【2019年11月】京都山科で神社仏閣巡り(御朱印紹介)【日帰り京都②】

お腹が空いていたので、山科駅に着いたら早速ランチです。

「ゆる音家」でランチ

Nさんに美味しそうなお店を探してもらいました。
抹茶のチーズケーキが美味しかったです。

「ゆる音家」でランチ

徳林庵(山科地蔵)

旧東海道(三条通)沿いにあるお寺です。
ここに祀られている山科地蔵は、小野篁公により852年に作られた六体の地蔵尊像のうちの一体だそうです。
人気はありませんでしたが、書置きの御朱印が箱に入れて置いてありました。
そこから1枚いただいて、お賽銭箱に代金をおさめました。

徳林庵(山科地蔵)

↓御朱印です。

諸羽神社

通称は「四の宮」で、天児屋命と天太玉命など六柱の御祭神を祀っています。
清和天皇の御代に社殿が建てられたそうですが、応仁の乱で焼失し、何度か火災に遭ってます。
静かで落ち着いた雰囲気の神社でした。

諸羽神社

↓御朱印です。
諸羽神社の御朱印

この後、いくつかお寺を回りましたが、どこも無人でした。

 

[スポンサードリンク]

毘沙門堂

天台宗五箇室門跡のひとつで、その名の通り御本尊は毘沙門天です。
後西天皇の皇子の公弁法親王が授戒、隠棲して、門跡寺院となり「毘沙門堂門跡」と呼ばれるようにました。
神仏習合のお寺です。

毘沙門堂

御朱印帳を受付に預けてから、本堂などを拝観しました。
お坊さんが詳しく説明をしてくださるので、絵の見え方などがわかりやすかったです。
紅葉には少し早かったようで、もう少し後に訪れたら、真っ赤な紅葉が見られたはずです。

毘沙門堂

↓御朱印です。
毘沙門堂の御朱印

↓天皇陛下御即位記念の限定御朱印です。
毘沙門堂の御朱印

限定の御朱印は他にもあって迷いましたが、こちらをいただきました。

双林院(山科聖天)

毘沙門堂の塔頭で、御本尊は大聖歓喜天です。
こちらも神仏習合のお寺です。
「お滝不動」では、滝の横の小さな石造りのお不動様をお詣りできます。
こじんまりとしていますが、雰囲気のある素敵なお寺でした。

双林院(山科聖天)

↓御朱印です。
双林院(山科聖天)の御朱印

お下がりのお菓子をいただきました。

 

[スポンサードリンク]

「京都 船越」で一休み

だいぶ歩いたので、カフェに入って休憩します。
コーヒーが美味しいお店らしいのですが、甘いものが食べたくて、プリンパフェを注文しました。

「京都 船越」のプリンパフェ

プリンはどこか懐かしい味で、美味しかったです。
せっかくだから、コーヒーも頼めばよかったかなぁ。

久しぶりに神社仏閣巡りでたくさん歩きました。
もみじ祭りが翌日だったり、特別公開が翌週からだったり、紅葉に少し早かったりしましたが、人が少ない中でゆっくり拝観できたので、よかったと思うことにします。

↓以前、京都で神社仏閣巡りをした時の記事はこちらです。↓

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください