺 薬師堂

↓お堂の彫刻が素敵なんですよ。
温泉寺 薬師堂

↓御朱印です。
温泉寺の御朱印

瑠璃殿(薬師堂)の御朱印には、記念印も押していただきました。

 

[スポンサードリンク]

西村屋ホテル招月庭

今年は洋室です。洋室は初めてですが、広くて快適でした。
お部屋でゆっくりしてから浴衣に着替えて夕食です。

西村屋ホテル招月庭

旅館は浴衣で歩けるし、お部屋が広いので着付けもしやすく、着物で旅行するには絶好のコンディションだと思いました。

西村屋ホテル招月庭の夕食

カニの解禁前でしたが、茹で蟹とお刺身が出ました。
和牛のお肉が美味しいです。土瓶蒸しもお出汁がきいてました。
いちいち書いたらきりがないくらい、全部美味しかったです。

西村屋ホテル招月庭の夕食

日本酒飲み比べセットも頼んで、ほろ酔いでいい気分でした。
どれも飲みやすくて、お料理にも合ってました。

↓左奥のお酒が、色も味もウィスキーっぽくて不思議でした。
日本酒飲み比べセット

お部屋で酔いをさましてから、お風呂に入ります。

温泉

露天風呂、ジャグジー、サウナもあります。
ちょうど空いている時間に入れて良かったです。
お風呂上がりのオレンジジュースが美味しいです。(これが楽しみだったりします。)

朝風呂

翌朝は6:00前に起きて、朝風呂に入りました。
いつもより化粧のノリがいいような気がしました。

西村屋ホテル招月庭の朝食

朝食はバイキングです。
食べ過ぎました!

西村屋ホテル招月庭の朝食

チェックアウトして、永楽館に向かいます。

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

花柄の大島紬、白地に蔦と花模様の半幅帯(ポリエステル)、鶯色に千鳥模様の長襦袢に源氏香の柄のついた半衿です。根付はロシアのイースター・エッグです。
中にはあしべの汗取り襦袢を着ており、足元は足袋ックスと裏がゴムの草履です。

この日の着物

11月になりましたが、日中暑いので、長襦袢は爽竹にしようと思って準備していましたが、朝起きたらひんやりしていて、流石に爽竹は季節がら合わないと思って替えました。
着物は母が嫁入り道具として持ってきたものです。

この日の着物

そろそろ羽織の季節ですが、暑くなった時に脱ぎやすいショールにしました。
しかし、やはり歩くと暑いので、ほとんどショールは羽織らず、帯付きのままでした。
なので、チェックアウト時にキャリーケースにショールを入れて宅急便で送ってしまいました。

↓去年の城崎温泉の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2019年10月】品川付近で神社仏閣巡り(御朱印紹介)【東京ひとり歩き】

観劇の前に一足伸ばして、神社仏閣巡りをしてきました。
令和初日以来の久しぶりの神社仏閣巡りです。いつの間にこんなに月日が経っていたのでしょう…?
名古屋から新幹線に乗って品川駅で下車し、京急線に乗り換えて新馬場駅に向かいます。

品川神社

駅から歩いて数分のところに鎮座しています。落ち着いた雰囲気の神社です。
元准勅祭社として東京十社のひとつで、御祭神は天比理乃咩命、素盞嗚尊、宇賀之売命です。東海七福神の一社として、大黒天様を祀っています。
「北の天王さん」と呼ばれ、親しまれている神社です。

品川神社

↓御朱印です。
品川神社の御朱印

川沿いに少し歩きます。

 

[スポンサードリンク]

寄木神社(よりきじんじゃ)

工事中の建物の奥にひっそりと鎮座していました。
御祭神は日本武尊と弟橘姫です。
日本武尊が乗った船が嵐に遭った際の木片が流れ着き、漁民らが祀ったのが創祀とされています。
こじんまりとしていますが、境内社もありました。

寄木神社

荏原神社

こちらも静かな雰囲気の神社で、5柱の御祭神が祀られています。
「南の天王さん」と呼ばれ、東海七福神の中の一社として恵比須様を祀っています。
古来より祈願すれば叶わぬことはないと言われ、さまざまは御神徳があるそうです。

荏原神社

こちらで寄木神社の御朱印もいただけるとのことでしたが、社務所は無人でした。

再び京急線に乗って、泉岳寺駅で下車します。

 

[スポンサードリンク]

高輪神社

通りから少し奥に入ったところに鎮座しています。
御祭神は宇迦御魂神、誉田別命、猿田彦神です。
境内社には聖徳太子を祀っています。

高輪神社

↓御朱印です。
高輪神社の御朱印

泉岳寺

曹洞宗のお寺で江戸三ヶ寺の一つで、御本尊は釈迦如来です。
境内には、忠臣蔵で有名な浅野内匠頭と正室の瑤泉院、弟の浅野大学、赤穂浪士の墓所があります。
いつもお芝居で見ている浪士たちのお墓だと思うと、不思議な感じがしました。

泉岳寺

↓御朱印です。
泉岳寺の御朱印

御朱印を受けるには簡単な写経が必要です。
私は字が汚いので、真面目に習字をしておくべきだったとことあるごとに思います。

↓以前の東京の神社仏閣巡りの記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2019年5月】豊橋で神社巡り(御朱印紹介)【着物でお出かけ 三河②】

JR三河一宮駅から電車に乗って、豊橋駅に向かいます。(実は、豊川から豊橋までJRで移動できることを初めて知りました…)
駅に券売機がないので、列車内で車掌さんから切符を買いました。
豊川駅で、ICカードの処理を済ませます。
すでに16:00を回っていましたが、境内は参拝自由のところが多いので、Nさんのスマホのナビを頼りに神社に向かいます。(豊橋駅の駅前は道路が入り組んでいてわかりづらいです。)

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)、吉田天満宮

街中に、2つの神社が隣接しています。
白山比咩神社の御祭神は、菊理姫神と伊弉冉尊の2柱です。
境内には、寛永通宝を鋳造するための銭座が設けられていたようです。
吉田天満宮の御祭神は菅原道真公です。

白山比咩神社、吉田天満宮

神主さんが境内にいらしたので、御朱印をいただくことができました。

↓御朱印です。
白山比咩神社、吉田天満宮の御朱印

ナビ機能を頼りにさらに歩きます。
風は強かったですが、暑くもなく寒くもなく、よい参拝日和でした。

吉田神社

手筒花火発祥の地で、御祭神は素戔嗚尊です。
毎年7月の第3金曜日に、豊橋祇園祭で手筒花火が境内に奉納されます。

吉田神社

↓御朱印です。境内社の金柑丸稲荷社の御朱印もいただけます。
吉田神社、金柑丸稲荷社の御朱印

↓豊橋市美術博物館企画展「吉田天王社と神主石田家」開催記念の限定御朱印です。
吉田神社の御朱印

 

[スポンサードリンク]

久遠チョコレート

以前、名鉄が毎月発行しているフリーマガジン「Wind」で紹介されていたお店です。
チョコレートの試食ができるのが嬉しいです。
たくさん種類があって迷いましたが、久遠テリーヌのミルク、ホワイト、リッチベリーを購入しました。

久遠チョコレート

Nさんはこの後静岡に移動するというので、少し早い夕食にしました。
しっかりしたディナーではなく、お酒を飲みながらちょっとつまめるようなお店を探します。

スペイン食堂 がぶ飲みワイン バルダモンデ

土地勘もなかったので、Google検索で見つけたお店に入りました。
カウンター以外は予約で埋まっているようで、広いお店ではないですが、満席でした。
スペイン産のワインを飲みながら、アヒージョなどのスペイン料理を楽しみました。
白いサングリアが飲みやすかったです。

↓注文したメニューのごく一部です。

どの料理も美味しかったですが、特にスペアリブが美味しかったです。(すでに酔っぱらっていて写真は撮っていません。)
ただし、酒飲み2人でこういうお店に入ると、料金は高くなります。
連休唯一の贅沢でした。

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

グレーのサマーウールの着物、臙脂色とクリーム色の博多織の半幅帯、パステルグリーンの二部式襦袢に薄緑の半襟です。キツネの根付をつけています。
着物は祖母のおさがりです。
足袋ックスを履いて、インドで買った藤色のスカーフを羽織りました。

この日の着物

もこもこした素材なので、おはしょりの処理に大苦戦。さらに、久しぶりの半幅帯に悪戦苦闘でした。
文庫結びしかできないので、貝ノ口くらい結べるようになりたいです。
正絹の着物だと、きしめんを食べたりバルに入ったりは躊躇しますが、洗える素材なので気軽にお出かけできるのがよいです。

↓以前、着物で出掛けたときの記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]