【2013年10月】4日目:フォートナム&メイソンでアフタヌーン・ティー【ロンドンフリースティ④】

この日の朝食は写真に撮ってなかったです。(毎朝変わり映えしないですしね。)

ピカデリーサーカスのエロス像の前で友達と待ち合わせました。
↓エロス像です。珍しく?青空ですね。
ピカデリーサーカスのエロス像

↓ショーケースに美味しそうなお菓子が並んでました。
ショーケースのお菓子

↓奇妙な日本語の書かれたフラッグ。
奇妙な日本語の書かれたフラッグ

フォートナム&メイソンでアフタヌーン・ティー

友達が予約を取ってくれたので、2人でアフタヌーン・ティーを楽しんできました。
フォートナム&メイソン

落ち着いた雰囲気でゆったりと食事ができます。
店員さんがしきりにおかわりを勧めてくれます。美味しくておかわりしたい気持ちはあるのですが、お腹いっぱいです。
フォートナム&メイソンでアフタヌーン・ティー

スコーンも紅茶もチョコレートケーキも美味しかったです。
たくさん食べてお喋りして、満足でした。
フォートナム&メイソンでアフタヌーン・ティー

いいお値段だったと思いますが、お会計は友達がしてくれました。
一緒にロンドンに遊びにきていた旦那さんとお子さんにも挨拶して、友達と別れました。

友達と別れた後はお買い物です。
ストロベリー味の紅茶(3.75ポンド)とクランベリー味の紅茶(3.75ユーロ)を購入しました。
そして、15年前にも買ったマジパンのお菓子(小さい箱が9.5ポンド、大きい箱が20ポンド)を買いました。

私はこれが好きなんです。見た目も可愛くて、癖になる味です。
会社のお土産にもしましたが、どうも餡子の味を想像するらしく、食べた人は微妙な表情をしてました。

歩いてトラファルガー広場に向かいます。

トラファルガー広場(トラファルガー・スクエアー)

広場には謎の青いニワトリの像がありました。ナニコレ? すごくミスマッチ。
どうやら、期間限定の展示物(ドイツ人アーティストのカタリーナ・フリッチュ氏による彫刻作品「Hahn/Cock」)だったようです。
トラファルガー広場(トラファルガー・スクエアー)

 

[スポンサードリンク]

ナショナル・ギャラリー

13世紀半ばから1900年までの2,300点を超える絵画を所蔵している美術館です。入館は無料です。
有名な絵はたくさんありますが、何を見ようとかあまり考えずにふらふらと歩いて回りました。(入館無料だからこそ、こんな贅沢な見方ができます。)
ナショナル・ギャラリー

ナショナル・ポートレート・ギャラリー

ナショナル・ギャラリーの別館で、名前の通りポートレイト専門の美術館です。こちらもの入館無料です。
歴史上の人物から現代の王族のポートレートまで幅広く展示されています。
以前訪れたときにダイアナ妃の肖像画と写真のポストカードを買いました。今回はウィリアム王子とヘンリー王子の2ショットの肖像画のポストカードを買いました。

夕食

この日の夕食もスーパーで買いました。
この日は日曜日だったからか、お総菜コーナーが閉まってました。(別のところに買いに行かないあたりがものぐさですね。)
夕食

※ブログ内の物価は当時のものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください