【2018年9月】<追記>「きなりがらす」と「銀座アスター」と大須の神社仏閣巡り(御朱印紹介)【着物でお出かけ 名古屋】

小雨がぱらつく天気でしたが、せっかく名古屋まで出るので、イベント前に大須の神社仏閣へお参りに行くことにしました。
お店が開く前なので、大須の商店街は人が少なくて歩きやすかったです。

萬松寺

9:00過ぎに到着しました。この日は縁日限定の御朱印がいただけます。
御朱印受付には数人が並んでいて、30分待ちでした。御朱印帳を預けて、いったん外に出ました。

萬松寺

↓縁日限定の仏画の御朱印(見開き)と金色の文字の御朱印です。
萬松寺の限定御朱印

他にもカラフルな書き置きの限定御朱印がありました。

三輪神社

こちらも御朱印受付に数人が並んでいて、30分待ちだったので、御朱印帳を預けていったん外に出ました。

三輪神社

↓9/18~9/30限定「秋分の日の星野くん」(見開き)の御朱印です。
三輪神社の御朱印

↓9/22~10/中限定「十五夜」(見開き)の御朱印です。
三輪神社の御朱印

↓9/15~?限定「うさぎのお月見」と9月限定「重陽の節句」の御朱印です。
三輪神社の御朱印

 

[スポンサードリンク]

大須観音(宝生院)

こちらには何度か訪れています。
境内で鳩が羽を休めてました。

大須観音(宝生院)

↓御朱印です。今回はご本尊様の御朱印をいただきました。
大須観音(宝生院)の御朱印

七寺

4年振りにお参りしました。
こじんまりとした境内にお堂と鳥居が並んでいます。

七寺

↓御朱印です。
七寺の御朱印

名鉄百貨店のレストラン街に向かい、お出かけイベントと合流です。

「銀座アスター」でランチ

麻婆豆腐かと思ったら、蟹、うに、湯葉などが入っていて、上品な薄味でした。
デザートがないのが残念でした。

「銀座アスター」でランチ

名古屋駅からあおなみ線に乗って、金城ふ頭駅で下車します。
外はすっかり晴れて、日傘がほしいくらいの天気になりました。

メーカーズピア

「きなりがらす」でガラス細工作成体験

メーカーズピアにある「きなりがらす」さんでガラス細工の作成体験をしました。
小さなガラスを並べて、ブローチやピアスを作ることができます。私は帯留め金具をつけたかったので、加工はなしにしました。
出来上がったら、呉服屋さんに届けてもらいます。

<追記>
↓届きました。
「きなりがらす」でガラス細工作成体験

帯や帯締めの色に合わせやすいように、とにかくたくさん色を使って華やかにしたかったのですが、まとまりがないかも…

↓帯留め金具をつけました。
「きなりがらす」でガラス細工作成体験

その後、ふらっとお店を見て回ります。体験型のお店が多いように思いました。
あおなみ線で名古屋に戻ります。

 

[スポンサードリンク]

JR高島屋の北海道展

帰りにJR高島屋の北海道展に立ち寄って、、六花亭のマルセイバターサンド、ロイズのポテトチップスチョコレートとフルーツバーチョコレートを買って帰りました。
本当はもっといろいろ見たかったのですが、歩き疲れていたので、混んでいる催事場を歩き回る気力がなかったです。

JR高島屋の北海道展

この日の着物

紫のグラデーションっぽい米澤紬の単衣、ピンク地に花柄の染の名古屋帯、爽竹の長襦袢に黒猫の半衿(反対側を表に出すと、白猫の半衿になります)、黄緑にインコ柄の帯揚げ、緑の三部紐、ガラスにコスモス柄の帯留です。
裏がゴムの雨用草履を履きました。

この日の着物

午前中は天気があやしくて雨ゴートを着ていたため、サウナスーツ状態で暑かったです。(汗取り襦袢を着なかったのは失敗でした…)
家に帰って着替えたら、着物が汗でぐっしょりしていたので、翌日にお手入れに出しました。汗抜きも一緒にしてもらいます。
爽竹の長襦袢はその日のうちに手洗いして、干しておきました。

↓以前、着物でお出かけした時の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2018年8月】新橋演舞場で新作歌舞伎「NARUTO-ナルト-」を着物で観劇【東京日帰り旅】

久しぶりの歌舞伎なので着物を着ていきたくて、5:00に起きて着付けをして家を出ました。
JR有楽町駅から日比谷駅まで歩いて、地下鉄日比谷線に乗ろうと思ったら、日比谷口が閉鎖中…
仕方がないので銀座口から出たら、銀座駅の入り口がありました。
地下街を歩いていると、日比谷線を見つけたので、一駅ですが、地下鉄に乗りました。
東銀座駅で下車して、新橋演舞場まで歩きます。

新作歌舞伎「NARUTO-ナルト-」

ジャンプの漫画の歌舞伎化だけあって、客席には若い人が多かったです。
主人公のうずまきサスケ役は坂東巳之助さん、ライバルのうちはサスケ役は中村隼人さん、ヒロインの春野サクラ役は中村梅丸さんという超花形です。現代風の衣装なのに、梅丸君演じるサクラがちゃんと女の子に見えました。女形恐るべしですね。

原作漫画は読んだことがありませんが、スピーディな展開で、面白かったです。
メインキャラは超花形ですが、市川猿弥さん、市川笑三郎さん、市川笑也さんが「伝説の三忍」で登場するので、安心して見ていられます。

新作歌舞伎「NARUTO-ナルト-」

はたけカカシ役の嘉島典俊さん、うちはイタチ役の市瀬秀和さんなど、歌舞伎役者ではない俳優さんも出演されてます。雰囲気があって素敵な役者さんでした。立ち回りが歌舞伎と違って速くて鋭いです。
ラスボスのうちはマダラは市川猿之助さんと片岡愛之助さんのダブルキャストで、私は愛之助さんが出演する昼の部を観劇しました。さすがの存在感で、倒された後の仏倒れは圧巻でした。

大詰めナルトとサスケの対決では、舞台に滝ができていて、本水がザーザー降ってました。
私は2列目だったので、席にビニールシートが置いてありました。
多少水が飛んできましたが、着物を濡らさずに済みました。

最初は「ジャンプ漫画の歌舞伎化ってどうなのかな?」と思っていましたが、漫画を知らなくてもストーリーがわかるようにできていて、楽しかったです。

サスケ弁当を食べました

劇場についてから、まずお弁当を買いました。
見た目はナルト弁当の方が可愛かったのですが、ヘルシーそうなサスケ弁当にしました。
美味しかったです。

サスケ弁当

帰りも銀座駅にまで地下鉄で出て、JR有楽町駅まで歩き、東京から新幹線に乗って帰りました。
本当は幼馴染とお茶する予定でしたが、土曜出勤でトラブっていたようで、今回は会えませんでした。

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

ブルーグレーと薄い黄色の夏着物、紫地に宝の地図が描かれた名古屋帯、爽竹の長襦袢にビーズの半衿、レモン色の帯揚げ、ミント色の帯締め、ひまわりの帯留です。根付には五枚銀杏の模様が入っています。
長襦袢の下はあしべの汗取り襦袢です。帯板、帯枕は夏用で、足袋はレース足袋です。草履は夏用ではありません。
着物の上に薄手のショールを羽織りました。

この日の着物

いつものごとく、汗取り襦袢と爽竹の長襦袢はその日のうちに手洗いして、室内に干しておきました。
夏物の季節もそろそろ終わりなので、着物と帯はお手入れに出します。

↓以前、着物でお出かけした時の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2018年8月】熱田の「賀城園」のランチと三輪神社の8月の御朱印【着物でお出かけ 名古屋】

ウズベキスタン旅行記の途中ですが、こちらから書きます。

名古屋では数日前に40℃越えの最高気温を記録し、この日も39℃を超えるという猛暑の中、呉服屋さんのお出かけイベントに参加しました。
名鉄の神宮前駅にお店の送迎バスが来てくれるので、炎天下を歩く距離は少ないです。

「賀城園」のランチ

全体的に薄味で、上品な味付けでした。天ぷらがさくさくで美味しかったです。
お料理は美味しかったのですが、お品書きがなかったり、お料理の説明がなかったりなど、お値段の割にサービスが少し物足りなかったです。

「賀城園」のランチ

食事の後、お庭を歩くこともできます。(やぶ蚊がいるので要注意です。家に帰ったら、足を5ヶ所も食われてました。)
ロビーに青い胡蝶蘭が飾ってありました。

「賀城園」

三輪神社

せっかく名古屋まで出たので、帰りに三輪神社にお参りに行きました。
大須祭りだから激混みかと思いきや、時間が遅かったからか、猛暑で外出を自粛している人が多いのか、待ち時間は15分程度でした。
駅や街中もいつもより空いているように感じました。

三輪神社

↓左から、8月限定の星野君とひまわりの御朱印、8月限定「ひまわり(通常)」の御朱印、8月限定?「金魚」とスキューバするだいちゃんの御朱印を見開きでいただきました。
三輪神社の御朱印

↓左から、8/4からの限定御朱印「御神体の三輪山(山の日)」、8月限定「風鈴」の見開きの御朱印です。
三輪神社の御朱印

8/4と8/5の大須祭りの日は、「風鈴」の御朱印の赤提灯に「大須」の文字を入れていただけます。

宮司さんに暑さに負けないようにおまじないをかけていただいたので、この先仕事が忙しくなりますが、なんとか頑張れると思います。

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

染大島の夏着物、博多織の名古屋帯、爽竹の長襦袢にビーズの半衿、藍色の帯揚げ、藍色にしぼりの帯締めと琉球ガラスの帯留です。長襦袢の下にはあしべの汗取り襦袢を着ています。帯板、帯枕は夏用です。
足袋はレース足袋ですが、草履は通常のものです。
着物の上には薄手のショールを羽織りました。

この日の着物

↓草履はお店のものです。
この日の着物

家に帰って着替えたら、汗取り襦袢が汗をたっぷり吸いこんでました。
汗取り襦袢と爽竹の長襦袢はその日のうちに手洗いして、干しておきます。
夕方の1時間くらいでほぼ渇きました。

↓以前、着物でお出かけした時の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]