【2018年1月】歌舞伎座で壽初春大歌舞伎~高麗屋三代襲名~を観劇【東京ぶらり歩き②】

木挽町広場もお正月飾りでおめでたい雰囲気でした。
1月の襲名披露興行だけあって、綺麗なお着物をお召しの方が多かったです。普段より訪問着率が高かったように思います。失礼にならない程度に、チラチラと横目で見て目の保養をしてました。
白鸚夫人らしき女性もお見かけしました。上品で美しかったです。
木挽町広場

「壽初春大歌舞伎」夜の部観劇

双蝶々曲輪日記 角力場

七之助さんの吾妻が可愛かったです。
愛之助さんは与五郎と放駒の一人二役でした。上方の役者さんだけあって、つっころばしが上手いですね。
芝翫さんの濡髪は中に着込んでいるのでしょうが、本当に大きく見えました。

襲名披露 口上

役者さんがずらりと並ぶ様は壮観でした。
白鸚さんが「安倍内閣総理大臣が客席に…」とおっしゃると、客席は皆振り返ってました。
安倍総理は口上と勧進帳を観劇していて、幕間にオバサマ方から握手攻めにあってましたが、にこやかに応じてました。SPもいましたが、オバサマ方を押しとどめるようなことはなかったです。
壽初春大歌舞伎

歌舞伎十八番の内 勧進帳

幸四郎さんは気合い十分、染五郎さんは上品できれいでした。
四天王が歌六さん、翫治郎さん、芝翫さん、愛之助さんと豪華でした。
そして、吉右衛門さんの富樫左衛門が素晴らしかったです。(流石人間国宝!) 富樫は、義経を呼び止めて刀に手をかける時に、長袴がバサーッと前に広がって決まるところがきれいなんですよね。

相生獅子

扇雀さんと孝太郎さんの踊りが優雅で綺麗でした。

三人形

傾城の雀右衛門さん、奴の又五郎さん、若衆の翫治郎さんの踊りです。こちらも綺麗でした。

この日はビジネスホテルに泊まって、翌日に昼の部を見ました。
めでたい焼きも食べましたよ。
めでたい焼き

 

[スポンサードリンク]

「壽初春大歌舞伎」昼の部観劇

箱根霊験誓仇討

愛之助さんは昼の部でも一人二役で、悪い敵役と忠義の奴を演じてました。秀太郎さんと共演しているところを久しぶりに見たような気がします。
勘九郎さんと七之助さんが夫婦の役で、お似合いでした。
それぞれキャラは立っているのですが、物語として盛り上がりに欠ける感じでした。

七福神

短いですが、おめでたい舞踊でした。
御朱印巡りをするようになって七福神を覚えたのですが、それぞれの拵えがイメージにぴったりでした。

菅原伝授手習鑑 車引

幸四郎さんの松王丸はすっきりと、勘九郎さんの梅王丸は力強く、七之助さんの桜丸は上品でした。
高麗屋さんの襲名なので、もちろん東京の型でした。
梅王丸の刀は東京では3本、上方では2本です。どちらの型も演じたことのある愛之助さんが「刀3本差すのは苦しい」とお話していたことを思い出しました。

菅原伝授手習鑑 寺子屋

白鸚さんの松王丸、梅玉さんの武部源蔵です。
お芝居は素晴らしいのですが、罪のない子を身代わりにして首を落とすというのが、どうも好きになれません。(でも、役者さんにつられて泣いちゃうんですよね。)
猿之助さんが涎くりで出演していました。事故には吃驚しましたが、復活されたようで、こちらもおめでたいですね。
壽初春大歌舞伎

↓以前の歌舞伎観劇の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2018年1月】月島の神社ともんじゃ焼き(御朱印紹介)【東京ぶらり歩き①】

歌舞伎座に高麗屋さんの三代襲名を見に行きました。
その前に、東京に住んでいる幼馴染と月島で待ち合わせて、神社仏閣巡りをしました。

隅田川沿いを歩き、佃公園を通り抜け、静かな街並みを歩きます。
佃公園

住吉神社

御祭神は住吉三神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)、息長足姫命(神功皇后)、東照御親命(徳川家康)です。
鳥居に飾られている陶製の扁額の文字は有栖川宮幟仁親王の筆だそうです。
お稲荷さんなどの境内社がありました。
お神輿も飾られていました。
住吉神社

↓御朱印です。境内社の龍神社の御朱印もいただけます。
住吉神社と龍神社の御朱印

オリジナルの御朱印帳もありました。

「錦」のもんじゃ焼き

月島まで来たので、お昼はやっぱりもんじゃ焼きです。
幼馴染みが職場の人にオススメされたというもんじゃ屋さん「錦」に入りました。
大通りから外れたところにあるこじんまりとしたお店です。なんとなく、もんじゃ焼きはこういうお店の方が美味しいのではないかというイメージがあります。
店内には有名人のサインなどが飾られていました。
「錦」

1番人気だという「もち明太子もんじゃ」と2番人気だという「お!石狩」(鮭が入ってます)を頼みました。
私も幼馴染ももんじゃ焼きになれていないので、お店の方に焼いていただきました。
お腹いっぱいになりました。(1つじゃ物足りないけれど、2つだと少し多いかなぁ。)
「錦」のもんじゃ焼き

月島観音堂(月島開運観世音)

月島もんじゃストリート(月島西仲通り商店街)のビルの通路の奥に鎮座しています。
御本尊は観世音菩薩と一光三尊如来です。
隣に「月島温泉」の看板があります。
月島観音堂(月島開運観世音)

「御朱印はしばらくお休みさせていただきます」との張り紙がありました。残念ですが、ご縁がないものは仕方ないですね。

都営大江戸線で代々木駅に向かいます。
北参道を歩き、明治神宮へ参拝しました。

 

[スポンサードリンク]

明治神宮

御祭神は明治天皇、昭憲皇太后です。
とにかく広くて、鳥居をくぐってから拝殿までが遠かったです。
東京のど真ん中だというのに、緑豊かで驚きました。
若い頃、年越しカウントダウンの帰りに初詣に訪れたことがあるのですが、薄暗かったせいかあまりよく周りを見ていませんでした。(その時も、幼馴染と一緒でした。2人とも若かったなぁ…)
明治神宮

参拝客で混雑していて、御朱印受付にも長い列ができてましたが、御朱印を書いてくださる人数が多かったので、さほど待ちませんでした。

↓御朱印です。ポストカード付きで、500円です。
明治神宮の御朱印

幼馴染みと別れて、歌舞伎座に向かいます。
ホテルにチェックインして荷物を置いていくつもりだったのですが、思ったより時間が押してしまったので、そのまま歌舞伎座に行きました。(荷物はコインロッカーに預けました。)

↓以前の東京の神社仏閣巡りの記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]

【2017年12月】赤坂周辺で神社仏閣巡り(御朱印紹介)【東京一泊旅行②】

ビジネスホテルで一泊して、東京に住んでいる幼馴染と神社仏閣巡りをしました。
着物で長距離を歩くのはつらいので、洋服です。着物はスーツケースに入れて、宅急便で送りました。

↓朝食にホテルでカレーを食べました。
カレー

地下鉄銀座線の赤坂見附駅で友達と待ち合わせ、日枝神社に向かいます。
途中、道が分からなくて、警備員さんらしき方に尋ねたら、「もう一つ向こうの信号を曲がるとエスカレーターがありますよ」と親切に教えていただきました。
途中に大きな鳥居がありましたが、教えられたとおりに道を進んで、これまた大きな鳥居の脇にあるエスカレーターを上がりました。

日枝神社

お日柄が良かったのか、七五三、お宮参り、結婚式で賑わってました。
御朱印の受付で数人並んでいたので、御朱印帳を預けてからお参りしました。
江戸三大祭の一つ、山王祭が行われるだけあって、立派な神社でした。
境内には狛犬ではなく、夫婦一対の神猿像があります。
宝物殿は無料で入館することができ、国宝の日本刀などを見ることができます。
日枝神社

↓御朱印です。二葉葵の印が可愛いです。オリジナルの御朱印帳もありました。
日枝神社の御朱印

↓参拝記念のストラップとクリスマス仕様のしおりをいただきました。
日枝神社のストラップ

豊川稲荷東京別院

愛知にある豊川稲荷(妙厳寺)の唯一の直轄別院です。
境内には所狭しとお堂や仏様が祀られていました。ここだけで七福神めぐりができます。
もちろん?霊狐塚もありましたよ。
都会の中とは思えない不思議な空間でした。熱心にお参りしている方も少なくなかったです。
豊川稲荷東京別院

受付で御朱印帳を渡したら「10分後に来てください」と言われました。
先に御朱印帳を預けてからお参りするのがよいかもしれません。

↓御朱印です。オリジナルの御朱印帳もありました。
豊川稲荷東京別院の御朱印

 

[スポンサードリンク]

「龍之紅河」で昼食

赤坂不動尊を探して歩いていたら、なぜか赤坂駅の近くに出てしまいました。
ちょうどお昼時だったので、赤坂Bizタワーにある「龍之紅河」で昼食にしました。

↓フカヒレ麺と点心セットを頼みました。美味しかったです。
「龍之紅河」で昼食

お腹も膨れたことだし、再度赤坂不動尊を目指して歩きます。

赤坂不動尊 (威徳寺)

江戸時代は紀州徳川家の祈願寺だったそうです。
近代的なビルの中にお寺があって(というより、ビルそのものがお寺?)びっくりしました。ビルの入り口の前に、お大師様やお不動様の像があります。
ビルに入ってすぐのところに本堂があります。
2階に上がって受付で御朱印をいただいたのですが、ホテルのロビーのようでした。
赤坂不動尊 (威徳寺)

↓御朱印です。
赤坂不動尊 (威徳寺)ン御朱印

↓お菓子をいただきました。
お菓子

地下鉄に乗って東京駅に向かい、友達と別れて帰路につきました。

↓以前の東京の神社仏閣巡りの記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

[スポンサードリンク]