【2018年12月】呉服屋さんのクリスマス会【着物でお出かけ】

今年も呉服屋さんが主催するクリスマス会に行ってきました。
着物を着て、美味しい物を食べて、抽選会などを楽しむ会で、着物の販売会ではありません。

グランドティアラ安城

会場は去年と同じでグランドティアラ安城です。
クリスマスツリーが飾られていて、綺麗でした。

↓去年もいたクマさんと再会。
クマさんと

お料理も美味しかったです。
ワインをいただいて、ほろ酔いでした。

グランドティアラ安城のお料理

この日の着物

総絞りの訪問着、松と桜が描かれた染帯、朱色の地にテディベアの長襦袢にヒイラギっぽい半衿、紅色に絞りの帯揚げ、ベージュに金糸の入った帯締め、帯留はブーツのブローチです。寒いので、レギンスを履いています。

訪問着の下に着るにはカジュアルな長襦袢ですが、なんでもありの呉服屋さんのパーティなので、あまり着物の格などは気にせずに着ています。
源氏香の柄のついた道中着を羽織りました。

去年のクリスマス会とほぼ同じコーディネートです。
訪問着を着る機会が少なく、こういうときに着ようと思うので、いつも似たようなコーディネートになってしまいます。
絞りの着物はもこもこしていて、おはしょりの処理が難しいです。

 

[スポンサードリンク]

別の日に京都へお出かけ

京都に出かける用事があったので、街歩きをしようと思っていたのですが、着付けに時間がかかってしまい、待ち合わせ場所に直行でした。
備忘録として、その日の着物を載せておきます。

↓通り道の八坂神社です。
八坂神社

その日の着物

薄緑の色無地(地模様は「源氏物語」に関する花と源氏香)、茶色に金の狛犬?と鳳凰の模様の袋帯、クリーム地に桜模様の長襦袢、源氏香の半衿、薄紫の帯揚げ、薄黄緑の帯締めです。
赤い絞りの羽織を着ました。(母が結婚する時に持参した羽織です。) 羽織紐は100均のパワーストーン?で作りました。
全体にクリスマスっぽい色にしてみました。

袋帯は呉服屋さんの新古品&リサイクルセールで買ったのですが、短くて締めるのに四苦八苦。ものすごく時間がかかりました。
↓ラブラドール・レトリバーみたいですが、狛犬らしいです。
袋帯

ブローチを帯留めに

先日、アンティークマーケット吹上の「Le Ciel」で購入したベルの形のブローチを帯留め代わりにしました。
ブローチの針が短くて帯留金具の筒に通らなかったので、ビーズ細工に使うテグスで帯留金具に固定しました。

ブローチを帯留めに

↓こんな感じになりました。
ブローチを帯留めに

↓去年のクリスマス会の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2018年11月】着物でお出かけ 京都神社仏閣巡り(御朱印紹介)【京都ひとり歩き】

京都に出かける用事があったので、早めに家を出て、神社仏閣にお参りに行きました。
京都駅から地下鉄に乗って、鞍馬口で下車します。

御靈神社(上御霊神社)

「上御霊神社」は俗称で、正式名称は「御霊神社」です。下御霊神社に対応して、上御霊神社と呼ばれているようです。
御祭神は八柱の神様(八所御霊大明神)です。
落ち着いた雰囲気の神社でした。見事な菊の花が飾られていました。

御靈神社(上御霊神社)

↓御朱印です。紋菓も一緒にいただけます。
御靈神社(上御霊神社)の御朱印

近くにはいくつかのお寺がありましたが、時間帯のせいか人がいなかったです。

 

[スポンサードリンク]

相国寺

臨済宗相国寺派の大本山で、御本尊は釈迦如来です。
室町幕府三代将軍の足利義満が後小松天皇の勅命により創建したお寺で、開山は夢窓疎石です。
開山堂が秋の特別拝観中でした。

相国寺

まずは法堂で御本尊様にお参りして、天井の蟠龍を拝観します。お寺の方が丁寧に説明してくださって良かったです。
所定の位置で手をぱんと叩くと、バリバリ…と響いて聞こえました。

↓御朱印です。
相国寺の御朱印

京阪電車で四条駅に向かいます。
新しくなった南座の前を通りました。
この辺りを歩くのは久しぶりで、しばらく来ないうちに周辺のお店が替わってました。

南座

仲源寺

四条通にひっそりとたたずむお寺で、御本尊は地蔵菩薩です。お地蔵様は「目疾(めやみ)地蔵」と呼ばれており、眼病にご利益があるそうです。
通りがいつも混雑している中、ほっとできる空間です。(写真を撮るのを忘れてました。)
以前、お地蔵様の御朱印をいただいたので、今回は洛陽三十三所観音霊場の御朱印をいただきました。

↓御朱印です。
仲源寺の御朱印

その後、某所のお食事会に参加しました。

↓帰り道で大きな白クマさんを見かけました。
大きな白クマさんを

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

加賀友禅の訪問着、丑首紬の袋帯、白地にぼかしの入ったセミフォーマルの長襦袢、少し派手な桜の刺繍の半衿、薄紫と薄臙脂の型染の帯揚げ、薄紫とベージュの帯締めです。
パールのブローチを帯留め代わりにしました。

この日の着物

京都は人通りが多いので、帯を引っ掛けないように、臙脂色に亀甲模様と梅模様の道行き羽織りました。(母が結婚する時に持参した着物です。)
秋だというのに、思ったより暑くて、またも汗ぐっしょりでした。
袷の季節が終わったら、訪問着を汗抜きに出します。
訪問着を着る機会はなかなかないのですが、年に1回は袖を通したいところです。

↓以前の京都巡りの記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2018年11月】「くすむら」の豆腐懐石と文化のみち(二葉館、橦木館)【着物でお出かけ 名古屋】

呉服屋さんのお出かけイベントに参加しました。
今回は街歩きメインのはずでしたが、あいにくの雨模様であまり外を歩けなかったのが残念です。

「くすむら」の豆腐懐石

どれも上品な味付けでとても美味しかったです。
全てのメニューを食べ終わる前にお腹いっぱいになりましたが、美味しいので完食でした。
特に、胡麻豆乳鍋は胡麻の風味が香ばしく、お肉が柔らかくて絶品でした。

「くすむら」の豆腐懐石

食事後、文化のみちを散策します。

二葉館 旧川上貞奴邸

“日本初の女優・川上貞奴さんと、 “電力王”福沢桃介さんの邸宅を移築・復元した建物です。川上貞奴さんや城山三郎さんの関連資料などが展示されています。
広間のステンドグラス、丸い壁に沿ったソファー、らせん階段等があって、素敵な建物でした。
2階では、現代作家さんのステンドグラスの作品が展示されていて、綺麗でした。

二葉館 旧川上貞奴邸

橦木館

輸出陶磁器商の井元為三郎さんの旧邸です。
ちょうど津軽三味線のコンサートの最中でした。
津軽三味線をちゃんと聞いたのは初めてです。意外とアップテンポなんですね。
家元さんのトークも面白かったです。(物まねはネタが古すぎて、私にはわかりませんでしたが、笑ってる人が結構いました。)
お庭がきれいでしたが、雨なので、縁側から眺めるだけにしました。

橦木館

その後、市バスで名古屋駅に戻り、帰宅しました。

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

黒地に楽器の絵が描かれた名古屋帯、鶯色の生地に千鳥柄の長襦袢、細かい源氏香の模様が入った半衿、ピンクに水玉模様とワンポイントで猫の刺繍が入った帯揚げ(猫の刺繍は上手く表に出せず、隠れてしまいました…)、ピンクと赤の三部紐です。
前回のお出かけの時に「きなりがらす」さんで作った帯留をつけてます。

着物

雨予報だったので、防水加工がしてある青緑色の塵除けコートを羽織って出掛けました。写真ではわかりにくいですが、シースルーです。(ナイロンの雨コートほど蒸れないので、快適でした。)

着物

だいぶ涼しくなり、着物を着るのにちょうどよい季節になりました。
私は汗っかきなので、着物を着る日は少し寒いくらいの方が嬉しいです。

↓以前、着物でお出かけした時の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]