【2019年11月】時代やで紫天神と振袖太夫に変身!【日帰り京都】

お久しぶりの「時代や」さんです。
ずっと行きたかったのですが都合がつかず、気が付いたら10カ月近く経っていました。(月日の流れは早いです…)
今回のキャンペーンは『傾城-紫天神・振袖太夫・花魁』で、運よく期間が延長されたので、一週間ほど前に申し込みました。
3種類の扮装ができますが、花魁の衣装は何度か着ているので、2着プランで紫天神と振袖太夫を選びました。

当日、紅葉にはまだ早かったのですが、新幹線は混んでました。
京都で乗り換え、嵯峨嵐山駅で下車します。いつもは座れるのですが、この日は混んでいて立ってました。
やはり、秋の京都は人が多いです。

いつも通り、シートに必要事項を記入して、衣装、背景、ポーズを決めます。
前日から腰痛を発症したため、体をひねるポーズがとれなかったのが残念です。
振袖太夫と紫天神でそれぞれ2カット追加しました。全てデータを付けてもらえるようお願いしました。

 

[スポンサードリンク]

振袖太夫に変身!

まずは、振袖太夫からです。
赤い振袖に緑色の帯を引き結びにしてもらいました。
白の振袖に島原結びの帯も素敵でしたが、普段には着られない色を着ようと思ってに赤い振袖にました。
背景は豪華な孔雀の屏風で、金色に振袖の赤が映えますね。

振袖太夫に変身

↓持参したカメラで撮ってもらった写真です。
振袖太夫に変身

目をつぶらないようにと気をつけるあまり、カッと見開いてしまう癖をそろそろ何とかしたいです。

 

[スポンサードリンク]

紫天神に変身!

憧れの紫天神です。
歌舞伎でもたまに出てくる花魁のくつろぎ姿で、鬘に紫縮緬がついています。
また、シケ(ほつれ毛)があるのもよいです。
透け感のある紫の着物も素敵でしたが、私は水色に梅の柄の着物にしました。
背景は枕屏風に替えてもらいました。

紫天神に変身

↓持参したカメラで撮ってもらった写真です。
紫天神に変身

綺麗な着物を着るとテンションが上がります。
久しぶりに楽しかったです。

お会計を済ませて、11:00過ぎにお店を後にしました。
写真とデータは郵送してもらう予定でしたが、次のキャンペーンで来店した時に受け取りました。
毎度のことながら、きれいに修正してもらえて嬉しいです。

JR嵯峨嵐山駅でNさんと待ち合わせて、山科駅に向かいます。

↓前回の時代扮装体験記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2019年9月】南座の「東海道四谷怪談」を着物で観劇しました【日帰り京都】

新幹線で京都まで移動して、在来線を乗り継いで南座へ向かいます。
あいにくの雨予報でしたが、朝起きてどしゃ降りでなければ着物で行こうと決めてました。(雨予報だからと洋服にしたら結局降らなかったと、いうことがままあるので。)

南座 九月花形歌舞伎

着付けに時間がかかってしまい、ちょうど開場時間に到着しました。
人気役者が揃っているからか、満員御礼でした。

南座 九月花形歌舞伎

通し狂言 東海道四谷怪談

関西では26年ぶりとのことですが、傘寿記念の竹三郎さんの会で上演していますね。
(その時の伊右衛門役は仁左衛門様でした。)

民谷伊右衛門は愛之助さん。
ただかっこいいだけの悪い男で、元は塩冶の家臣です。
悪人なのは確かですが、割と行き当たりばったりというか、流されやすいタイプのような気がします。
お梅ちゃんとの祝言を断ったあたりまではお岩様への愛情が残っていて、崩れた顔を見て耐えられなくなったのではないかと思ってます。

 

[スポンサードリンク]

 

お岩様、佐藤与茂七、小仏小平の3役を七之助さん。火のついた提灯を抜けたり、宙乗りしたり、早替わりしたり、とにかく大活躍でした。
伊藤家から送られた“血の道の妙薬”(実は毒薬)を1粒も無駄にしないように飲む姿が切ない… それゆえ、騙されたと知った時の怒りはすさまじかったですね。

直助権兵衛は中車さん。
クセのある役がお似合いでした。
見せ場になるであろう三角屋敷の場が上演されなかったのが残念です。
役柄上仕方ないとはいえ、最後の「これぎり」に登場しないのは寂しいですね。

そして、按摩宅悦に上方歌舞伎塾の卒塾生の千次郎さん。(これって大抜擢ですよね?)
伊右衛門さんとお岩様にアレコレ用事を言いつけられて大変そう。
甲斐甲斐しく世話を焼く、人の好さそうな感じが出てました。

物語はわかりやすく、客席を驚かせる趣向があり、仕掛けも満載で面白かったです。
終演後、寄り道せずに帰りました。(ちょっと勿体なかったかな。)

 

[スポンサードリンク]

この日の着物

クリーム色に染めと金彩の入った付け下げ、茶色と薄紫に白が散らしてある袋帯、爽竹の洗える長襦袢に扇や菊の刺繍が入った半衿、臙脂色のグラデーションに花柄の帯揚げ、茶色とクリーム色に紫の柄が入った帯締めです。
着物の上には青緑のシースルーの塵除け(撥水加工済)を羽織り、中にあしべの汗取り襦袢を着ています。
雨予報だったので、付け下げには少し合わないと思いつつも裏がゴムの草履を履きました。結局降られなかったので、別の草履にすればよかったなぁ。

この日の着物

フォーマルにも着れるような単がほしいと思って仕立てた付け下げですが、2年ほど箪笥の肥しでした。
袖を通さないままもうひと冬越してしまっては着物が可哀相だと思って着ていきました。
銀杏にパールのついた銀のブローチを帯留め代わりにしようと思っていたのですが、そうすると帯締めの模様がお太鼓の中に入ってしまい、すごく地味になるのでやめました。

新幹線が暑くて汗をかいたので、着物はお手入れに出す時に汗抜きをお願いしようと思います。
長襦袢はその日のうちに洗ってます。

↓前回の歌舞伎観劇の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2019年1月】京都五条付近で神社仏閣巡り(御朱印紹介)【京都・大阪ひとり歩き②】

年明けから残業続きで疲れているし、一泊分の荷物があるし、さっさとホテルに行こうかも思いましたが、さすがに時間が早いので、当初の予定通り神社仏閣巡りをすることにしました。
残業すると間食が増えるし、夕食をとる時間が遅くなるし、どうしても太るので、カロリー消費のためにも歩きます。
まず、京都駅でバスに乗って五条に向かいます。
バスの経路を詳しく調べていなかったので、1つ手前のバス停で降りてしまいました。

六道珍皇寺

「六道さん」と呼ばれているお寺で、御本尊は薬師如来です。
閻魔堂(篁堂)には、弘法大師、小野篁、閻魔大王が祀られています。
小野篁が冥府に通うときに入口にしたと伝わる井戸が有名です。門前辺りが「六道の辻」にあたるそうで、何とも言えない雰囲気があります。

六道珍皇寺

ちょうど特別拝観(初ゑんま詣)をしていたので、拝観してきました。
受付に御朱印帳を預けて拝観します。お線香の引き換え券をいただけるので、お線香をあげてきました。
特別拝観の日によって、書置の御朱印が変わるようです。

↓御朱印です。限定の紺紙金泥御朱印は閻魔大王をいただきました。
六道珍皇寺の御朱印

六波羅蜜寺

空也上人が開基、御本尊は十一面観音です。
3年振りの参拝です。以前は宝物館には入らなかったので、今回は拝観しました。
有名な空也上人像、平清盛坐像があります。

六波羅蜜寺

本で空也上人像を見た時はありがたさよりも不気味さを感じたのですが、宝物館が明るいためか、不気味さは感じなかったです。また、思っていたより小さかったです。

↓御朱印です。都七福神めぐりの御朱印もいただけます。
六波羅蜜寺の御朱印

 

[スポンサードリンク]

若宮八幡宮

大通りに面していますが、境内は落ち着いた雰囲気でした。
御祭神は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后です。
境内には足利義満が奉納した手水鉢があります。
縁結びの木や美人お守りなどもあるので、女性がふらっとお参りするのによいかもしれません。

若宮八幡宮

↓御朱印です。
若宮八幡宮の御朱印

いよいよ坂を上がって、清水寺に向かいます。
10年以上前に一度参拝したことがありますが、ずいぶんと記憶が薄れていました。

清水寺

「清水の舞台」で有名なお寺ですが、現在は本堂の檜皮屋根葺き替え工事中です。
御本尊は十一面観音です。

清水寺

↓御朱印です。御本尊様と御詠歌の御朱印をいただきました。
清水寺の御朱印

地主神社

境内に鎮座している神社で、主祭神は大国主命です。縁結びにご利益があるそうです。
明るくライトアップされており、せまい参道は参拝客でごったがえしていました。
御朱印は扱っていないそうです。

地主神社

 

[スポンサードリンク]

阿弥陀堂

法然上人が日本で最初に常行念仏道場とした場所で、御本尊は阿弥陀如来です。

↓御朱印です。
阿弥陀堂の御朱印

音羽の滝

御本尊は不動明王です。
3筋に分かれて清水が落ちていて、それぞれ御利益が違うようです。
「学業上達」「恋愛成就」「延命長寿」の中から、最も叶えたい願いのお水を飲むと御利益があるそうで、参拝客が列になっていました。

↓御朱印です。
滝ノ堂の御朱印

五条駅で京阪電車に乗って、淀屋橋で地下鉄に乗り換え、難波に向かいます。
電車賃の安さにビックリしました。(愛知は競争がないからか、電車賃が高過ぎます。)
この日は難波のホテルに泊まりました。

↓以前、京都で神社仏閣巡りをした時の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]