【2012年9月】2日目の続き:マラケシュのジャマ・エル・フナ広場【モロッコツアー③】

マラケシュ

すっかり日は落ちてしまいましたが、バスを降りて観光です。

ジャマ・エル・フナ広場

夜なのにスゴイ人込みでした。
屋台がたくさん出ていて、大道芸の人もいました。
この日が特別なのではなく、毎日こんな感じなのだそうです。
お肉を焼く煙が漂ってきて、煙たかったです。行列のできる人気の屋台もありましたが、買い物をする時間がなくて残念でした。モロッカンスイーツが美味しそうだったなぁ。

↓夜のフナ広場です。
ジャマ・エル・フナ広場

風車持ってるのが添乗員さんです。
小さな女の子が寄って来て、この風車を欲しがっていました。(ツアー中の目印なので、あげられませんでしたけど。)

広場を歩いていると、やたらと日本語で話しかけられます。
「コンニチワ!」「タカダノババ!」「オダユージ!」
誰がこんな単語を教えたんでしょう…?
思わず、「ナンデヤネーン!」って突っ込みを入れたくなりましたが、自重しました。

マラケシュのホテル

ホテルは、アミン マラケシュです。
ちょっと不思議な造りのホテルで、方向音痴の私は迷いそうになりました。

夕食はホテルのバイキング

正直、美味しくなかったです…
ロゼワインを頼んだら、ハーフボトルで出てきて驚きました。(確かに、グラスで70DHは高いと思ったのですが…)
全部飲んだか、部屋に持ち帰ったか記憶にないです。
夕食はホテルのバイキング

モロッコでは、至る所に猫がいて(砂漠、山は除きます)、ホテル内のレストランにも入ってきます。(日本なら衛生的な問題で追い出されると思います。)
猫は観光客にはえさをねだりに近寄ってきますが、ホテルマンが来るとさっと身を隠します。賢いなぁ。
ラバ、ロバ、ラクダは人や荷物を運んでいるし、犬は羊のガードをしているけど、猫は働かずにごろごろしているだけです。もしかしたら、モロッコでは猫が一番幸せな生き物なのかもしれません。
モロッコの猫

 

[スポンサードリンク]

 

夕食の間に部屋を準備してくれていたので、スムーズにチェックインできました。
↓ホテルのお部屋です。
マラケシュのホテル

鍵はシリンダー式+オートロックです。
このホテルに限らず、タオルと石鹸、よくてシャンプーくらいしか置いていませんでした。ドライヤーは置いてあるホテルと置いてないホテルがありました。(高いホテルに泊まるツアーなら違うのかもしれませんが…)

まずは、部屋で洗濯です。ツアー参加者の中には、なかなか捨てられない服を持ってきて、旅行先で毎日捨てていくという人もいましたが、私にはそこまでできません。
お湯がなくなると、たまるまでに時間がかかるとのことで、シャワーは早めに済ますようにと言われました。

時差のせいか、0:00頃に寝たのに、3:30頃に目が覚めました。
外から音楽のようなものが聞こえてきましたが、コーランだったのでしょうか…?

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA