【追記】NISA口座(非課税口座)と個人型確定拠出年金(iDeCo)の資料請求【投資日記】

数年ぶりに買った株は、上がったり下がったりしながら、含み益が少しだけ出ています。
配当金の季節になると、「税金が高い!」と感じます。
「そういえば、NISAなるものがあったっけ…」と思い出し、今更ながら申し込むことにしました。
また、「最近、雑誌でiDeCoっていうのをよく見かけるなぁ…」と思ったので、こちらも資料を取り寄せました。

NISA口座(非課税口座)

NISAの非課税期間が最長5年間、投資可能期間が2014年~2023年ということなので、さすがに遅すぎる感がありますね。
非課税投資枠は1年間に120万円ですが、流石にそんなには投資に回せません。
それでも「やらないよりはやった方がいいのかな」と思って、証券会社(岩井コスモ証券)から資料を取り寄せました。ネットから申し込めるかと思ったら、平日にフリーダイヤルに電話しての資料請求でした。

資料請求後、2日ほどで書類が届きました。
すでに口座開設済みで、マイナンバー登録もしているせいか、思ったより簡単に手続きできました。
書類に数カ所記入して、本人確認書類(免許証のコピー)を同封して返送するだけです。
NISA口座開設までは時間がかかりそうなので、どんな株を買おうかとYahoo!ファイナンスを眺めています。

 

[スポンサードリンク]

個人型確定拠出年金(iDeCo)

「節税をするならiDeCoがよい」という雑誌記事をよく目にするのですが、取り扱っている商品が主に投資信託ということで、様子見していました。(私の場合、投資のプロとはいえ他人に資産をお任せする投資信託より、自己責任で運用する株式の方が性に合っています。)

ふと「おそらく私はこの先ずっと“おひとりさま”だろうから、主婦と違って税金の控除もほとんどないし、思い切って始めてみようかな」と思い、NISAの資料を取り寄せるのと一緒に、iDeCoの資料も取り寄せました。
ずいぶん昔(10年くらい前?)に開設して放置したままになっているSBI証券の口座があることを思い出し、ネットから資料請求しました。(たまたまですが、iDeCoの関連記事を読むと、SBI証券がオススメされていることが多かったのも申し込んだ理由の1つです。)

こちらは1週間ほどで申し込み用の書類が送られてきました。
届いた書類をぱらぱらとめくっただけで、「面倒臭い!」と気分が覚めます。
しかも、勤めている会社に書類の記入をお願いしなくてはいけないので、気後れします。
事前にこんなにハードルが高いとわかっていたら、申込書を取り寄せる人は減るんじゃないでしょうか。
こういうときにマイナンバーを活用して手続きを簡略化するのだとばかり思っていたのですが…

結局、「節税効果はあるけど、毎月手数料がかかるのに利益が出せるかなぁ…?」と思って保留してます。
SBI証券の手数料は安いので、「こちらで(iDeCoではなく)NISA口座を開設すればよかったかも…」と思いましたが、株式の口座は1つにしておきたかったのです。
もうしばらく考えてみようと思います。

 

[スポンサードリンク]

 

【追記】
いろいろ考えた末、申し込むことにして、会社に申請書を書いてもらいました。
それについては、別で記事にします。

↓株式についての体験記はこちらです。↓

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

Pocket

[スポンサードリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください